アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)

2020.04.02 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。4000万円に迫るプライスタグを付ける、超高級グランドツアラーに対する印象は?

名前からして並じゃない

DBSスーパーレッジェーラはアストンマーティンの栄えある名称をふたつ受け継いだ、いわば自動車界のダブルネームである。

そのうちのひとつであるDBSはウィリアム・タウンズがデザインしたファストバックのモデル名として1967年に登場。その後もV12エンジンを積んで2008年に再デビューするなど、常にアストンマーティンのフラッグシップとして君臨してきた栄光のモデル名である。

いっぽうのスーパーレッジェーラは、ミラノのカロッツェリアであるトゥーリングが生み出した軽量ボディー構造としてあまりにも有名。実はこのスーパーレッジェーラ、1958年デビューの「DB4」以来、何度となくアストンマーティンに採用されてきたことでも知られる。

基本的には小径のスチールパイプでボディーの骨格を形成し、ここにアルミ製ボディーパネルなどを貼り付けて強固なボディー剛性を実現するのがスーパーレッジェーラの原理。いっぽう現代のDBSスーパーレッジェーラは、アストンマーティンが生み出したアルミニウムボンデッド工法でボディーを形作っているため、厳密にはスーパーレッジェーラではないのだけれど、ボディーパネルにカーボンコンポジットなどを多用して軽量したことから思想的にスーパーレッジェーラにつながるものがあると考えられ、この伝統の名前が与えられたのである。

前置きが長くなった。今回、谷口信輝に試乗してもらうのはアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテである。最後の“ヴォランテ”はアストンマーティンでコンバーチブルを意味する言葉。ちなみに、これもアストンマーティンで最初に使われたのは1965年と、非常に長い歴史を有する。だから、DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテはトリプルネームともいえるのだ。

 
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • BMW X7 xDrive40d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.27 試乗記 「BMW X7」に、3リッター直6ディーゼルエンジンと48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「xDrive40d」が登場。新しいパワートレインを積んだBMWの3列・フルサイズSUVは、そのコワモテとは裏腹に、フレンドリーで家族思いなクルマに仕上がっていた。
  • BMW M3コンペティション(前編) 2021.7.22 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗するのは、フルモデルチェンジした「BMW M3コンペティション」。最高出力510PSの高性能セダンに対峙したレーシングドライバーは、ファーストタッチでどんなことを感じたのか。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る