アストンマーティンDB11 AMR(前編)

2019.09.05 谷口信輝の新車試乗 モータースポーツのイメージをまとうアストンマーティンのスポーツカー「DB11 AMR」に、レーシングドライバー谷口信輝は何を思う? まずは、そのボディーワークをチェックした。

サーキット由来のスペシャルモデル

アストンマーティンDB11 AMRは、「V8クーペ」やコンバーチブルモデルの「ヴォランテ」などが用意される“DB11ファミリー”のなかにあって、ひときわ特別な一台である。

まずはアストンマーティンが自らデザインした5.2リッターV12ツインターボエンジンを採用するとともに、最高出力をそれまでより31PS高めて639PSもの大パワーを発生。さらに、よりスポーティーに強化した足まわりを組み合わせたうえで、ダイナミックな印象の内外装デザインを与えたのがDB11 AMRである。これに伴い、V12エンジンを搭載したスタンダードな「DB11」はカタログから落ち、DB11ファミリーはDB11 AMR、DB11 V8クーペ、DB11ヴォランテの3モデルに集約された。

ちなみに、AMRはアストンマーティン・レーシングの頭文字。これは同社のレース部門に付けられた名称であると同時に、特別に仕立てられたロードゴーイングカーのグレード名としても用いられている。アストンマーティンはニュルブルクリンクのすぐ近くにAMRパフォーマンスセンターという名のワークショップ兼ショールームを構えており、ここをベースにしてロードカーの開発やニュル24時間への参戦を行っている。ニュル24時間を戦ったことのある谷口信輝も、AMRの文字を見ただけで「お、これはアストンマーティン・レーシングのロゴですね?」と直ちに言い当てたほど、その世界では有名なブランドなのである。

その谷口に、まずはDB11 AMRのエクステリアデザインについて語ってもらった。
「スタイリッシュなシルエットですよね。ボディーが薄くてスリムで。ただね、ボディーカラーがどうだろう……。僕は、少しキラキラと輝くスパークリングシルバーみたいな色のほうが、クルマが持つ色気がより際立ってかっこいいような気がします」

これに続いて、谷口がこんなことを言い出した。
「僕だったら、このクルマをもっと格好よくできる自信があるなあ」

 
アストンマーティンDB11 AMR(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDB11 AMR(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDB11 AMR(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDB11 AMR(前編)の画像拡大

【アストンマーティンDB11 AMRのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4750×1950×1290mm/ホイールベース:2805mm/車重:1765kg/駆動方式:FR/エンジン:5.2リッターV12 DOHC 48バルブ ツインターボ/ トランスミッション:8段AT/最高出力:639PS(447kW)/6500rpm/最大トルク:700N・m(71.4kgf・m)/1500rpm/タイヤ:(前)255/40ZR20 101Y/(後)295/35ZR20 105Y(ブリヂストン・ポテンザS007)/ 燃費:11.4リッター/100km(約8.7km/リッター、NEDC複合サイクル)/ 価格:2718万3000円


【取材時の燃費データ】
テスト距離: 221.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:38.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.8km/リッター(満タン法)/6.1km/リッター(車載燃費計計測値)


	【アストンマーティンDB11 AMRのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4750×1950×1290mm/ホイールベース:2805mm/車重:1765kg/駆動方式:FR/エンジン:5.2リッターV12 DOHC 48バルブ ツインターボ/ トランスミッション:8段AT/最高出力:639PS(447kW)/6500rpm/最大トルク:700N・m(71.4kgf・m)/1500rpm/タイヤ:(前)255/40ZR20 101Y/(後)295/35ZR20 105Y(ブリヂストン・ポテンザS007)/ 燃費:11.4リッター/100km(約8.7km/リッター、NEDC複合サイクル)/ 価格:2718万3000円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 221.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:38.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.8km/リッター(満タン法)/6.1km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
DB11, アストンマーティン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
ホームへ戻る