ランボルギーニ・ウルス(前編)

2019.10.17 谷口信輝の新車試乗 これまでSUVで経験したことのない走りに、プロのレーシングドライバーも感心。「ランボルギーニ・ウルス」をワインディングロードで走らせた谷口信輝は、そのパフォーマンスに何を感じたのか?

“スーパーSUV”はダテじゃない!

「ウルスはランボルギーニ初のSUVである」と言えば“猛牛ファン”からお叱りを受けるかもしれない。実際には、1986年のブリュッセルモーターショーでデビューした「LM002」がランボルギーニにとって初のSUVであるからだ。

ランボルギーニは1970年後半から高性能オフロード4WDモデルの開発に着手。もともとこれは軍事用を想定したもので“チータ”と呼ばれていた。一時は中断していたこのプロジェクトを復活させたのはエンジニアのジュリオ・アルフィエーリ。彼はエンジンをミドシップした「LM001」を1981年に発表するが、好ましい操縦性を実現できなかったこともあってフロントエンジンに改めた「LMAプロトタイプ」を開発。これを量産化したのがLM002で、エンジンは「カウンタック クワトロバルボーレ」用の5.2リッターV12を最高出力450PS/6800rpmとややデチューンして搭載していた。

それからおよそ30年後の2017年に誕生したのがウルスで、ランボルギーニはこれを「世界初のスーパーSUV」と称している。つまり、並のSUVとは別格と訴えているわけだ。事実、4リッターV8ツインターボエンジンから650PSを絞り出し、305km/hの最高速度と3.6秒という0-100km/h加速タイムを実現している。これはデビュー当時、いずれもSUVとして世界最速のパフォーマンス。その後、最高速は「ベントレー・ベンテイガ スピード」の306km/hに敗れたものの、0-100km/h加速タイムとそのスーパースポーツカー顔負けのハンドリングはいまも世界最高峰で、“スーパーSUV”の名がまさにふさわしい。

個人的にちょっと思い入れが強いモデルのため前置きが長くなってしまったが、ここからはいつものように箱根のワインディングロードで試乗した印象を谷口信輝に語ってもらおう。

 
ランボルギーニ・ウルス(前編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウルス(前編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウルス(前編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウルス(前編)の画像拡大

【ランボルギーニ・ウルスのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5112×2016×1638mm/ホイールベース:3003mm/車重:2360kg(車検証記載値)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:650PS(478kW)/6000rpm/最大トルク:850N・m(86.7kgf・m)/2250-4500rpm/タイヤ:(前)285/35ZR23 107Y/(後)325/30ZR23 109Y(ピレリPゼロ)/燃費:12.6リッター/100km(約7.9km/リッター 欧州複合サイクル)/価格:2917万7555円


	【ランボルギーニ・ウルスのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5112×2016×1638mm/ホイールベース:3003mm/車重:2360kg(車検証記載値)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:650PS(478kW)/6000rpm/最大トルク:850N・m(86.7kgf・m)/2250-4500rpm/タイヤ:(前)285/35ZR23 107Y/(後)325/30ZR23 109Y(ピレリPゼロ)/燃費:12.6リッター/100km(約7.9km/リッター 欧州複合サイクル)/価格:2917万7555円
	拡大

関連キーワード:
ウルス, ランボルギーニ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • 第126回:どんだけスマホを向けさせるか 2019.3.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第126回は「どんだけスマホを向けさせるか」。中国人観光客に大人気だという「ランボルギーニ・ウルス」、その真相を確かめようと銀座&浅草へ。乗る者をスター気分にさせるスーパーSUV、その注目度は?
  • 第1回:ランボルギーニ・カウンタックLP500S“ウルフ・カウンタック” 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーブームの主役は「カウンタック」。そのまた頂点に君臨したのが、当時「LP500S」と呼ばれたこの“ウルフ・カウンタック”である。現オーナーの元でオリジナル状態に戻された“赤いオオカミ”が、三十余年のときを超えて、いま再び咆哮する!
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
ホームへ戻る