「フェラーリ・ローマ」登場 最高出力620PSのV8ツインターボエンジンを搭載する2+2の新型FRスポーツ

2019.11.14 自動車ニュース
フェラーリ・ローマ
フェラーリ・ローマ拡大

フェラーリは2019年11月13日(現地時間)、2+2の新型FRスポーツモデル「ローマ」を発表した。

3.9リッターV8ツインターボエンジンをフロントミドに搭載。最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する。
3.9リッターV8ツインターボエンジンをフロントミドに搭載。最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する。拡大
前身の「ポルトフィーノ」からインストゥルメントパネルデザインを一新。左右シートをそれぞれ包み込むような形状になっている。
前身の「ポルトフィーノ」からインストゥルメントパネルデザインを一新。左右シートをそれぞれ包み込むような形状になっている。拡大
テールランプは、フェラーリの特徴ともいえる丸形ではなく、薄型の立体的な形状が採用された。
テールランプは、フェラーリの特徴ともいえる丸形ではなく、薄型の立体的な形状が採用された。拡大

新型車ローマは、最高出力620PS、最大トルク760N・mの3.9リッターV8ツインターボエンジンをフロントミドに搭載。同エンジンは、これまで4年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに輝いた、「カリフォルニアT」(最高出力560PS)やその後継モデル「ポルトフィーノ」(最高出力600PS)に搭載されたものの進化版で、フェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」で導入された新しい8段DCTを組み合わせている。

個性的なエクステリアは、フェラーリ自ら「タイムレスなデザイン」と称しているもの。「1950〜1960年代のローマで見られたドルチェヴィータ(華やかで自由気ままな生き方)の世界観を現代流に解釈し直した、洗練されたプロポーションと時代を超越したデザインが特徴で、それに比類のないパフォーマンスとハンドリングを組み合わせた」とアピールされる。

メカニズムや装備、販売時期や価格などの詳細は、現時点では発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
ポルトフィーノ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • 最高出力は625PS! BMWのハイパフォーマンスSUV「X5 M/X6 M」登場 2020.3.19 自動車ニュース BMWジャパンは2020年3月12日、ハイパフォーマンスSUV「X5 M」「X6 M」の導入を発表し、同日、受注を開始した。両モデルとも最高出力625PS、最大トルク750N・mを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
ホームへ戻る