東京モーターショー2019

見どころいっぱい! 開放的な「OPEN ROAD」でエキサイティングなEV体験を【東京モーターショー2019】

2019.10.25 自動車ニュース

“未来のモビリティー”としてしばしば紹介されてきた、コンパクトな電動コミューター。今回の東京モーターショーでは、そんな新しい乗り物に触れ、試乗する場も設けられている。

新鮮味のある新エリア

有明と青海の2つの拠点をメイン会場とした今年の東京モーターショーで、新たな試みとして注目されているのが、2つの会場をつなぐ通路「OPEN ROAD(オープンロード)」です。およそ1.5km、徒歩実測値で20分ほどと散歩にもちょうど良い距離で、道路を見下ろす大きな橋の上というロケーションは開放感にあふれています。

入場無料エリアとして一般に開放されていることもあってか、メイン会場とは違い、クルマの展示の仕方も自由度が高いという印象。ハイパフォーマンスカーがあったかと思えば、アニメのキャラクターをプリントした“痛車”、キャンピングカーにバイク、警察車両など、あらゆるジャンルの車両がランダムに展示されていて、まさに、都市とクルマとが融合したオープンエアミュージアムといった雰囲気です。

中でもおすすめしたいのが、小型モビリティーの試乗コーナー。試乗するには入場券が必要ですが、パーソナルモビリティー、電動キックボード、超小型モビリティー、そして子ども用カートと、大きく分けて4つのモビリティーに試乗することができます。

今回は、トヨタのパーソナルモビリティー「歩行領域EV 立り乗りタイプ」と、Wind Mobility Japanの電動キックボード「WIND 3.0」、そして、日産の超小型モビリティー「Nissan New Mobilityコンセプト」に試乗してみました。

一番ワクワクしたのは、電動キックボードです。試乗エリア内での制限速度は10km/hですが、坂道では最高速の25km/h近くまで出てしまうし、三輪や四輪のモビリティーに比べるとバランスを崩しやすく、はるかにスリリング。普段からスケートボードなどに親しんでいる人なら、上手に乗りこなせるのではないでしょうか。

野外エリアを存分に生かした会場づくりと無料エリアの充実など、OPEN ROADにはこれまでにない新鮮味も感じられる、今年の東京モーターショー。唯一、天気が悪い時の対応が気になりますが、スタッフによれば「天候によって一時中断になる可能性はあるものの、基本的には雨でも試乗体験は行います」とのこと。試乗希望の場合は、念のため出掛ける前に東京モーターショーのホームページのチェックをお忘れなく!

(文=スーザン史子/写真=スーザン史子、webCG)
 

電動キックボード「WIND 3.0」に試乗中の筆者。同モデルは、埼玉をはじめとする拠点で実際にレンタルされている。


	電動キックボード「WIND 3.0」に試乗中の筆者。同モデルは、埼玉をはじめとする拠点で実際にレンタルされている。
	拡大
全長約1.5kmの「OPEN ROAD」。ところどころに痛車(写真)やスーパーカーが展示されている。
全長約1.5kmの「OPEN ROAD」。ところどころに痛車(写真)やスーパーカーが展示されている。拡大
パーソナルモビリティーと電動キックボードの試乗については、有明の試乗ゲート(イーストステーション)~青海の試乗ゲート(ウエストステーション)間の片道走行が原則。写真は「トヨタi-ROAD」の試乗風景。
パーソナルモビリティーと電動キックボードの試乗については、有明の試乗ゲート(イーストステーション)~青海の試乗ゲート(ウエストステーション)間の片道走行が原則。写真は「トヨタi-ROAD」の試乗風景。拡大
会場には青い走行ラインが伸びていて、小型モビリティーと歩行者が並んで移動する未来の歩道を連想させる。「Winglet Only」などと書かれているが、開催期間中「トヨタ・ウィングレット」には試乗できないので、お間違いなく!
会場には青い走行ラインが伸びていて、小型モビリティーと歩行者が並んで移動する未来の歩道を連想させる。「Winglet Only」などと書かれているが、開催期間中「トヨタ・ウィングレット」には試乗できないので、お間違いなく!拡大
こちらは「WIND 3.0」の発着場。試乗は基本的に先着順で、整理券などは現時点では検討されていないという。
こちらは「WIND 3.0」の発着場。試乗は基本的に先着順で、整理券などは現時点では検討されていないという。拡大
東西に伸びる「OPEN ROAD」の西側ゲート。
東西に伸びる「OPEN ROAD」の西側ゲート。拡大

関連キーワード:
東京モーターショー2019, モーターショー

あなたにおすすめの記事
新着記事