第636回:イタ車好き女子は必見!?
大矢アキオ、FIAT印のジェラートを味わう

2019.12.27 マッキナ あらモーダ!

スーパーのレジ横で

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とグループPSAによる2019年12月18日の統合合意は、イタリアでも大きく報道された。

目下イタリア・フランス両国における関心は、両社が統合後も国内工場の雇用を約束どおり確保するかに集まっている。

特に合意直後の2019年12月20日、FCAが傘下の鋳造部品会社テクシッドをブラジル企業に売却することを決定したのも不安をあおった。

ただし両国のメディアによる報道全体を俯瞰(ふかん)すれば、「両社の統合により年間販売台数で世界4位に浮上」といった見出しが並んでおり、ポジティブに捉えられていることが分かる。イタリア国民としても、「アリタリア航空が毎日最大で200万ユーロ(約2億4200万円)の損失を計上し続けている」といった話題よりも、はるかに耳に心地いいのである。

話は変わって先日、スーパーマーケットでレジ待ちをしていたときのことである。脇の冷凍ショーケースをのぞくと、「FIAT」のロゴが記されたパッケージを発見した。なんと“フィアットのジェラート(イタリア版アイスクリーム)”である。

これは面白い。購入して帰ることにした。450g入りで価格は4.66ユーロ(約570円。食品用低減税率の付加価値税10%を含む)であった。

筆者がシエナのスーパーマーケットで見つけたG7製「ジェラート マードレFIAT」。2019年12月撮影。
筆者がシエナのスーパーマーケットで見つけたG7製「ジェラート マードレFIAT」。2019年12月撮影。拡大
紙製の帯をスライドさせると、プラスチック製ケースが出てきた。
紙製の帯をスライドさせると、プラスチック製ケースが出てきた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事