日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催

2019.10.18 自動車ニュース
新型プジョー208
新型プジョー208拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの体感イベント「プジョーショー2019 -UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」(会期:2019年10月19日~26日)の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。

e-208
e-208拡大
リフター デビューエディション
リフター デビューエディション拡大
プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長は、国内市場におけるプジョーブランドの好調ぶりを語った。
プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長は、国内市場におけるプジョーブランドの好調ぶりを語った。拡大
 
日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催の画像拡大

プジョーショー2019は、テクノロジーに支配されるのではなく、感動にあふれたクルマづくりを続けていくという思いを込めたプジョーの新たなブランドメッセージ「アンボーリング・ザ・フューチャー(=退屈な未来はいらない)」とともに、電動化を含めたプジョーの現在と未来を体験できるイベントだ。

会場には新型MPV「リフター」の特別仕様車「デビューエディション」とともに、2020年第3四半期に導入予定の新型「208」およびその電気自動車版である「e-208」が展示されている。いずれも日本ではここが初お披露目の舞台だ。このほか「508」「308SW」「3008」などの試乗体験もできる。

あいさつに立ったプジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長は「自動車業界はますます環境に対する配慮が求められるようになっているが、グループPSAでは『CMP』と『EMP2』という2つのプラットフォームで電動化に対応するだけでなく、ユーザーにパワートレインの選択肢も提供する」ことを説明。また、日本市場におけるプジョーの成長が右肩上がりであり、2015年に5800台ほどだった販売台数が、2019年は1万台を超える見通しであると胸を張った。

プジョーショー2019の開催概要は以下の通り。

  • 開催期間:2019年10月19日~26日 11時~20時(体験試乗は11時~18時)
  • 会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザおよびヒルズ カフェ/スペース

(webCG)

関連キーワード:
リフター, 208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型MPV「プジョー・リフター」の導入決定 まずは特別仕様車「デビューエディション」が先行上陸 2019.10.18 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの新型MPV「リフター」の本格導入に先駆け、特別仕様車「デビューエディション」を発売すると発表した。同年10月19日の9時からオンラインで予約注文を受け付ける。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • BMW X5 Mコンペティション/X6 Mコンペティション【海外試乗記】 2020.3.26 試乗記 フルモデルチェンジしたBMWのSUV「X5」「X6」に“M”印の高性能バージョンが登場。600PSオーバーのハイパワーエンジンを搭載する新型は、いわゆるスーパーカーとはまた違った新鮮な速さを味わわせてくれた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
ホームへ戻る