クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

いよいよ本格始動! 新型「ヤリス」に見る“トヨタのベストセラー戦略”

2020.06.12 デイリーコラム

人気のジャンルもがっちりカバー

トヨタのコンパクトカー「ヤリス」の新型は後席が狭い。身長170cmの大人4人が乗車した場合、後席に座る乗員のひざ前空間は「握りコブシひとつ少々」だ。「ヴィッツ」を名乗った従来型の「握りコブシ2つ分」に比べて狭く感じる。しかも後席に座ると、腰が落ち込んでひざが持ち上がるから、ますます窮屈になった。ヤリスはリアゲートも大きく寝かされていて、荷室の床面積は相応に確保されているものの、背の高い荷物は積みにくい。

この点を開発者に尋ねると、「従来型に比べて、新型ヤリスでは前後席に座る乗員同士の距離が37mm近づきました。そのため足元空間も狭まっています。フロアと座面の間隔も32mm短くなり、腰が落ち込む姿勢になっているのです」と返答された。

なぜヤリスの後席がヴィッツ(先代モデル)よりも狭くなったのか理由を尋ねると「商品戦略に起因するものです。ヤリスは新開発されたプラットフォームとエンジンを採用していて、1車種だけの専用設計になることは考えられていません」と説明した。つまり、これからヤリスとプラットフォームやエンジンを共通化した複数の新型車が登場するわけだ。ヤリスはその第1弾にすぎない。

今後発売される車種のひとつが、2020年秋に登場すると公表されたSUV風モデルの「ヤリスクロス」だ。エンジンやプラットフォームはヤリスと共通で、“ヤリス”の名称も使われてはいるが、ボディーパネルは大きく異なる。ヤリスより全長が240mm、全幅も70mm大きい3ナンバー車だから、ヤリスに外装部品を加えただけの派生モデルではない。

ヤリスクロスのエンジンは、1.5リッター直列3気筒のガソリンとハイブリッドで、駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDがある。2WDの価格は中級グレードの場合で、ガソリンエンジン車が218万円、ハイブリッド車は253万円ほどと予想される。

この価格は、例えば「ヤリスZ」に比べて約25万円高い。同じトヨタのSUVと比べると、1リッターの直列3気筒ターボを搭載する「ライズZ」を12万円ほど上回る。逆に1.2リッター直列4気筒ターボの「C-HR S-T」(2WD車)に比べると20万円ほど安い。

このようにトヨタは、ヤリスクロスを加えることで、綿密なSUVのラインナップを築く。「ライズ」「ヤリスクロス」「C-HR」「RAV4」「ハリアー」は、同等の位置付けのグレード同士で価格を比べると、おおむね12~30万円の差額で並ぶ。かつて同社が、「スターレット」「ターセル/コルサ/カローラII」「カローラ&スプリンター」「カリーナ」「コロナ」と車種をそろえたのと同様、さまざまニーズと予算に細かく対応できるSUVの商品群を構築するのだ。

2020年2月に国内販売がスタートした新型「トヨタ・ヤリス」。現在は3種類のパワートレインをそろえ、全18グレードがラインナップされている。
2020年2月に国内販売がスタートした新型「トヨタ・ヤリス」。現在は3種類のパワートレインをそろえ、全18グレードがラインナップされている。拡大
新型「ヤリス」のカットモデル。基本的なメカニズムが異なるモデルも含め、ヤリスの名を持つ車種は増えつつある。
新型「ヤリス」のカットモデル。基本的なメカニズムが異なるモデルも含め、ヤリスの名を持つ車種は増えつつある。拡大
トヨタの新型SUV「ヤリスクロス」は、2020年秋の発売が予定されている。プラットフォームは「ヤリス」と共通でヤリス名も添えられてはいるが、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4180×1765×1560mmと、ヤリスよりもひと回り大きい。
トヨタの新型SUV「ヤリスクロス」は、2020年秋の発売が予定されている。プラットフォームは「ヤリス」と共通でヤリス名も添えられてはいるが、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4180×1765×1560mmと、ヤリスよりもひと回り大きい。拡大
こちらは、ダイハツが開発を担当したコンパクトSUV「トヨタ・ライズ」。2020年5月の“通称名別の販売実績”で「ヤリス」に次ぐ2位となるなど、好調なセールスを見せている。今後は「ヤリスクロス」も加わり、トヨタのSUVラインナップは一段と強固なものになる。
こちらは、ダイハツが開発を担当したコンパクトSUV「トヨタ・ライズ」。2020年5月の“通称名別の販売実績”で「ヤリス」に次ぐ2位となるなど、好調なセールスを見せている。今後は「ヤリスクロス」も加わり、トヨタのSUVラインナップは一段と強固なものになる。拡大
トヨタ の中古車

