未来への箱舟「eパレット」発進! 2020年は自動運転のメモリアルイヤーになるか?

2020.01.24 デイリーコラム

オリンピックの号砲とともに

MaaSやCASEのキーワードとともに、しばしば「100年に一度の変革期」という言葉が飛び交う自動車業界。その都度うなずきはするものの、筆者は心のどこかで、ホントかな? なんて思うこともある。

しかし、そんな未来のモビリティーの中でも、オリンピックイヤーの2020年、わかりやすく変化が見られるものがある。「自動運転」だ。ホンダは“レベル3”の自動運転が可能な、つまり渋滞時にはテレビやスマートフォンの“ながら運転”がオーケーになるクルマを、2020年夏をめどに発売する。そして、そのもうひとつ上の“レベル4”、もはやヒトではなくシステムが主体となって動くクルマも走りだす。東京モーターショー2019で披露された、トヨタの「eパレット」である。

自動運転の次世代EVコンセプトとしてeパレットが発表されたのは、2018年1月。コンテナ型の、車輪付きのハコといった風体の車両が街を走り回り、移動や物流、物販などのツールとして人々の暮らしを支える……という構想を初めて見聞きしてから、もう2年たったことになる。ただその青写真は、「懐かしの未来予想図」で終わることなく、現実のものとなりつつある。

あと半年後に迫った東京オリンピック/パラリンピックで、実際にこのハコが屋外をトコトコ走る……。その光景を思い浮かべると、自動運転元年といったら大げさだけれど、どうやら2020年は大きな節目になりそうだな、と思えるではありませんか。

これについて「決して絵空事ではありませんよ」と語るのは、トヨタでeパレットの開発を担うMaaS事業部の牟田隆宏さん。

「2018年のCESで発表したeパレットの構想は、全部とは限りませんが、実現させたいと思っています。こういう高効率スペースのモビリティーが活躍する社会が来るのはもう間違いないわけで、われわれは、そのための準備をしておく必要があります」

その第一歩となるのが、今夏の五輪だ。大会期間中は、専用仕立てのeパレット十数台が東京・晴海の選手村を巡回し、選手や大会関係者の移動をサポートする。

2019年10月に公開された、次世代電気自動車「トヨタeパレット」の「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会仕様車」。大会の開催期間中は、テレビなどでもその姿が見られることだろう。
2019年10月に公開された、次世代電気自動車「トヨタeパレット」の「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会仕様車」。大会の開催期間中は、テレビなどでもその姿が見られることだろう。拡大
2020年の五輪に使われる車両は全長5255mm×全幅2065mm。乗降用スライドドアの開口幅は1300mmとなっている。
2020年の五輪に使われる車両は全長5255mm×全幅2065mm。乗降用スライドドアの開口幅は1300mmとなっている。拡大
車内の様子。座席を識別しやすいよう、フロアとは対照的なカラーが採用されている。
車内の様子。座席を識別しやすいよう、フロアとは対照的なカラーが採用されている。拡大
自動運転車の「eパレット」に運転席はないが(写真のシートはパッセンジャー用)、マニュアル操作による運転もできるよう操縦かんが備わっている。
自動運転車の「eパレット」に運転席はないが(写真のシートはパッセンジャー用)、マニュアル操作による運転もできるよう操縦かんが備わっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事