第172回:フェラーリ2台持ちの葛藤

2020.04.21 カーマニア人間国宝への道

フェラーリ2台体制がスタート

フェラーリを初めて買ってから27年。27年目にして初めて、フェラーリを2台同時に所有することになりました。

買ったのは、先日試乗させてもらった“まっすぐ走る348”こと、94年式「348GTS」です。

27年前、初めてフェラーリを買った時は、その存在が重荷で重荷で、自宅車庫にフェラーリがあるということが大きなプレッシャーで、しばらくとてもつらかった。

ただ、人間は慣れる動物らしく、いつの間にかそれが快感に変わり、そのうちアタリマエのことになってしまいました。

でも、フェラーリ2台ってのは新たなプレッシャーだ。なにせ、まったく生活の役に立たないクルマが、それもかなり高価なクルマが2台もあるのだから。「人倫にもとる」とはこのことではないか?

だいたい、フェラーリを買うこと自体、本来庶民がやるべきことじゃない。27年前、自分はそれを「クイーンエリザベス2世号を買うとか、東京タワーを買うみたいな感覚」と例えました。

そういえばクイーンエリザベス2世号、いまどうしてるんだろと思ったら、客船としては退役し、ドバイで浮かぶホテルとして使われているとか。光陰矢の如し。

そんなものを2台も持つなんて行為に踏み込めたのは、知人がつい最近、フェラーリ2台持ちになったという事実があった。

もちろん、フェラーリを複数台所有している人はいっぱいいる。2台どころか、10台も20台も持っている人だって世界にはザラだろう。

でも、その人はサラリーマンなのだ。

94年式の「348GTS」を増車し、フェラーリ2台体制に突入!
94年式の「348GTS」を増車し、フェラーリ2台体制に突入!拡大
自宅ガレージには、フェラーリが2台収まる。
自宅ガレージには、フェラーリが2台収まる。拡大
筆者が購入した「348GTS」は、諸経費込みで990万円だった。(写真=池之平昌信)
筆者が購入した「348GTS」は、諸経費込みで990万円だった。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事