第30回:モーターショー委員長を緊急直撃!
なぜ東京モーターショー2019は猛烈バラエティー化したのか?

2019.10.22 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ

目指せ入場者数100万人!

いよいよ開幕する東京モーターショー2019。海外ブランドは5つしか出ないし、一部報道じゃ、モーターショーはオワコンだ! とか古くさい!! とか言われてますけどトンでもない。小沢に言わせりゃ今年の東モはハンパない。ある意味、日本が自動車産業だけじゃなくて全産業をかけて逆ギレ気味なまでの猛攻勢をかけてるんですわ。

その証拠が、ある意味一部の批判も辞さないコンテンツの猛烈バラエティー化!! 分かりやすいところでは、アンバサダーになぜかマツコ・デラックス、ドローンレースアンバサダーには日向坂46を起用。そのほか自動車版キッザニア、ガンダムの出し物、グルメキングダムと一見クルマとは無関係なメニューが続き、かつてはライバルとも目された東京オートサロンや、さらにスーパーカー協会とも初連携! まさになりふりかまわない人集めに出てるわけです。

大本はおそらく、モーターショーを主催する自工会会長で現トヨタ社長である豊田章男氏の「入場者数100万人!」の一声。前回の77万人のキープどころか、バブル期の再来すら狙ってるわけです。

ってなわけで、小沢は急きょモーターショー特別委員会の長田 准委員長(兼トヨタ自動車国内販売本部副本部長)を直撃。本音を伺ってみました。

小沢コージ(左)と、自動車工業会モーターショー特別委員会の長田 准委員長(右)。
小沢コージ(左)と、自動車工業会モーターショー特別委員会の長田 准委員長(右)。拡大
ドローンレースのアンバサダーを務めるアイドルグループの日向坂46。
ドローンレースのアンバサダーを務めるアイドルグループの日向坂46。拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事