半世紀の時を超えて 新旧「アルピーヌA110」に見るフレンチスポーツの進化

2020.03.06 デイリーコラム

あのころは怖かった!

右のタイトコーナー。下り坂でブレーキを残しすぎたか「リアがジャッキングした」と思う間もなくハーフスピン! エンジンを載せたオシリを先頭に道を滑っていって、反対車線のガードレール手前で止まった。幸い人里離れた山道だったので肝を冷やしただけで済んだが、後にも先にも公道で“回った”のはそのときだけだ。

乗っていたクルマは、オリジナルの「アルピーヌA110」。1970年代にルノーがメキシコで生産した個体で、日本に個人輸入して車検を取ったばかりだった。喜び勇んで走りに行って、コワい目に遭ったわけである。

A110のリアサスペンションは、後輪駆動車で最も簡便な独立式というべきスイングアクスル。デフから伸びたハーフシャフトがそのまま上下するので、先端にあるタイヤは激しく角度(キャンバー)を変える。通常は根元の位置(デフ側)が低いので両輪はハの字になっていて、カーブでボディーが傾くとトレッド面がしっかり路面に接して踏ん張る。ところが、何かのきっかけでコーナリング中にボディーが持ち上がって外輪がポジティブ(逆ハの字)になった瞬間、グリップを失う。ちなみに、1960年代、アメリカでラルフ・ネーダー氏が「いかなる速度でも危険」と糾弾した「シボレー・コルベア」のリアサスペンションが、このスイングアクスルである。

自分のA110については、すっかり抜けきっていたリアのダンパー(後輪左右それぞれ2本、計4本を必要とする)をKONI(コニ)のスポーツタイプにしたところ、ジャッキングの悪癖は影を潜めた。ただ、安全な広いスペースで何度もハンドリングの確認をして「もう大丈夫」とわかっていても、ハードコーナリングを敢行するたびに、あのときの「フッ」とリアのグリップが抜ける恐怖の感覚がよみがえってきて、胸の奥が冷たくなったものである。

ワンテン好きの間ではよく知られるように、晩年のA110は、“新しいアルピーヌ”たる「A310」に倣って後脚がダブルウイッシュボーンに変更された。そのため、気兼ねなくガンガン走りたい人はいわゆる後期型である「A110SC」を、ラリーフィールドでの活躍に思いをはせ、ネガティブキャンバーのリアタイヤにロマンを感じる向きは「A110S」を求めたというが、どうなんでしょう? 今ではいずれも、手の届かない高根の花になってしまった感がある。

筆者が所有していた、先代「アルピーヌA110」。フレンチスポーツカーとして名高い同モデルだが、スペインやメキシコでも生産された。
筆者が所有していた、先代「アルピーヌA110」。フレンチスポーツカーとして名高い同モデルだが、スペインやメキシコでも生産された。拡大
WRC(世界ラリー選手権)ばりに雪道を走らせた際のカット。バンパーのさびは、ご愛敬(あいきょう)。
WRC(世界ラリー選手権)ばりに雪道を走らせた際のカット。バンパーのさびは、ご愛敬(あいきょう)。拡大
麗しき旧「A110」のリアスタイル。なだらかなルーフラインやエッジの効いたフェンダー、ハの字に張り出したリアタイヤがマニア心をくすぐる。
麗しき旧「A110」のリアスタイル。なだらかなルーフラインやエッジの効いたフェンダー、ハの字に張り出したリアタイヤがマニア心をくすぐる。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る