急拡大するヤリスブランド

トヨタはSUVが売れ筋のカテゴリーとして定着した時期を見計らい、ラインナップを一気に充実させる戦略だ。そして日本のSUV市場をゴッソリと手中におさめる。過去にはコンパクトカーやミニバンなどでも、同様のやり方でトヨタは売り上げを伸ばしてきた。

またヤリスと基本部分を共通化した空間効率の優れた車種としては、かつての「ファンカーゴ」に相当する背の高いコンパクトカーも計画されている。ヤリスは前席優先の設計で、先代にあたるヴィッツに比べると後席と荷室が狭くなったが、これを補う車種が今後登場するわけだ。

現時点で車内の広いコンパクトカーとして、トヨタはダイハツ製の「ルーミー/タンク」を用意するが、これはトヨタ車ユーザーが軽自動車市場に流出するのを抑えるべく約2年という短期間で開発された。そのためにエンジンとプラットフォームは「パッソ」がベースで(ライズなどに使われる新しいDNGAは間に合わなかった)、走行性能においては不満な点も散見される。これを踏まえて、あらためてヤリスのエンジンとプラットフォームを使った“背の高い上質なコンパクトカー”を投入する。

高性能モデルの「GRヤリス」については、すでに1.6リッター直3ターボを搭載する「RC」「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」に1.5リッター直3モデル「RS」を加えた計4車種が発表されている。これにヤリスクロスなども加えてシリーズ化する。その背景には、ヤリスをブランドの一種として訴求して、小型車/普通車の登録台数ナンバーワンをねらう意図があるだろう。

このねらいは成功する可能性が高い。なぜなら従来のヴィッツはネッツ店のみの取り扱いだったが、2020年5月からは、トヨタの全店でトヨタ全車が売られるようになったからだ。ヤリスを販売する店舗は、ヴィッツ時代の1450店舗から4600店舗へと急増した。そうなると今までネッツ店以外で「アクア」やパッソを購入していたユーザーも、販売店を変えずにヤリスに乗り換えることが可能になる。そこにヤリスクロスなどの派生車種も加わって、売れ行きは伸びていく。

逆にヤリスシリーズへの乗り換えが進んだ結果、売れ行きに影響のあるトヨタ車も出てくる。これを廃止して合理化を図ることも、全店が全車を扱う目的のひとつだ。ただ、そうなるとユーザーの選択肢が狭まることも考えられる。この不利を補うためにも、トヨタには、ヤリスと基本部分を共通化した魅力的な新型車を積極的に投入してほしい。それがユーザーの満足度を高め、トヨタ車の売れ行きを活性化することにもつながるはずだ。

(文=渡辺陽一郎/写真=トヨタ自動車/編集=関 顕也)

初代「トヨタ・ヴィッツ」のプラットフォームを使って開発された、トールワゴン「ファンカーゴ」(1999年)。これに似た背の高いモデルが、新型「ヤリス」の派生車種として出てくるはずだ。
初代「トヨタ・ヴィッツ」のプラットフォームを使って開発された、トールワゴン「ファンカーゴ」(1999年)。これに似た背の高いモデルが、新型「ヤリス」の派生車種として出てくるはずだ。拡大
スポーツモデル「GRヤリス」は、WRC(世界ラリー選手権)のホモロゲーション取得を目的につくられた。国内での発売時期は2020年9月になる見込み。
スポーツモデル「GRヤリス」は、WRC(世界ラリー選手権)のホモロゲーション取得を目的につくられた。国内での発売時期は2020年9月になる見込み。拡大
「ヤリス」ファミリーの顔ぶれからは、入念に計画されたトヨタの戦略が見えてくる。車名はどうあれ、ヤリスと基本部分を共通化した魅力的な新型車の登場を期待したい。
「ヤリス」ファミリーの顔ぶれからは、入念に計画されたトヨタの戦略が見えてくる。車名はどうあれ、ヤリスと基本部分を共通化した魅力的な新型車の登場を期待したい。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。