クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

半世紀の時を超えて 新旧「アルピーヌA110」に見るフレンチスポーツの進化

2020.03.06 デイリーコラム

あのころは怖かった!

右のタイトコーナー。下り坂でブレーキを残しすぎたか「リアがジャッキングした」と思う間もなくハーフスピン! エンジンを載せたオシリを先頭に道を滑っていって、反対車線のガードレール手前で止まった。幸い人里離れた山道だったので肝を冷やしただけで済んだが、後にも先にも公道で“回った”のはそのときだけだ。

乗っていたクルマは、オリジナルの「アルピーヌA110」。1970年代にルノーがメキシコで生産した個体で、日本に個人輸入して車検を取ったばかりだった。喜び勇んで走りに行って、コワい目に遭ったわけである。

A110のリアサスペンションは、後輪駆動車で最も簡便な独立式というべきスイングアクスル。デフから伸びたハーフシャフトがそのまま上下するので、先端にあるタイヤは激しく角度(キャンバー)を変える。通常は根元の位置(デフ側)が低いので両輪はハの字になっていて、カーブでボディーが傾くとトレッド面がしっかり路面に接して踏ん張る。ところが、何かのきっかけでコーナリング中にボディーが持ち上がって外輪がポジティブ(逆ハの字)になった瞬間、グリップを失う。ちなみに、1960年代、アメリカでラルフ・ネーダー氏が「いかなる速度でも危険」と糾弾した「シボレー・コルベア」のリアサスペンションが、このスイングアクスルである。

自分のA110については、すっかり抜けきっていたリアのダンパー(後輪左右それぞれ2本、計4本を必要とする)をKONI(コニ)のスポーツタイプにしたところ、ジャッキングの悪癖は影を潜めた。ただ、安全な広いスペースで何度もハンドリングの確認をして「もう大丈夫」とわかっていても、ハードコーナリングを敢行するたびに、あのときの「フッ」とリアのグリップが抜ける恐怖の感覚がよみがえってきて、胸の奥が冷たくなったものである。

ワンテン好きの間ではよく知られるように、晩年のA110は、“新しいアルピーヌ”たる「A310」に倣って後脚がダブルウイッシュボーンに変更された。そのため、気兼ねなくガンガン走りたい人はいわゆる後期型である「A110SC」を、ラリーフィールドでの活躍に思いをはせ、ネガティブキャンバーのリアタイヤにロマンを感じる向きは「A110S」を求めたというが、どうなんでしょう? 今ではいずれも、手の届かない高根の花になってしまった感がある。

筆者が所有していた、先代「アルピーヌA110」。フレンチスポーツカーとして名高い同モデルだが、スペインやメキシコでも生産された。
筆者が所有していた、先代「アルピーヌA110」。フレンチスポーツカーとして名高い同モデルだが、スペインやメキシコでも生産された。拡大
WRC(世界ラリー選手権)ばりに雪道を走らせた際のカット。バンパーのさびは、ご愛敬(あいきょう)。
WRC(世界ラリー選手権)ばりに雪道を走らせた際のカット。バンパーのさびは、ご愛敬(あいきょう)。拡大
麗しき旧「A110」のリアスタイル。なだらかなルーフラインやエッジの効いたフェンダー、ハの字に張り出したリアタイヤがマニア心をくすぐる。
麗しき旧「A110」のリアスタイル。なだらかなルーフラインやエッジの効いたフェンダー、ハの字に張り出したリアタイヤがマニア心をくすぐる。拡大
アルピーヌ A110 の中古車

まさに夢のような話

購入資金はなんとかなっても、そもそも売り物が……と嘆いているあなた。時を隔てて復活したニュージェネレーションのアルピーヌA110があるではありませんか!

本国フランスは別格として、日本はドイツと販売台数を競う重要市場ということで、なんと輸入開始当初から右ハンドル車が用意されている。それも、ドライビングポジションに不自然さを感じさせない仕上がりである。夏場はエアコンが効くし、動力系のダイレクト感をスポイルすることなくオートマ走行も可能。ヒャクトーフリークスにとって、まさに想像を超えた、夢のようなアルピーヌといえましょう。

オリジナルA110と21世紀A110の間で、ハードウエアにおける共通点は「カッコが似てる」こと以外にはないけれど、ソフトウエアの面では引き継がれたものがあると思う。

もちろんスポーツカーだから性能は求めるが、一方で機械がイバっていないし、ドライバーを“運転する機械”と見なしたりもしない。ポルシェ好きやロータス党からは「ぬるい」と捉えられることもありましょうが、温かみを持って運転者と共に楽しむクルマがアルピーヌといえるかもしれない。

先日発売されたA110の高性能版たる「A110S」のチューン具合も素晴らしかった。手を抜かない、けれどもヤリ過ぎない絶妙さ。ノーマル110のしなやかな足まわりと、挙動がわかりやすい大きめなロールもいいけれど、110Sのそれは運転操作に対する反応がさらに正確さを増して、新世代のフレンチスポーツを自由自在にコントロールできる! ……かの幻想をドライバーに抱かせてくれる。軽量ミドシップのハンドリングマシンとして、宿敵(!?)ポルシェの顔色なさしめるデキといえましょう(詳細はまた後日、試乗記のコーナーで)。

ほぼ四半世紀。2世代にわたる110体験で、ようやく筆者は「ハードコーナリング→ジャッキング→スピン!」という恐怖のシークエンスから脱することができた気がする。新型「S」のリアサスペンションは、ダブルウイッシュボーンだ。

(文=青木禎之/写真=ダン・アオキ、三浦孝明/編集=関 顕也)

復活を遂げた「アルピーヌA110」の高性能バージョン「A110S」。最高出力292PSの1.8リッターターボエンジンが搭載されるほか、ノーマルモデルよりも足まわりが強化されている。価格は899万円。
復活を遂げた「アルピーヌA110」の高性能バージョン「A110S」。最高出力292PSの1.8リッターターボエンジンが搭載されるほか、ノーマルモデルよりも足まわりが強化されている。価格は899万円。拡大
ピュアスポーツカーと呼ぶにふさわしい、現代の「アルピーヌA110S」のコックピット。日本では右ハンドル車が選べる。
ピュアスポーツカーと呼ぶにふさわしい、現代の「アルピーヌA110S」のコックピット。日本では右ハンドル車が選べる。拡大
同じ車名が与えられても、当然ながら新旧モデルの走りは違う。ただ、クルマ好きを魅了する魔力は変わらない。
同じ車名が与えられても、当然ながら新旧モデルの走りは違う。ただ、クルマ好きを魅了する魔力は変わらない。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アルピーヌ A110 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。