月販たったの300台! それでも新型「アコード」を日本で売るワケ

2020.02.21 デイリーコラム

2地域だけで絶好調

シャープな顔つきに、グッとしまったサイドのキャラクターライン。そして、従来のイメージを大きく変える流麗なシルエット。いや~、これは本当にカッコイイ! 

2020年1月、千葉県内のイベントホールで新型「ホンダ・アコード」が披露されるや、筆者はじーっと見入ってしまった。で、すっかり気をよくして「これは売れそうですねぇ」なんてホンダの関係者と話をしていて、がくぜんとした。月あたりの販売計画は、たったの300台だというのだ。

それで、ビジネスとして成立するのか?

アコードは、言わずと知れたホンダの大物。1976年に初代がデビューしてから40年以上、10代にわたる歴史を持つ。クルマ好きならご存じの方も多いと思うが、北米では売れに売れている。2019年は1~11月の11カ月間で24万台。アコードのグローバルな販売台数は年46万台だから、1地域だけで半数以上を占めている。日本とは2ケタも違う。

次点はどこかといえば、中国である。同じ11カ月での販売台数は、およそ20万台。ただ、「どこをとっても平均80点でネガがない」という理由で選ばれる北米とは事情が違い、中国ではうんと高級なもの、つまり「社会的に成功した人のクルマ」として、憧れをもって見られている。かつてその頂点だった「フォルクスワーゲン・パサート」を追い落とし、いまやかの地では一番人気だ。

購入の動機は違えど、両地域での支持は圧倒的である。この2大市場が現在の需要の“ほとんど”を占めていて、わずかな残りに数えられるのが日本を含むアジア、ということになる。ちなみに、新型は欧州では販売されていない。

どうしてこうも違いが出るのか? 日本は、成熟した自動車市場という点では北米と同じだろう。アジア文化圏ということでは中国に通じるものがあるし、そもそもアコードのふるさとじゃないか。もっと人気があってもよさそうなものだが……。

その明確な分析結果はないのだけれど、日本でセダン好きが絶滅してしまったのかといえば、決してそんなことはないようだ。

2020年2月21日に国内販売がスタートした新型「ホンダ・アコード」。ラインナップはハイブリッド車「アコードEX」のみで、価格は465万円。


	2020年2月21日に国内販売がスタートした新型「ホンダ・アコード」。ラインナップはハイブリッド車「アコードEX」のみで、価格は465万円。
	拡大
なだらかなシルエットは、まさに“4ドアクーペ”。伝統的な3ボックスセダンと異なるデザインを採用するにあたっては、ホンダ社内でも異論反論があったという。
なだらかなシルエットは、まさに“4ドアクーペ”。伝統的な3ボックスセダンと異なるデザインを採用するにあたっては、ホンダ社内でも異論反論があったという。拡大
ボディーサイドのシャープなキャラクターラインは、近年のアウディ車やベントレー車を思わせる。
ボディーサイドのシャープなキャラクターラインは、近年のアウディ車やベントレー車を思わせる。拡大
コンサートホールをイメージし、上質な空間の創出を目指したというインテリア。カラーは写真のブラックのほか、アイボリーも選べる。
コンサートホールをイメージし、上質な空間の創出を目指したというインテリア。カラーは写真のブラックのほか、アイボリーも選べる。拡大
ホンダ アコード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
ホームへ戻る