アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)

2020.04.02 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。4000万円に迫るプライスタグを付ける、超高級グランドツアラーに対する印象は?

名前からして並じゃない

DBSスーパーレッジェーラはアストンマーティンの栄えある名称をふたつ受け継いだ、いわば自動車界のダブルネームである。

そのうちのひとつであるDBSはウィリアム・タウンズがデザインしたファストバックのモデル名として1967年に登場。その後もV12エンジンを積んで2008年に再デビューするなど、常にアストンマーティンのフラッグシップとして君臨してきた栄光のモデル名である。

いっぽうのスーパーレッジェーラは、ミラノのカロッツェリアであるトゥーリングが生み出した軽量ボディー構造としてあまりにも有名。実はこのスーパーレッジェーラ、1958年デビューの「DB4」以来、何度となくアストンマーティンに採用されてきたことでも知られる。

基本的には小径のスチールパイプでボディーの骨格を形成し、ここにアルミ製ボディーパネルなどを貼り付けて強固なボディー剛性を実現するのがスーパーレッジェーラの原理。いっぽう現代のDBSスーパーレッジェーラは、アストンマーティンが生み出したアルミニウムボンデッド工法でボディーを形作っているため、厳密にはスーパーレッジェーラではないのだけれど、ボディーパネルにカーボンコンポジットなどを多用して軽量したことから思想的にスーパーレッジェーラにつながるものがあると考えられ、この伝統の名前が与えられたのである。

前置きが長くなった。今回、谷口信輝に試乗してもらうのはアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテである。最後の“ヴォランテ”はアストンマーティンでコンバーチブルを意味する言葉。ちなみに、これもアストンマーティンで最初に使われたのは1965年と、非常に長い歴史を有する。だから、DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテはトリプルネームともいえるのだ。

 
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(前編)の画像拡大

【アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4715×1970×1295mm/ホイールベース:2805mm/車重:2010kg/駆動方式:FR/エンジン:5.2リッターV12 DOHC 48バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:725PS(533kW)/6500rpm/最大トルク:900N・m(91.8kgf・m)/1800-5000rpm/タイヤ:(前)265/35ZR21 101Y/(後)305/30ZR21 104Y(ピレリPゼロ)/燃費:14.0リッター/100km(約7.1km/リッター、EU複合サイクル)/価格:3801万5400円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 230.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:30.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.7km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)


	【アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4715×1970×1295mm/ホイールベース:2805mm/車重:2010kg/駆動方式:FR/エンジン:5.2リッターV12 DOHC 48バルブ ツインターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:725PS(533kW)/6500rpm/最大トルク:900N・m(91.8kgf・m)/1800-5000rpm/タイヤ:(前)265/35ZR21 101Y/(後)305/30ZR21 104Y(ピレリPゼロ)/燃費:14.0リッター/100km(約7.1km/リッター、EU複合サイクル)/価格:3801万5400円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 230.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:30.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.7km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ, アストンマーティン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
  • 第176回:フェラーリ車両保険物語 2020.5.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第176回は「フェラーリ車両保険物語」。スーパーカー購入の最大の壁は、高額かつ審査の厳しい自動車保険。最低限の補償内容からフルサポートへと大出世を遂げた筆者の、血と涙の節約エピソードを紹介。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)/タイカン ターボ(4WD)【海外試乗記】 2020.4.29 試乗記 2020年内にも国内での発売が予定されている、ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。欧州の道でステアリングを握った筆者は、その走りの素晴らしさに、歴史あるスポーツカーブランドの真の実力を感じ取ったのだった。
  • TOM'Sセンチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2020.4.28 試乗記 レーシングチームであるTOM'S(トムス)が仕立てたコンプリートカー「TOM'Sセンチュリー」に試乗。日本が誇るショーファードリブンは、TOM'Sの手でどのような“ドライバーズカー”に生まれ変わったのだろうか。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る