クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

何が勝敗を分けるのか? 国産コンパクトカーの栄枯盛衰について考える

2020.05.01 デイリーコラム

セールスの明暗くっきり

今の新車の売れ行きをカテゴリー別に見ると、最も多いのは軽自動車で、新車として売られるクルマの37%を占める。次に多いのがコンパクトカーで25%だ。かつて売れ筋だったセダンは、9%にまで下がった。

人気のコンパクトカーは、小型車/普通車の車名別販売ランキングでも上位に入っている。2020年1~3月には、「ホンダ・フィット」「トヨタ・ヤリス」「日産ノート」「トヨタ・ルーミー」などが好調に売れた。中堅レベルでは、「トヨタ・タンク」(ルーミーの姉妹車)や「スズキ・ソリオ」「マツダ2」「スズキ・スイフト」「トヨタ・パッソ」が並ぶ。今の日本車には3ナンバー車も増えたが、売れ筋の車種には5ナンバー車が多い。

ただし、すべてのコンパクトカーが好調なわけではない。「三菱ミラージュ」は2020年4月16日に大規模なマイナーチェンジが実施されて、フロントマスクや安全装備を刷新させたが、近年の売れ行きは低調だった。2019年は1カ月平均で265台だから、約1万台のノートに比べると、その3%程度だ。

ノートの日産は「マーチ」も用意するが、この売れ行きも2019年の1カ月平均が779台にとどまる。ノートの8%にすぎない。このようにマーチとミラージュは人気低迷となっているが、過去を振り返ると、両車ともコンパクトカーの主力車種であった。

フルモデルチェンジで4代目となった、ホンダのコンパクトカー「フィット」。当初の予定よりも発売時期が遅れたものの、セールスは絶好調だ。
フルモデルチェンジで4代目となった、ホンダのコンパクトカー「フィット」。当初の予定よりも発売時期が遅れたものの、セールスは絶好調だ。拡大
かつての「ヴィッツ」は世代交代を機に、国内でも世界共通の「ヤリス」名に。最新型は環境性能や安全性能にも強みを見せる。
かつての「ヴィッツ」は世代交代を機に、国内でも世界共通の「ヤリス」名に。最新型は環境性能や安全性能にも強みを見せる。拡大
「三菱ミラージュ」は2020年4月16日のマイナーチェンジを機に、フロントデザインを一新。大胆なグリルで存在感をアピールする。
「三菱ミラージュ」は2020年4月16日のマイナーチェンジを機に、フロントデザインを一新。大胆なグリルで存在感をアピールする。拡大

世代交代を機に一変

マーチは1982年に、日産では最小サイズの小型車として発売された。当時の開発者によると、イタリアのカーデザイナーとして有名なジウジアーロから売り込みがあり、石原 俊社長の強い意向もあって商品化に踏み切った。当時は若年層の間でクルマの人気が高く、マーチは運転しやすいことから女性をターゲットに据えた。発売当初はグレードを4種類そろえたが「初心者には選び方が分からない」という話になった。そこで電動ミラー、チルトステアリング、カセットオーディオなどの実用装備を標準装着する「コレット」を設定し、販売店は「これを買っておけば大丈夫です」と売り込んだ。この戦略が成功してマーチの売れ行きも伸びた。

1992年に発売された2代目は、視界が抜群に優れ運転しやすかった。車庫入れのしやすさでは今でも最高峰だ。しかも外観のバランスもいい。機能と見栄えを高次元で両立させ、工業デザインの本質を突くクルマであった。販売も好調で、1993年から1997年までの登録台数は、1カ月平均で1万1000台前後を記録している。今のノートを上回る売れ行きだった。

2002年に登場した3代目マーチも好調に売れたが、2004年に「ティーダ」、2005年には先代(初代)ノートも加わる。これらの影響で販売台数を下げたが、1カ月平均で2500台は維持していた。

それが2010年に発売された4代目では大幅に下がる。2015年には1カ月平均で1290台、2017年は1190台、2019年は前述の779台だ。4代目で人気が急落した理由は、商品力が低いからだ。内装の質、特に後席を倒した時の荷室など、通常は目に触れない部分の粗さが目立った。後席と荷室は狭い。乗り心地やノイズにも不満を覚えた。発売後の改良を怠ったことも低迷の原因だ。ほかの車種が衝突被害軽減ブレーキを次々と採用するのに、マーチは非装着だったから、購入の対象から外されていった。

