フォルクスワーゲンが7モデル33グレードの価格を改定

2019.12.20 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年12月20日、2020年1月1日に販売車両の価格改定を行うと発表した。

今回の価格変更対象となるのは、7モデル33グレード(特別仕様車を含む)に及び、価格改定幅は平均約1%になるという。

対象となるモデルの新価格は以下の通り。カッコ内は旧価格。

  • ポロ TSIコンフォートライン リミテッド:262万3000円(259万9000円)
  • ポロ TSIハイライン:275万9000円(273万3000円)
  • ポロ TSI Rライン:306万9000円(304万1000円)
  • ポロ GTI:358万9000円(355万7000円)
  • ゴルフTSIトレンドライン:259万9000円(258万9000円)
  • ゴルフTSIコンフォートライン マイスター:319万円(315万9000円)
  • ゴルフTSIハイライン マイスター:370万円(367万円)
  • ゴルフTDIコンフォートライン マイスター:356万9000円(353万9000円)
  • ゴルフTDIハイライン マイスター:394万円(391万円)
  • ゴルフGTI:419万9000円(417万9000円)
  • ゴルフGTIパフォーマンス:478万9000円(474万9000円)
  • ゴルフR:584万9000円(579万9000円)
  • ゴルフGTE:479万9000円(477万9000円)
  • ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン マイスター:333万円(329万9000円)
  • ゴルフヴァリアントTSIハイライン マイスター:384万円(381万円)
  • ゴルフヴァリアントTDIコンフォートライン マイスター:371万円(367万9000円)
  • ゴルフヴァリアントTDIハイライン マイスター:408万円(405万円)
  • ゴルフヴァリアントR:594万9000円(589万9000円)
  • ゴルフ オールトラックTSI 4MOTIONマイスター:411万円(406万9000円)
  • ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン:348万5000円(344万8000円)
  • ゴルフトゥーランTSIハイライン:434万5000円(429万9000円)
  • ゴルフトゥーランTSI Rライン:438万5000円(433万9000円)
  • ゴルフトゥーランTDIコンフォートライン:421万3000円(417万6000円)
  • ゴルフトゥーランTDIハイライン:454万5000円(449万9000円)
  • シャランTSIコンフォートライン:415万5000円(411万3000円)
  • シャランTSIハイライン:503万7000円(498万6000円)
  • シャランTDIハイライン:534万5000円(529万6000円)
  • ティグアンTSIコンフォートライン:403万9000円(399万8000円)
  • ティグアンTSIハイライン:466万円(460万9000円)
  • ティグアンTSI Rライン:496万9000円(491万9000円)
  • ティグアンTDI 4MOTION コンフォートライン:451万9000円(447万8000円)
  • ティグアンTDI 4MOTION ハイライン:514万円(508万9000円)
  • ティグアンTDI 4MOTION Rライン:544万9000円(539万9000円)

(webCG)

「ティグアン」は全グレードで2018年1月1日に価格がアップする。
「ティグアン」は全グレードで2018年1月1日に価格がアップする。拡大

関連キーワード:
ティグアン, ポロ, ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTクロス 2019.11.27 画像・写真 フォルクスワーゲンの最も小さなSUV「Tクロス」が、いよいよ日本に導入された。ゆとりの車内空間と充実した装備が自慢のニューモデルは、ライバルがしのぎを削るコンパクトSUV市場で成功なるか? 導入記念モデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.25 試乗記 自動車販売の最激戦区であるコンパクトSUVカテゴリーに、フォルクスワーゲンは「Tクロス」を送り込んできた。「ゴルフ」や「ポロ」と同様、同社はこのクラスにも“ベンチマーク”を打ち立てることができるのだろうか。導入記念の特別仕様車に試乗した。
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンが「Tクロス」を日本導入 人気のコンパクトSUV市場にニューモデル登場 2019.11.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがBセグメントのSUV「Tクロス」を日本に導入。同社のSUVラインナップの中では最もコンパクトなモデルで、高効率なパッケージによるゆとりある車内空間や、充実した装備、豊富なカラーバリエーションを特徴としている。
  • フォルクスワーゲンTクロス(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.4.2 試乗記 日本への導入がうわさされる、フォルクスワーゲンの都会派クロスオーバー「T-Cross(Tクロス)」。新たなコンパクトモデルはどんなクルマに仕上がっているのか? スペインはマヨルカ島で試乗した印象を報告する。
ホームへ戻る