ハーレーダビッドソンが“ストリートファイター”と“アドベンチャー”で新セグメント参入

2019.11.06 自動車ニュース
ハーレーダビッドソン・パンアメリカ
ハーレーダビッドソン・パンアメリカ拡大

ハーレーダビッドソンは2019年11月6日、ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)で、新型車「BRONX(ブロンクス)」「PAN AMERICA(パンアメリカ)」を発表した。

スポーツネイキッドの「ブロンクス」。これまで日本や欧州のブランドが得意としてきたジャンルに、老舗ハーレーダビッドソンが参入する。
スポーツネイキッドの「ブロンクス」。これまで日本や欧州のブランドが得意としてきたジャンルに、老舗ハーレーダビッドソンが参入する。拡大
新開発の「レボリューションマックス」エンジン。今回、排気量の異なる2タイプが発表された。
新開発の「レボリューションマックス」エンジン。今回、排気量の異なる2タイプが発表された。拡大
「ブロンクス」の排気量は975cc。最高出力115hpと最大トルク95N・mを発生する。
「ブロンクス」の排気量は975cc。最高出力115hpと最大トルク95N・mを発生する。拡大
オフロードを疾走する「パンアメリカ」。
オフロードを疾走する「パンアメリカ」。拡大

従来のイメージを変える2台

今回発表されたスポーツネイキッドのブロンクスと、アドベンチャーモデルのパンアメリカは、クルーザータイプのモデルを主体とするハーレーダビッドソンの従来イメージとは大きく異なるブランニューモデル。ともに、「Revolution Max(レボリューションマックス)」と名付けられた、新開発の水冷60度Vツインエンジンを搭載する。

このパワーユニットがコンパクトであることに加えて、振動の緩和やライダーの快適性をセリングポイントとしている点も、ハーレーブランドとしては新しい。またブロンクスは975cc(最高出力115hp、最大トルク95N・m)、パンアメリカは1250cc(同145hp、122N・m)と、排気量の異なる2タイプが用意されるのもトピックである。

両モデルの市場投入は、2018年7月に発表されたハーレーダビッドソンの中期経営計画「More Roads to HarleyDavidson」に基づくもので、これを足がかりにミドルクラス製品を含む新しいセグメントに進出することも明らかにされている。

ブロンクスおよびパンアメリカの発売予定時期は、2020年の後半になる見込み。日本市場への導入時期や価格、仕様については、現時点では未定となっている。

(webCG)

◆「ハーレーダビッドソン・ブロンクス/パンアメリカ」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
バイク, ハーレーダビッドソン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事