まだまだこれから? 日欧の自動車市場に見るディーゼル車の未来

2020.04.29 デイリーコラム

ディーゼル比率に変化あり

「SKYACTIV-D」搭載車、国内販売累計50万台達成――

2019年の11月末、マツダが発信したニュースリリースの題名です。要はマツダの新世代ディーゼル車が国内で50万台売れたよということなんですが、その初出は2012年あたま、初代「CX-5」に搭載された2月21日の話ですから、8年かからずこの数字というのは結構なスピードを表すものと見ていいでしょう。

それもそのはずで、今やマツダの国内全販売の約半分がディーゼルとなっています。当然モデルライフによる浮沈もありますが、ざっくり年間8万台前後とイメージすれば的外れではありません。

その他の日本メーカー、トヨタや三菱に加えて近ごろは輸入車のディーゼルラインナップも充実しています。そこに件(くだん)のマツダの数字と合わせると、おおむね年間で15万台前後のディーゼル乗用車が販売されている計算です。登録車全体が年間250万台程度と見積もれば、約6%のシェアといったところでしょうか。

一方、2011年には全数の55%近くに達していた欧州でのディーゼル販売比率ですが、2019年の数字は31%です。フォルクスワーゲンの“ディーゼルゲート”が発覚した2015年に対しては20ポイントのダウンと、このあたりからの落ち込みが目に見えて明らかになっています。もっとも、これはディーゼルゲートのみならず、その以前から懸念されていた大都市の大気汚染問題が顕在化したことも影響しているのは間違いありません。

マツダのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D(スカイアクティブD)」。
マツダのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D(スカイアクティブD)」。拡大
マツダは現在、「マツダ3ファストバック」(写真)やコンパクトカー「マツダ2」、SUV「CX-5」など、さまざまなモデルにディーゼル車をラインナップしている。
マツダは現在、「マツダ3ファストバック」(写真)やコンパクトカー「マツダ2」、SUV「CX-5」など、さまざまなモデルにディーゼル車をラインナップしている。拡大
BMWジャパンは2020年4月1日、「1シリーズ」のディーゼル車を発売した。国産車だけでなく、輸入車もディーゼル車の選択肢は増えている。
BMWジャパンは2020年4月1日、「1シリーズ」のディーゼル車を発売した。国産車だけでなく、輸入車もディーゼル車の選択肢は増えている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事