アストンマーティンの最新オープンモデル「ヴァンテージ ロードスター」が日本上陸

2020.02.21 自動車ニュース
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター拡大

アストンマーティン・ジャパンは2020年2月21日、東京・赤坂の東京ミッドタウンにおいて、「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」を日本初公開した。

「ヴァンテージ ロードスター」のインテリア。車体後部のトランクスペースにはゴルフバッグを1つ積載できるという。
「ヴァンテージ ロードスター」のインテリア。車体後部のトランクスペースにはゴルフバッグを1つ積載できるという。拡大
電動ファブリックルーフは、オープン操作が6.7秒、クローズ操作が6.8秒で完了する。
電動ファブリックルーフは、オープン操作が6.7秒、クローズ操作が6.8秒で完了する。拡大
「ヴァンテージ ロードスター」と同時に「ヴァンテージ」の7段MT仕様も展示。2020年3月中に納車完了予定の車両には、展示車と同じ前後のエアロパーツが無償装着できるキャンペーンの実施も発表された。
「ヴァンテージ ロードスター」と同時に「ヴァンテージ」の7段MT仕様も展示。2020年3月中に納車完了予定の車両には、展示車と同じ前後のエアロパーツが無償装着できるキャンペーンの実施も発表された。拡大
「ヴァンテージ」の7段MT車。価格は1913万円と発表された。
「ヴァンテージ」の7段MT車。価格は1913万円と発表された。拡大

ヴァンテージ ロードスターは同年2月12日(現地時間)に英国で発表されたヴァンテージシリーズのニューモデル。Zパターンに折りたたまれるコンパクトかつ軽量な構造の電動ファブリックルーフが採用されたオープンモデルで、走行中でも50km/hまでであればソフトトップの開閉が行える。オープン操作が6.7秒、クローズ操作が6.8秒という所要作動時間は、自動開閉式システムを備えたクルマの中で最速であるという。

全長×全幅×全高=4465×1942×1273mm、ホイールベース=2704mmというサイズはクーペ版のヴァンテージと同一。車重は1628kg(乾燥重量)で、同等仕様のクーペよりも60kgの増加となる。

最高出力510PS、最大トルク685N・mを発生する4リッターV8ツインターボエンジンやそれに組み合わされるトランスアクスル方式の8段AT、前ダブルウイッシュボーン/後ろマルチリンクのサスペンションを有するシャシーなどの基本構成はクーペから引き継ぐものの、リアダンパーやアダプティブダンピングシステム、スタビリティーコントロール、ドライブモードなどには専用のチューニングが施されている。

価格は2159万9000円で、2020年第2四半期からの納車を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
ホームへ戻る