GMが新型「コルベット」のオープンモデルを発表 レースカーの「C8.R」も同時に公開

2019.10.08 自動車ニュース
新型シボレー・コルベット スティングレイ コンバーチブル
新型シボレー・コルベット スティングレイ コンバーチブル拡大

米ゼネラルモーターズは2019年10月2日(現地時間)、米フロリダ州ケネディ宇宙センターにおいて、新型「シボレー・コルベット スティングレイ コンバーチブル」を発表するとともに、レーシングカー「コルベットC8.R」をサプライズ公開した。

ケネディ宇宙センターでの発表会の様子。
ケネディ宇宙センターでの発表会の様子。拡大
 
GMが新型「コルベット」のオープンモデルを発表 レースカーの「C8.R」も同時に公開の画像拡大
 
GMが新型「コルベット」のオープンモデルを発表 レースカーの「C8.R」も同時に公開の画像拡大
 
GMが新型「コルベット」のオープンモデルを発表 レースカーの「C8.R」も同時に公開の画像拡大
 
GMが新型「コルベット」のオープンモデルを発表 レースカーの「C8.R」も同時に公開の画像拡大
 
GMが新型「コルベット」のオープンモデルを発表 レースカーの「C8.R」も同時に公開の画像拡大
サプライズで発表された「コルベットC8.R」。
サプライズで発表された「コルベットC8.R」。拡大
「コルベットC8.R」とレーシングドライバーのトミー・ミルナー選手。
「コルベットC8.R」とレーシングドライバーのトミー・ミルナー選手。拡大
「コルベットC8.R」は2020年1月のデイトナ24時間レースでデビューする予定だ。
「コルベットC8.R」は2020年1月のデイトナ24時間レースでデビューする予定だ。拡大

クーペと同等のパフォーマンスを追求

今回発表された新型コルベット スティングレイ コンバーチブルは、2019年7月に発表された8代目シボレー・コルベット スティングレイのオープントップモデルであり、コルベット史上初のミドシップの駆動レイアウトに加え、こちらもコルベット史上初となる、電動ハードトップが大きな特徴となっている。

デザインはクーペ同様ジェット戦闘機をモチーフとしたもので、ルーフを格納するトノカバーには、ジェットエンジンを収めるハウジングをモチーフにしたというナセルを採用。キャビンに巻き込む風の影響を低減するとともに、ルーフを開けた状態でも閉めた状態でも、クーペに非常に近いシルエットを実現している。またキャビン後方には、エンジン冷却用のベンチレーションに加え、電動開閉式のリアウィンドウを装備。キャビンに流れる空気の量を調整したり、クローズ時でもエキゾーストサウンドを積極的に楽しんだりできる。

シート成形による複合材製のルーフは、6つのモーターで作動する2分割構造となっており、車速が30mph(約48km/h)以下であれば走行中でも操作が可能。格納に要する時間はわずか16秒とアナウンスされている。ルーフやナセルの色はボディー同色が標準だが、オプションで「カーボンフラッシュ メタリック」も選択可能。車体後方のトランクルームには、ルーフを開けた状態でも2セット分のゴルフクラブを積めるスペースを確保している。また、ルーフはオープン時には軽量複合材製パネルとヒートシールドで構成された収納スペースに格納され、エンジンの熱から保護されるという。

動力性能についても、クーペとほぼ同等のパフォーマンスを実現すべく、専用にチューニングしたスプリングおよびダンパーを採用してシャシーをセットアップ。ルーフシステムにクーペの「Z51パフォーマンスパッケージ」と同じリアスポイラーを組み合わせることで、空気抵抗もクーペと同等に抑えているという。

パワートレインはクーペと共通で、最高出力495hp、最大トルク637N・mを発生する6.2リッタースモールブロックV8「LT2」に、デュアルクラッチ式8段ATの組み合わせ。左右のシフトパドルを同時に保持するとクラッチの接続が解除される、ダブルパドルクラッチ解除機能も装備されている。

輝かしい戦歴を受け継ぐコルベットの新型レースカー

同時にお披露目されたコルベットC8.Rは、クーペのシボレー・コルベット スティングレイをベースにしたGTLMクラスのレーシングカーである。

1999年にGMがワークスでのレース活動を解禁し、「コルベットC5-R」がデビューして以降、コルベットレーシングは北米におけるアメリカン・ルマン・シリーズなどのレースで累計107勝を挙げ、チームチャンピオンシップを13回、ドライバーズタイトルおよびマニュファクチャラーズタイトルを12回獲得している。またルマン24時間レースなど海外のレースでも活躍しており、2015年には15年ぶりに耐久レースの“トリプルクラウン”(ロレックス・デイトナ24時間、セブリング12時間、ルマン24時間でそれぞれ優勝)を達成した。

今回発表された新型のレースカーC8.Rは、2020年1月に米フロリダ州デイトナで開催される、ロレックス・デイトナ24時間で実戦デビューする予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の導入を発表 価格は1550万円 2020.8.27 自動車ニュース GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の日本導入を発表した。コルベット初のリトラクタブルハードトップを採用したオープントップモデルで、ルーフの開閉に要する時間は16秒。車速が48km/hまでであれば走行中でも操作が可能となっている。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • マセラティが新型スーパースポーツカー「MC20」を世界初公開 2020.9.10 自動車ニュース 伊マセラティは2020年9月9日(現地時間)、新型のハイパースポーツカー「MC20」を世界初公開した。同ブランドの新時代到来を告げるモデルとうたわれており、自社開発の3リッターV6ツインターボエンジンをリアミドに搭載している。
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
ホームへ戻る