1982年にデビューした初代「日産マーチ」。直線的なデザインは、今では新鮮に感じられる。
1982年にデビューした初代「日産マーチ」。直線的なデザインは、今では新鮮に感じられる。拡大
愛らしいデザインで大いに売れた2代目「マーチ」。運転しやすいという点もコンパクトカーとして魅力的だった。
愛らしいデザインで大いに売れた2代目「マーチ」。運転しやすいという点もコンパクトカーとして魅力的だった。拡大
3代目の「マーチ」はボンネットの両サイドに添えられたヘッドランプが特徴的。このモデルも好調なセールスを記録した。
3代目の「マーチ」はボンネットの両サイドに添えられたヘッドランプが特徴的。このモデルも好調なセールスを記録した。拡大
タイ生産となった4代目「マーチ」は、工業製品としての商品力の低さからたちまち不振におちいってしまった。写真はマイナーチェンジを受けた最新型。
タイ生産となった4代目「マーチ」は、工業製品としての商品力の低さからたちまち不振におちいってしまった。写真はマイナーチェンジを受けた最新型。拡大

決め手は作り手の“愛”

一方、初代ミラージュは1978年に発売され、コンパクトカーの先駆け的な存在となった。初代モデルからセダンを用意するなど、選択肢を豊富にそろえている。1987年に発売された3代目の「サイボーグ」は、1t前後のボディーに最高出力145PSの1.6リッターターボを搭載して、ライバル車を圧倒する速さを誇った。

1991年登場の4代目もグレードが多彩で、1.6リッターのV型6気筒(24バルブ)エンジンも用意した。この後1995年に5代目に発展したが、三菱車の売れ行きが全般的に伸び悩んだこともあり、2000年に国内販売を終えた。

2012年に現行ミラージュが“復活”したが、2013年の1カ月平均の登録台数は1000台少々で、徐々に下がっていく。発売時点で搭載したエンジンは1リッター直列3気筒で、車両重量も売れ筋グレードが870kgと軽い。そこでJC08モード燃費が27.2km/リッターに達することを特長とうたったものの、2015年12月発表のマイナーチェンジで、1.2リッターエンジンの搭載により燃費は25.4km/リッターに下がってしまった。さらに燃費計測の誤りに基づく再計測で、23.8km/リッターに改められている。ミラージュも後席が狭く、内装の質は不満を伴う。しかも、軽いボディーと燃費重視のタイヤなどのせいで乗り心地は硬い。

現行型のマーチとミラージュは両車ともにタイ製だが、そこは直接の敗因ではない。共通点は、内装と乗り心地の質が低く、ほかの車種とは違う明確なセリングポイントを持たないことだ。コンパクトカーは価格も含めて競争が激しく、相当買い得なクルマでないと売れ行きを伸ばせない。その点、日産はノートに注力して、マーチは結果的に見捨てられた。

クルマの世界では、開発の仕方次第では、長年にわたって培った伝統も失われてしまう。人気を保つには、商品に対して、開発中も、発売後も常に深い愛情を注ぐことが求められる。

日産のノートは発売から8年、三菱の「デリカD:5」は13年を経過するが、今も堅調に売れている。前期型のユーザーが、後期型に乗り換えることも多い。メーカーが常に深い愛情を注ぎ、商品力を高く保っているからだ。マーチやミラージュに同様のケアができないものか……。それぞれ、同じメーカーの商品なのに。

(文=渡辺陽一郎/写真=トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車/編集=関 顕也)

2012年8月に発売された6代目「ミラージュ」も生産は海外で行われた。スタート価格は99万8000円と、絶対的に安かったものの、その質感の低さゆえにユーザーを十分獲得することはできなかった。
2012年8月に発売された6代目「ミラージュ」も生産は海外で行われた。スタート価格は99万8000円と、絶対的に安かったものの、その質感の低さゆえにユーザーを十分獲得することはできなかった。拡大
マイナーチェンジした「ミラージュ」は、見た目が変わっただけでなく、運転支援システムを充実させるなど、商品力の向上が図られている。果たして、セールスは上向くか?
マイナーチェンジした「ミラージュ」は、見た目が変わっただけでなく、運転支援システムを充実させるなど、商品力の向上が図られている。果たして、セールスは上向くか?拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。