何が勝敗を分けるのか? 国産コンパクトカーの栄枯盛衰について考える

2020.05.01 デイリーコラム

セールスの明暗くっきり

今の新車の売れ行きをカテゴリー別に見ると、最も多いのは軽自動車で、新車として売られるクルマの37%を占める。次に多いのがコンパクトカーで25%だ。かつて売れ筋だったセダンは、9%にまで下がった。

人気のコンパクトカーは、小型車/普通車の車名別販売ランキングでも上位に入っている。2020年1~3月には、「ホンダ・フィット」「トヨタ・ヤリス」「日産ノート」「トヨタ・ルーミー」などが好調に売れた。中堅レベルでは、「トヨタ・タンク」(ルーミーの姉妹車)や「スズキ・ソリオ」「マツダ2」「スズキ・スイフト」「トヨタ・パッソ」が並ぶ。今の日本車には3ナンバー車も増えたが、売れ筋の車種には5ナンバー車が多い。

ただし、すべてのコンパクトカーが好調なわけではない。「三菱ミラージュ」は2020年4月16日に大規模なマイナーチェンジが実施されて、フロントマスクや安全装備を刷新させたが、近年の売れ行きは低調だった。2019年は1カ月平均で265台だから、約1万台のノートに比べると、その3%程度だ。

ノートの日産は「マーチ」も用意するが、この売れ行きも2019年の1カ月平均が779台にとどまる。ノートの8%にすぎない。このようにマーチとミラージュは人気低迷となっているが、過去を振り返ると、両車ともコンパクトカーの主力車種であった。

フルモデルチェンジで4代目となった、ホンダのコンパクトカー「フィット」。当初の予定よりも発売時期が遅れたものの、セールスは絶好調だ。
フルモデルチェンジで4代目となった、ホンダのコンパクトカー「フィット」。当初の予定よりも発売時期が遅れたものの、セールスは絶好調だ。拡大
かつての「ヴィッツ」は世代交代を機に、国内でも世界共通の「ヤリス」名に。最新型は環境性能や安全性能にも強みを見せる。
かつての「ヴィッツ」は世代交代を機に、国内でも世界共通の「ヤリス」名に。最新型は環境性能や安全性能にも強みを見せる。拡大
「三菱ミラージュ」は2020年4月16日のマイナーチェンジを機に、フロントデザインを一新。大胆なグリルで存在感をアピールする。
「三菱ミラージュ」は2020年4月16日のマイナーチェンジを機に、フロントデザインを一新。大胆なグリルで存在感をアピールする。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事