48Vハイブリッドパワートレイン搭載の「ボルボXC60 B5」発売

2020.04.23 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2020年4月23日、SUV「ボルボXC60」のラインナップに「XC60 B5 AWDモメンタム/インスクリプション」を追加し、同日、販売を開始した。

両モデルに搭載される新開発パワートレイン「B5」には、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール) により発生した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電、エンジンの始動や動力の補助を行うハイブリッドシステムが採用されている。

スターターモーターに代えてISGMでエンジンの始動を行うことにより、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションも大幅に低減。シリンダー部のフリクションロスを抑えつつ、一定条件下で2気筒走行を可能とする気筒休止システムを採用するなど、2リッター直4ターボエンジン本体にも改良を施すことでエネルギー効率の向上が図られている。

ギアセレクターがバイワイヤ化されているのも特徴。これに合わせ、上級モデルのXC60 B5 AWDインスクリプションにはスウェーデン・オレフォス社のクリスタルガラス製シフトノブが採用されている。

価格は以下の通り。

  • XC60 B5 AWDモメンタム:634万円
  • XC60 B5 AWDインスクリプション:734万円

なおB5モデルは、上級SUV「XC90」にも新たに設定されている。

(webCG)

「ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション」(写真左)。写真右は、上級SUV「XC90 B5 AWD」の限定車「ノルディックエディション」。
「ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション」(写真左)。写真右は、上級SUV「XC90 B5 AWD」の限定車「ノルディックエディション」。拡大

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.3 試乗記 「ボルボXC60」の2リッターガソリンターボ車が、マイルドハイブリッドシステムを搭載した「B5」に進化。電動アシスト機構を得たボルボのアッパーミドルクラスSUVは、プレミアムなのにつつましいという、得難いキャラクターのモデルに仕上がっていた。
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場 2020.10.21 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。パワートレインの設定を見直しており、純ガソリンモデルに代えて48Vマイルドハイブリッド車を導入。全車が電動パワートレイン搭載モデルとなっている。
  • 第191回:マンゾクマンゾク、マンゾク倶楽部 2020.10.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第191回は、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で夜の首都高に出撃! 前回の「ポルシェ911 GT3 RS」では降り出した雨のせいで“男のマンゾク”を存分に味わうことなく終わったが、今夜は違う。
ホームへ戻る