アストンマーティンDB11 AMR(後編)

2019.09.12 谷口信輝の新車試乗 今回ワインディングロードに連れ出したのは、アストンマーティンの高性能スポーツカー「DB11 AMR」。ステアリングを握った谷口信輝は、その走りに気になるところがあるというのだが……?

プロの“本気”に応えられるか

V12エンジンを積んだアストンマーティンDB11のハイパフォーマンスバージョンであるDB11 AMR。その639PSにもなるパワーを、いつものワインディングロードで谷口信輝に解き放ってもらった。
「いやあ、さすがにすごいパワーですね」

試乗を終えた谷口は目をキラキラと輝かせながらそう語った。
「12気筒のフィーリングもいいです。本当にぜいたくなエンジンという気がします。ただ……」

おお、これは雲行きが怪しい。なにが谷口の好みに合わなかったのだろうか?
「コーナーの出口で加速しようとしてスロットルペダルを踏み始めると、トラクションコントロールが介入してエンジンパワーを思いっきり引き出すことができないんですよ」

それは、とにもかくにもアストンマーティン自製のV12エンジンがパワフルなことの証明ではないのか?
「いや、たしかにエンジンはものすごくパワフルなんですが、それを受け止める足まわりのほうがちょっと頼りないというか、物足りない感じがしちゃうんです」

ほほー、それはどういうことか?
「リアのスタビリティーがちょっと不足気味なんです。おかげで、コーナーのなかほどでは問題ないんですが、入り口ではグリップを探りながら進入していく感じになるし、出口でスロットルペダルを踏み込むと、内輪の接地性が薄れてホイールスピンが起きそうになる。だからトラクションコントロールが効いてパワーが絞られちゃうんです。本当だったらコーナー出口では力強く加速していきたいので、これだとちょっと物足りないというか、ストレスがたまっちゃいますよね」

なるほど、谷口ほどの腕利きがワインディングロードで本気で走らせようとすると、足まわりが639PSの大パワーに負けてポテンシャルをフルに引き出せないということのようである。
「まあ、そういうことですね。エンジンがパワフルなだけに、この点はちょっと残念です」

 
アストンマーティンDB11 AMR(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDB11 AMR(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDB11 AMR(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDB11 AMR(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
ホームへ戻る