日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催

2019.10.18 自動車ニュース
新型プジョー208
新型プジョー208拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの体感イベント「プジョーショー2019 -UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」(会期:2019年10月19日~26日)の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。

e-208
e-208拡大
リフター デビューエディション
リフター デビューエディション拡大
プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長は、国内市場におけるプジョーブランドの好調ぶりを語った。
プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長は、国内市場におけるプジョーブランドの好調ぶりを語った。拡大
 
日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催の画像拡大

プジョーショー2019は、テクノロジーに支配されるのではなく、感動にあふれたクルマづくりを続けていくという思いを込めたプジョーの新たなブランドメッセージ「アンボーリング・ザ・フューチャー(=退屈な未来はいらない)」とともに、電動化を含めたプジョーの現在と未来を体験できるイベントだ。

会場には新型MPV「リフター」の特別仕様車「デビューエディション」とともに、2020年第3四半期に導入予定の新型「208」およびその電気自動車版である「e-208」が展示されている。いずれも日本ではここが初お披露目の舞台だ。このほか「508」「308SW」「3008」などの試乗体験もできる。

あいさつに立ったプジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長は「自動車業界はますます環境に対する配慮が求められるようになっているが、グループPSAでは『CMP』と『EMP2』という2つのプラットフォームで電動化に対応するだけでなく、ユーザーにパワートレインの選択肢も提供する」ことを説明。また、日本市場におけるプジョーの成長が右肩上がりであり、2015年に5800台ほどだった販売台数が、2019年は1万台を超える見通しであると胸を張った。

プジョーショー2019の開催概要は以下の通り。

  • 開催期間:2019年10月19日~26日 11時~20時(体験試乗は11時~18時)
  • 会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザおよびヒルズ カフェ/スペース

(webCG)

関連キーワード:
リフター, 208, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • ルノーが新型「カングー」「カングー バン」を発表 フロントマスクを一新 2020.11.16 自動車ニュース 仏ルノーは2020年11月12日(現地時間)、新型「カングー」および「カングー バン」を世界初公開した。フロントマスクが一新されており、力強い形状のヘッドランプとグリル、バンパーによって立体的で彫刻的なデザインになっている。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る