アストンマーティンDB11 AMR(後編)

2019.09.12 谷口信輝の新車試乗 今回ワインディングロードに連れ出したのは、アストンマーティンの高性能スポーツカー「DB11 AMR」。ステアリングを握った谷口信輝は、その走りに気になるところがあるというのだが……?

プロの“本気”に応えられるか

V12エンジンを積んだアストンマーティンDB11のハイパフォーマンスバージョンであるDB11 AMR。その639PSにもなるパワーを、いつものワインディングロードで谷口信輝に解き放ってもらった。
「いやあ、さすがにすごいパワーですね」

試乗を終えた谷口は目をキラキラと輝かせながらそう語った。
「12気筒のフィーリングもいいです。本当にぜいたくなエンジンという気がします。ただ……」

おお、これは雲行きが怪しい。なにが谷口の好みに合わなかったのだろうか?
「コーナーの出口で加速しようとしてスロットルペダルを踏み始めると、トラクションコントロールが介入してエンジンパワーを思いっきり引き出すことができないんですよ」

それは、とにもかくにもアストンマーティン自製のV12エンジンがパワフルなことの証明ではないのか?
「いや、たしかにエンジンはものすごくパワフルなんですが、それを受け止める足まわりのほうがちょっと頼りないというか、物足りない感じがしちゃうんです」

ほほー、それはどういうことか?
「リアのスタビリティーがちょっと不足気味なんです。おかげで、コーナーのなかほどでは問題ないんですが、入り口ではグリップを探りながら進入していく感じになるし、出口でスロットルペダルを踏み込むと、内輪の接地性が薄れてホイールスピンが起きそうになる。だからトラクションコントロールが効いてパワーが絞られちゃうんです。本当だったらコーナー出口では力強く加速していきたいので、これだとちょっと物足りないというか、ストレスがたまっちゃいますよね」

なるほど、谷口ほどの腕利きがワインディングロードで本気で走らせようとすると、足まわりが639PSの大パワーに負けてポテンシャルをフルに引き出せないということのようである。
「まあ、そういうことですね。エンジンがパワフルなだけに、この点はちょっと残念です」

 
アストンマーティンDB11 AMR(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDB11 AMR(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDB11 AMR(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDB11 AMR(後編)の画像拡大

【アストンマーティンDB11 AMRのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4750×1950×1290mm/ホイールベース:2805mm/車重:1765kg/駆動方式:FR/エンジン:5.2リッターV12 DOHC 48バルブ ツインターボ/ トランスミッション:8段AT/最高出力:639PS(447kW)/6500rpm/最大トルク:700N・m(71.4kgf・m)/1500rpm/タイヤ:(前)255/40ZR20 101Y/(後)295/35ZR20 105Y(ブリヂストン・ポテンザS007)/ 燃費:11.4リッター/100km(約8.7km/リッター、NEDC複合サイクル)/ 価格:2718万3000円


【取材時の燃費データ】
テスト距離: 221.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:38.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.8km/リッター(満タン法)/6.1km/リッター(車載燃費計計測値) 


	【アストンマーティンDB11 AMRのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4750×1950×1290mm/ホイールベース:2805mm/車重:1765kg/駆動方式:FR/エンジン:5.2リッターV12 DOHC 48バルブ ツインターボ/ トランスミッション:8段AT/最高出力:639PS(447kW)/6500rpm/最大トルク:700N・m(71.4kgf・m)/1500rpm/タイヤ:(前)255/40ZR20 101Y/(後)295/35ZR20 105Y(ブリヂストン・ポテンザS007)/ 燃費:11.4リッター/100km(約8.7km/リッター、NEDC複合サイクル)/ 価格:2718万3000円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 221.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:38.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.8km/リッター(満タン法)/6.1km/リッター(車載燃費計計測値) 
	拡大

関連キーワード:
DB11, アストンマーティン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
ホームへ戻る