「フェラーリ・ローマ」登場 最高出力620PSのV8ツインターボエンジンを搭載する2+2の新型FRスポーツ

2019.11.14 自動車ニュース
フェラーリ・ローマ
フェラーリ・ローマ拡大

フェラーリは2019年11月13日(現地時間)、2+2の新型FRスポーツモデル「ローマ」を発表した。

3.9リッターV8ツインターボエンジンをフロントミドに搭載。最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する。
3.9リッターV8ツインターボエンジンをフロントミドに搭載。最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する。拡大
前身の「ポルトフィーノ」からインストゥルメントパネルデザインを一新。左右シートをそれぞれ包み込むような形状になっている。
前身の「ポルトフィーノ」からインストゥルメントパネルデザインを一新。左右シートをそれぞれ包み込むような形状になっている。拡大
テールランプは、フェラーリの特徴ともいえる丸形ではなく、薄型の立体的な形状が採用された。
テールランプは、フェラーリの特徴ともいえる丸形ではなく、薄型の立体的な形状が採用された。拡大

新型車ローマは、最高出力620PS、最大トルク760N・mの3.9リッターV8ツインターボエンジンをフロントミドに搭載。同エンジンは、これまで4年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに輝いた、「カリフォルニアT」(最高出力560PS)やその後継モデル「ポルトフィーノ」(最高出力600PS)に搭載されたものの進化版で、フェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」で導入された新しい8段DCTを組み合わせている。

個性的なエクステリアは、フェラーリ自ら「タイムレスなデザイン」と称しているもの。「1950〜1960年代のローマで見られたドルチェヴィータ(華やかで自由気ままな生き方)の世界観を現代流に解釈し直した、洗練されたプロポーションと時代を超越したデザインが特徴で、それに比類のないパフォーマンスとハンドリングを組み合わせた」とアピールされる。

メカニズムや装備、販売時期や価格などの詳細は、現時点では発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
ポルトフィーノ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • 「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場 2019.9.9 自動車ニュース 伊フェラーリは2019年9月9日、最高出力800PSの12気筒エンジンを搭載するオープントップモデル「フェラーリ812GTS」を発表した。最高速は340km/h、0-100km/hの加速タイムは3秒未満と公表される。
ホームへ戻る