48Vハイブリッドパワートレイン搭載の「ボルボXC60 B5」発売

2020.04.23 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2020年4月23日、SUV「ボルボXC60」のラインナップに「XC60 B5 AWDモメンタム/インスクリプション」を追加し、同日、販売を開始した。

両モデルに搭載される新開発パワートレイン「B5」には、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール) により発生した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電、エンジンの始動や動力の補助を行うハイブリッドシステムが採用されている。

スターターモーターに代えてISGMでエンジンの始動を行うことにより、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションも大幅に低減。シリンダー部のフリクションロスを抑えつつ、一定条件下で2気筒走行を可能とする気筒休止システムを採用するなど、2リッター直4ターボエンジン本体にも改良を施すことでエネルギー効率の向上が図られている。

ギアセレクターがバイワイヤ化されているのも特徴。これに合わせ、上級モデルのXC60 B5 AWDインスクリプションにはスウェーデン・オレフォス社のクリスタルガラス製シフトノブが採用されている。

価格は以下の通り。

  • XC60 B5 AWDモメンタム:634万円
  • XC60 B5 AWDインスクリプション:734万円

なおB5モデルは、上級SUV「XC90」にも新たに設定されている。

(webCG)

「ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション」(写真左)。写真右は、上級SUV「XC90 B5 AWD」の限定車「ノルディックエディション」。
「ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション」(写真左)。写真右は、上級SUV「XC90 B5 AWD」の限定車「ノルディックエディション」。拡大

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー5008 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る