クリーンディーゼル搭載モデルに充実装備の特別仕様車 「プジョー3008 GTラインBlueHDi/5008 GTラインBlueHDi」登場

2019.12.10 自動車ニュース
「3008 GTラインBlueHDi」(写真左)と「5008 GTラインBlueHDi」(同右)。両モデルとも全幅が1840mmに抑えられている。
「3008 GTラインBlueHDi」(写真左)と「5008 GTラインBlueHDi」(同右)。両モデルとも全幅が1840mmに抑えられている。拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年12月9日、クロスオーバーモデル「3008」と「5008」のディーゼルエンジン搭載モデルに、充実装備の特別仕様車「GTラインBlueHDi」を設定。同日に販売を開始した。

両モデルとも前席にはシートヒーターが標準装備される。運転席は電動シート(メモリー、ヒーター、マルチポイントランバーサポート付き)となる。
両モデルとも前席にはシートヒーターが標準装備される。運転席は電動シート(メモリー、ヒーター、マルチポイントランバーサポート付き)となる。拡大

これまでGTラインは、3008および5008のガソリンエンジン搭載車にのみ設定されていたが、今回、最高出力177PSを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車にもラインナップされた。

基本的な装備はガソリンエンジン搭載車に準ずるが、運転席には電動シート(メモリー、ヒーター、マルチポイントランバーサポート付き)が新たに加えられた。

上記を含む3008 GTラインBlueHDiの特別装備は以下の通り。

  • アクティブクルーズコントロール(ブレーキサポート付き)
  • アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)
  • クロームサイドウィンドウモール
  • リアアンダーガーニッシュ(クローム)
  • ドライバースポーツパック
  • ハンズフリー電動テールゲート
  • マッド&スノータイヤ
  • フロアマット
  • 18インチ「ロサンゼルス」アロイホイール
  • 運転席電動シート(メモリー、マルチポイントランバーサポート付き)
  • フロントシートヒーター

同様に5008 GTラインBlueHDiの特別装備は以下の通り。

  • アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)
  • リアアンダーガーニッシュ(クローム)
  • ドライバースポーツバック
  • 運転席電動シート(メモリー、マルチポイントランバーサポート付き)
  • フロントシートヒーター
  • 18インチ「ロサンゼルス」アロイホイール
  • マッド&スノータイヤ

ボディーカラーは、3008 GTラインBlueHDiが「アマゾナイトグレー」「パールホワイト」「マグネティックブルー」「ハリケーングレー」の4色、5008 GTラインBlueHDiが「エメラルドクリスタル」「パールホワイト」「アルタンスグレー」「ビアンカホワイト」の4色。

価格は3008 GTラインBlueHDiが461万3000円、5008 GTラインBlueHDiが486万8000円。

なお、今回の特別仕様車も含めて2リッターディーゼルモデルは、ソフトウエアのマネジメント変更により、カタログ燃費が従来の17.8km/リッターから21.2km/リッター(いずれもJC08モード)に向上している。

(webCG)

関連キーワード:
3008, 5008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • 「C5 X」で久々に復活! シトロエンの上級モデルに宿る前衛の魂 2021.4.26 デイリーコラム シトロエンから久々のラージサルーン「C5 X」が登場! 話題騒然のニューモデルに、どれほどシトロエンらしさは宿っているのか? 間もなく復活するラージセグメントの“ダブルシェブロン”に、「トラクシオン アヴァン」や「DS」「CX」などの面影を探る。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • プジョー5008 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る