スバルが「WRX S4 STI Sport♯」の概要を発表 走りを磨いた500台の限定モデル

2020.05.26 自動車ニュース
スバルWRX S4 STI Sport♯
スバルWRX S4 STI Sport♯拡大

スバルは2020年5月26日、高性能スポーツセダン「WRX S4」の特別仕様車「STI Sport♯」の概要を発表。同日、先行予約の受け付けを開始した。

低圧損エアクリーナーエレメント
低圧損エアクリーナーエレメント拡大
低背圧パフォーマンスマフラー
低背圧パフォーマンスマフラー拡大
CVTオイルクーラー
CVTオイルクーラー拡大
フレキシブルタワーバー フロント
フレキシブルタワーバー フロント拡大
フレキシブルドロースティフナー フロント
フレキシブルドロースティフナー フロント拡大
フレキシブルドロースティフナー リア
フレキシブルドロースティフナー リア拡大

運動性能をさらに高めた500台限定モデル

今回の特別仕様車は、専用のサスペンションなどを備えたWRX S4の上級グレード「STI Sport」をベースに、スバルテクニカインターナショナルの用品などを採用することでさらに運動性能を高めた、台数500台の限定モデルである。正式発表は2020年7月6日、発売は同年8月20日の予定で、受注期間は同年10月22日までとなっている。

エクステリアには、「WRX STI」のコンプリートカー「S208」や特別仕様車「EJ20ファイナルエディション」にも採用される大型フロントアンダースポイラーやエアアウトレットグリル付きリアバンパー、ダークグレーシリカ塗装のフロントグリル、ブラック塗装の18インチアルミホイールなどを装備。ブラックとシルバーのモノトーンでコーディネートされたインテリアでは、レカロ製シートをはじめ、各所の表皮に本革やウルトラスエードを採用している。

走りに関する部分では、STI製の低圧損エアクリーナーエレメントや低背圧パフォーマンスマフラーの採用によって吸排気抵抗を低減し、加速時のエンジントルクを最大で約10%アップ。CVTオイルクーラーを装備したり、ラジエーターファンを強化タイプとしたりすることで、冷却性能の向上も図っている。

またボディーには、国内向けのスバル車としては今回が初の純正採用となるSTI製の「フレキシブルドロースティフナー リア」や、「フレキシブルドロースティフナー フロント」「フレキシブルタワーバー フロント」の3点のパーツを追加。操舵応答性とコーナリング時の走行安定性を大幅に向上させたという。

このほかにも、吸音材や制振剤の追加により、走行中の静粛性を改善。快適性の向上も図っている。

ボディーカラーは「セラミックホワイト」(特別設定色)と「アイスシルバー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」「WRブルー・パール」の全4色。価格は474万1000円。

なお、スバルは上述のWRX S4 STI Sport♯の概要とともに、カタログモデルの年次改良についても発表。カタログ燃費をWLTCモードに対応させるほか、「GT」「GT-S」の2グレードを廃止。今後のラインナップは、STI Sportのみのモノグレード構成となるという。

(webCG)

関連キーワード:
WRX S4, スバル, 自動車ニュース