第619回:映画『007』シリーズに登場するボンドカーに試乗 世界一有名なスパイが愛したアストンマーティンの秘密とは?

2020.05.27 エディターから一言
2020年11月20日に日本でも公開されることが決まった『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』に“出演”するボンドカー。過去の作品にも出てきた「DB5」「V8」に加え、「DBSスーパーレッジェーラ」、さらには「ヴァルハラ」も登場するらしい。
2020年11月20日に日本でも公開されることが決まった『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』に“出演”するボンドカー。過去の作品にも出てきた「DB5」「V8」に加え、「DBSスーパーレッジェーラ」、さらには「ヴァルハラ」も登場するらしい。拡大

映画『007』シリーズに欠かせない存在であるボンドカー。アストンマーティンは1964年公開の『007 ゴールドフィンガー』以来、その重要な“役どころ”で多くの作品に出演している。今回、最新作に登場した“ホンモノ”に英国で試乗。ボンドカーの知られざる秘密に迫った。

試乗の舞台となったストウサーキットはシルバーストーンのインフィールドにある1.7kmのショートコース。週末は一般のローカルレースも行われるが、基本的にはアストンマーティンが借り受け、専有テストコースとしている。
試乗の舞台となったストウサーキットはシルバーストーンのインフィールドにある1.7kmのショートコース。週末は一般のローカルレースも行われるが、基本的にはアストンマーティンが借り受け、専有テストコースとしている。拡大
イアン・フレミングの原作ではボンドの愛車はベントレーだった。ショーン・コネリー主演で1964年に公開された『007 ゴールドフィンガー』にアストンマーティンが初登場し、近年の作品でもボンドカーとして活躍している。
イアン・フレミングの原作ではボンドの愛車はベントレーだった。ショーン・コネリー主演で1964年に公開された『007 ゴールドフィンガー』にアストンマーティンが初登場し、近年の作品でもボンドカーとして活躍している。拡大
2021年に500台限定で市販される予定のEVスーパースポーツ「ヴァルハラ」も会場に姿を見せていた。何らかのパワーユニットを搭載した実動プロトタイプのようだが、試乗することも、走行シーンを見ることもかなわなかった。
2021年に500台限定で市販される予定のEVスーパースポーツ「ヴァルハラ」も会場に姿を見せていた。何らかのパワーユニットを搭載した実動プロトタイプのようだが、試乗することも、走行シーンを見ることもかなわなかった。拡大
「ヴァルハラ」をリアから見る。外観は2019年に東京でも公開されたモックアップと変わらないが、コックピットはテストカーらしくさまざまな計測機器が取り付けられていた。ナンバープレートも付いていたので公道でもテストしているのかもしれない。
「ヴァルハラ」をリアから見る。外観は2019年に東京でも公開されたモックアップと変わらないが、コックピットはテストカーらしくさまざまな計測機器が取り付けられていた。ナンバープレートも付いていたので公道でもテストしているのかもしれない。拡大

試乗車は『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の劇中車

「殺しのライセンス」をもつイギリス秘密情報部MI6の工作員ジェームズ・ボンドが活躍するイアン・フレミング原作の映画『007』シリーズの最新作、『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』。COVID-19の影響で日本公開が2020年4月から同年11月20日に延期となってしまったが、シリーズ通算25作目となる本作は、『007 カジノロワイヤル』以後6代目のボンド役を担ってきたダニエル・クレイグが、主演を務める最後の作品となる。

『007』の魅力といえば、物語のあちらこちらにちりばめられたトリックの数々だ。中でも「ボンドカー」と呼ばれる秘密兵器を満載したボンドの愛車は、時として主役を食ってしまうほどの活躍を見せることでも知られている。アストンマーティンは1964年公開の『007 ゴールドフィンガー』以来、ボンドカーの代表的存在としてさまざまなモデルがスクリーンを彩ってきた。

そのアストンマーティンの歴代ボンドカーに試乗できるというオファーが届いたら……果たして断る理由なんてあるだろうか?

舞台となるのは英国シルバーストーンサーキットのインフィールドにある、全長1.7kmほどのストウサーキットと呼ばれるテクニカルコースである。実はここは、アストンマーティンが専有で借り受け、各種テストを行っている場所なのだそうだ。場内には偽装を施した「DBX」のプロトタイプが文字通りウジャウジャといて、いやがうえにも気分が盛り上がる。

今回試乗するのは『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』で実際に使用した劇中車ばかり。驚いたのは、そんな貴重なモデルを先導車もつけずに単独で思う存分走っていいということだ。しかも何回でも「おかわり」は自由。これを役得と言わずして、なんと言おうか!

アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • 新型「メルセデス・ベンツGLEクーペ」がデビュー 日本仕様車は2モデルで展開 2020.6.11 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年6月11日、新型「メルセデス・ベンツGLEクーペ」の日本導入を発表。同日、注文受け付けを開始した。デリバリーは同年6月下旬に始まる見込み。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
ホームへ戻る