ランボルギーニ・ウルス(後編)

2019.10.24 谷口信輝の新車試乗 超高性能SUVの「ランボルギーニ・ウルス」は、そのサイズやデザインも並じゃない。もしオーナーとして付き合うとしたら……? さまざまなSUVに接してきたレーシングドライバー谷口信輝はこう考える。

“ランボルギーニらしさ”がいい

並のSUVとはケタ違いのパフォーマンスに谷口信輝も舌を巻いたランボルギーニ・ウルス。後編では、まずは谷口に一度コックピットから降りたってもらってエクステリアデザインに関する印象を語ってもらうことにした。
「このウエッジシェイプがなんともランボルギーニらしいですよね。なんかボンネットもカクカクしているし、ボンネットを開くとなんかかっこいいエンジンカバーが現れるし。それにしても、エンジンはまったく見えないですねえ(笑)」

それではこのデザイン、谷口は気に入ったのか、気に入らなかったのか?
「イヤじゃないですね。まあ、上品とはいえないかもしれませんが、ランボルギーニ感満載でいいんじゃないですか?」

全長5.1m、全幅2mのボディーサイズはどうだろう?
「やっぱり大きいは大きいですよね。でも、僕は『メルセデス・ベンツGLE』のオーナーでもあるので、大きなボディーは自分がどうにかして取り回せばいいという発想。ただし、さっきもUターンしようとしたら、意外と切り返さずに曲がり切れたので驚きました。4WSが効いているのかもしれませんね」

続いて、あらためてドライバーズシートに腰掛けてもらい、コックピットの印象を語ってもらった。
「ランボルギーニらしく、いろいろなところがメカメカしていますね。ドライブモードセレクターはまるでジェット機のスロットルレバーみたい。あと、エアコンとかのコントロールはこのセンターコンソール上のタッチディスプレイで行うんですね。僕は嫌いじゃないですよ、こういうの。iPhoneで慣れていますから(笑)」

 
ランボルギーニ・ウルス(後編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウルス(後編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウルス(後編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・ウルス(後編)の画像拡大

【ランボルギーニ・ウルスのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5112×2016×1638mm/ホイールベース:3003mm/車重:2360kg(車検証記載値)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:650PS(478kW)/6000rpm/最大トルク:850N・m(86.7kgf・m)/2250-4500rpm/タイヤ:(前)285/35ZR23 107Y/(後)325/30ZR23 109Y(ピレリPゼロ)/燃費:12.6リッター/100km(約7.9km/リッター 欧州複合サイクル)/価格:2917万7555円


	【ランボルギーニ・ウルスのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5112×2016×1638mm/ホイールベース:3003mm/車重:2360kg(車検証記載値)/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:650PS(478kW)/6000rpm/最大トルク:850N・m(86.7kgf・m)/2250-4500rpm/タイヤ:(前)285/35ZR23 107Y/(後)325/30ZR23 109Y(ピレリPゼロ)/燃費:12.6リッター/100km(約7.9km/リッター 欧州複合サイクル)/価格:2917万7555円
	拡大

関連キーワード:
ウルス, ランボルギーニ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • 第126回:どんだけスマホを向けさせるか 2019.3.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第126回は「どんだけスマホを向けさせるか」。中国人観光客に大人気だという「ランボルギーニ・ウルス」、その真相を確かめようと銀座&浅草へ。乗る者をスター気分にさせるスーパーSUV、その注目度は?
  • 第1回:ランボルギーニ・カウンタックLP500S“ウルフ・カウンタック” 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーブームの主役は「カウンタック」。そのまた頂点に君臨したのが、当時「LP500S」と呼ばれたこの“ウルフ・カウンタック”である。現オーナーの元でオリジナル状態に戻された“赤いオオカミ”が、三十余年のときを超えて、いま再び咆哮する!
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
ホームへ戻る