第623回:鬼才デザイナー、ルイジ・コラーニ逝く
大矢アキオ、氏の手がけた製品の愛憎半ばする使用感を語る

2019.09.27 マッキナ あらモーダ!

「バイオデザイン」の開祖

工業デザイナーのルイジ・コラーニ氏が2019年9月16日、ドイツのカールスルーエで死去した。91歳だった。

ルイジ(本名:ルッツ)・コラーニ氏は1928年ベルリンに生まれた。子ども時代に玩具(がんぐ)製作に親しんだことからデザインに関心を抱いた。ベルリン美術アカデミーとパリ大学で学んだあと、1953年に米国のダグラス社で航空用新素材の研究者の職に就いた。

1年後、ヨーロッパに戻り活動を開始。高級コーチワーカー、エルトマン&ロッシとの自動車計画や、自身の名前を冠した車両改造キットなどを手がけた。

1972年からはドイツ中部ハーコッテン城を拠点とし、「バイオデザイン」と名付けた有機的な形状の輸送機器やプロダクトデザインを多数提案した。うつぶせになって観劇するシアターなど、建築に関する数々のアイデアも提示した。

1991年には「フェラーリ・テスタロッサ」をベースにした、「テスタドーロ(金のヘッド)」と名付けたワンオフスーパースポーツを発表。翌1992年にソルトレイクシティーで「ブガッティEB110」よりも速い最高速351km/hを記録した。

2018年「エッセン・テヒノクラシカ」に出展された、ルイジ・コラーニ氏作の1961年「コラーニGT」。キットとして販売された。
2018年「エッセン・テヒノクラシカ」に出展された、ルイジ・コラーニ氏作の1961年「コラーニGT」。キットとして販売された。拡大
「コラーニGT」は「フォルクスワーゲン・タイプI(ビートル)」をベースとする。コラーニ氏の活動歴では初期の作品だが、彼のアイコンである有機的な曲線の萌芽(ほうが)が見られる。
「コラーニGT」は「フォルクスワーゲン・タイプI(ビートル)」をベースとする。コラーニ氏の活動歴では初期の作品だが、彼のアイコンである有機的な曲線の萌芽(ほうが)が見られる。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事