『CAR GRAPHIC』2020年6月号発売 「フォードGT」日本上陸

2020.04.30 From Our Staff

CG6月号の表紙と巻頭を飾るのは、「GT40」をオリジンとするモデルの3代目としてつくられた「フォードGT」。ルマン初制覇からちょうど50年後の2016年に再びサルトで星条旗を掲げたスーパースポーツに、本邦初試乗しました。サイドストーリーとともに、必読です。(CG編集部)

日本に1台だけ存在する新型「フォードGT」に熊本で試乗。伝説の名を受け継ぐ、最新モデルの走りとは?(photo:北畠主税)
日本に1台だけ存在する新型「フォードGT」に熊本で試乗。伝説の名を受け継ぐ、最新モデルの走りとは?(photo:北畠主税)拡大
ひとつの車名を伝説にまで押し上げた、フォードのルマン総力戦。その「GT40」の開発ストーリーを振り返ります。(photo:フォード)
ひとつの車名を伝説にまで押し上げた、フォードのルマン総力戦。その「GT40」の開発ストーリーを振り返ります。(photo:フォード)拡大
2017年に発表された「ランボルギーニ・ウラカン」の究極形「ペルフォルマンテ」。その技術をもとに進化した「ウラカンEVO」(写真)にも試乗。(photo:荒川正幸)
 
2017年に発表された「ランボルギーニ・ウラカン」の究極形「ペルフォルマンテ」。その技術をもとに進化した「ウラカンEVO」(写真)にも試乗。(photo:荒川正幸)
	 拡大
「バンディーニ・ドーラ」。ジョルジェット・ジウジアーロが、デジタルによるデザインと実車をつなぐために描いたスケッチの話は必読。(photo:GFG)
「バンディーニ・ドーラ」。ジョルジェット・ジウジアーロが、デジタルによるデザインと実車をつなぐために描いたスケッチの話は必読。(photo:GFG)拡大
ランドローバー全モデルの精神的起源ともいえる「ディフェンダー」の世代交代。そのニューモデルとヒストリーを特集しました。(photo:ジャガー・ランドローバー)
ランドローバー全モデルの精神的起源ともいえる「ディフェンダー」の世代交代。そのニューモデルとヒストリーを特集しました。(photo:ジャガー・ランドローバー)拡大

知られざる事実が明らかに

巻頭特集で取材したのは、日本市場から撤退して久しいフォードが、ただ1車種のみ、特別に“日本向け”としてデリバリーした新型「GT」です。レーシングカースペックのCFRP製モノコックシャシーに、IMSAで鍛えられたエコブーストV6ツインターボエンジンをミドシップ。後方へ絞り込まれたキャノピーと独立したリアフェンダーを“フライング・バットレス”と呼ばれるフィンでつなぎトンネル構造としたリアセクションや、格納式リアウイング、マルチマティック社製の電子制御DSSVダンパーなど、断片的な技術情報こそ手に入るものの、その全体像がつかめなかった新型GT。その実像が試乗インプレッションとともに描き出されます。また、実際にフォードGTの購入者だけに届く、色見本やバッグ、レーシングスーツといった貴重なグッズも紹介しています。

さらにヒストリーページでは、フォードが初めてルマン24時間耐久レースを制した1966年に、フォードGTの活動の拠点であった英スラウのFAV(フォード・アドバンスト・ビークル)、米デトロイト郊外のKar Kraft、そしてカリフォルニアのシェルビー・アメリカンを取材した日本人ジャーナリストの山口京一さんが、当時の思い出を交えながら、フォードGTの誕生から成功までを振り返ります。当時を知る人だから語れる、貴重な証言です。

フォードGTを追うように、最新のスーパースポーツとGTのリポートが続きます。ランボルギーニの「ウラカンEVO」とポルシェの「911ターボS」は、スーパーカーブーム時代を現代にリバイバルしたかのような組み合わせ。最新のスーパーカー事情を知るのに、この2台ほど適したクルマはないでしょう。

6月号の隠れた目玉記事は、人気連載「GGのおもちゃ箱」です。新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった3月のジュネーブモーターショーで、GFGブースに飾られるはずだった銀色のバルケッタ「バンディーニ・ドーラ」にまつわるストーリー。今回の白眉はなんといっても、ジョルジェット・ジウジアーロ御大が自ら描いた実物大のサイドビュースケッチ。こちらはおそらく世界初公開でしょう。

そのほか、ランドローバーの新型「ディフェンダー」の小特集も見逃せません。ナミビアを激走するディフェンダーの姿は、写真だけでも見応えがあります。さらにはアイルトン・セナが最後に泊まったホテルの物語や、「トヨタ・グランエース」のライバル比較など、さまざまな記事が盛りだくさん。CG6月号は定価1300円です。デジタル版は、Amazon/Kobo/BookLive!/ブックパス/SonyReaderStore/Fujisanで購読できます。お近くの書店や、オンライン書店でお買い求めください。

--------------------------------------------

『CAR GRAPHIC』2020年6月号
発行所:株式会社カーグラフィック
定価:1300円
A4判変型・200ページ
 

定期購読する
アマゾンで買う
富士山マガジンサービスで買う

--------------------------------------------

 

あなたにおすすめの記事
新着記事