東京モーターショー2019

マツダMX-30:写真では魅力を伝えきれない

2019.10.24 自動車ニュース
マツダMX-30
マツダMX-30拡大

長年にわたり自動車業界を見つめてきた、ベテランモータージャーナリストの山口京一。あらゆる意味で“異例尽くし”となった今回の東京モーターショーだが、氏の琴線に触れたのは、あくまでも正統な美をまとう「マツダMX-30」だった。

「マツダMX-30」のリアビュー。
「マツダMX-30」のリアビュー。拡大
トヨタが「歩行領域EV」と呼ぶ超小型電動モビリティー。中央が「座り乗り」と呼ばれる仕様だ。
トヨタが「歩行領域EV」と呼ぶ超小型電動モビリティー。中央が「座り乗り」と呼ばれる仕様だ。拡大
三菱マイテックコンセプト
三菱マイテックコンセプト拡大

余計なものを排除したからこそ宿る、本当の魅力

「OPEN FUTURE」(開けた未来)をテーマとする今回の東京モーターショーは、会場移動の足への負担も過去最大という“異例な回”となったが、私が推す注目のモデルはあくまで正統的。あるべき自動車の具現として「マツダMX-30」である。こけおどし、誇張、威圧感を見事に排除し、それにも勝る好感と存在感を実現している。静動画像では、このクルマの魅力をとらえられないのが残念。

“推しNo. 2”は、トヨタが出展した小型EVたち。「人」がテーマの主展示場の外、別会場で豊田章男社長が三輪スクーターで走られていたのに遭遇した。トヨタはショー会場のいたるところに小型EVを出展していたが、私が最も気に入ったのが「歩行領域EV」と呼ばれる3つの超小型EVの、中でも「座り乗り」と呼ばれる仕様。最も基本的な機能と形態でありながら、実に魅力的なデザインの電動車いすだ。

アーサー・ヘイリーの自動車小説の一句「醜いことは美しい」を想起させたのが「三菱マイテックコンセプト」。デザインは別次元。かつて東京ショーの三菱名物は、一連の空力コンセプトカーだった。あまりにワイルドなので、技術者に機能するかと問うたところ、「もちろん!」という誇り高き反応。これも伝統の秘密主義なのか、ガスタービン動力源については明かさず。気概を評価する。

(文=山口京一/写真=峰 昌宏、山口京一、webCG/編集=堀田剛資)

関連キーワード:
MX-30, マツダ, 東京モーターショー2019, モーターショー, トヨタ, 三菱, ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
  • レンジエクステンダーとしてのメリットはどこに? マツダのロータリーが待ち望まれる理由 2020.10.28 デイリーコラム マツダが電気自動車のレンジエクステンダーとしてのロータリーエンジン復活をアナウンスした。しかし、アクセル操作とは関係なく稼働する発電専用エンジンでは、ロータリーならではの回転感覚を味わえるわけではない。果たしてメリットはどこにあるのだろうか。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る