いよいよ本格始動! 新型「ヤリス」に見る“トヨタのベストセラー戦略”

2020.06.12 デイリーコラム

人気のジャンルもがっちりカバー

トヨタのコンパクトカー「ヤリス」の新型は後席が狭い。身長170cmの大人4人が乗車した場合、後席に座る乗員のひざ前空間は「握りコブシひとつ少々」だ。「ヴィッツ」を名乗った従来型の「握りコブシ2つ分」に比べて狭く感じる。しかも後席に座ると、腰が落ち込んでひざが持ち上がるから、ますます窮屈になった。ヤリスはリアゲートも大きく寝かされていて、荷室の床面積は相応に確保されているものの、背の高い荷物は積みにくい。

この点を開発者に尋ねると、「従来型に比べて、新型ヤリスでは前後席に座る乗員同士の距離が37mm近づきました。そのため足元空間も狭まっています。フロアと座面の間隔も32mm短くなり、腰が落ち込む姿勢になっているのです」と返答された。

なぜヤリスの後席がヴィッツ(先代モデル)よりも狭くなったのか理由を尋ねると「商品戦略に起因するものです。ヤリスは新開発されたプラットフォームとエンジンを採用していて、1車種だけの専用設計になることは考えられていません」と説明した。つまり、これからヤリスとプラットフォームやエンジンを共通化した複数の新型車が登場するわけだ。ヤリスはその第1弾にすぎない。

今後発売される車種のひとつが、2020年秋に登場すると公表されたSUV風モデルの「ヤリスクロス」だ。エンジンやプラットフォームはヤリスと共通で、“ヤリス”の名称も使われてはいるが、ボディーパネルは大きく異なる。ヤリスより全長が240mm、全幅も70mm大きい3ナンバー車だから、ヤリスに外装部品を加えただけの派生モデルではない。

ヤリスクロスのエンジンは、1.5リッター直列3気筒のガソリンとハイブリッドで、駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDがある。2WDの価格は中級グレードの場合で、ガソリンエンジン車が218万円、ハイブリッド車は253万円ほどと予想される。

この価格は、例えば「ヤリスZ」に比べて約25万円高い。同じトヨタのSUVと比べると、1リッターの直列3気筒ターボを搭載する「ライズZ」を12万円ほど上回る。逆に1.2リッター直列4気筒ターボの「C-HR S-T」(2WD車)に比べると20万円ほど安い。

このようにトヨタは、ヤリスクロスを加えることで、綿密なSUVのラインナップを築く。「ライズ」「ヤリスクロス」「C-HR」「RAV4」「ハリアー」は、同等の位置付けのグレード同士で価格を比べると、おおむね12~30万円の差額で並ぶ。かつて同社が、「スターレット」「ターセル/コルサ/カローラII」「カローラ&スプリンター」「カリーナ」「コロナ」と車種をそろえたのと同様、さまざまニーズと予算に細かく対応できるSUVの商品群を構築するのだ。

2020年2月に国内販売がスタートした新型「トヨタ・ヤリス」。現在は3種類のパワートレインをそろえ、全18グレードがラインナップされている。
2020年2月に国内販売がスタートした新型「トヨタ・ヤリス」。現在は3種類のパワートレインをそろえ、全18グレードがラインナップされている。拡大
新型「ヤリス」のカットモデル。基本的なメカニズムが異なるモデルも含め、ヤリスの名を持つ車種は増えつつある。
新型「ヤリス」のカットモデル。基本的なメカニズムが異なるモデルも含め、ヤリスの名を持つ車種は増えつつある。拡大
トヨタの新型SUV「ヤリスクロス」は、2020年秋の発売が予定されている。プラットフォームは「ヤリス」と共通でヤリス名も添えられてはいるが、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4180×1765×1560mmと、ヤリスよりもひと回り大きい。
トヨタの新型SUV「ヤリスクロス」は、2020年秋の発売が予定されている。プラットフォームは「ヤリス」と共通でヤリス名も添えられてはいるが、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4180×1765×1560mmと、ヤリスよりもひと回り大きい。拡大
こちらは、ダイハツが開発を担当したコンパクトSUV「トヨタ・ライズ」。2020年5月の“通称名別の販売実績”で「ヤリス」に次ぐ2位となるなど、好調なセールスを見せている。今後は「ヤリスクロス」も加わり、トヨタのSUVラインナップは一段と強固なものになる。
こちらは、ダイハツが開発を担当したコンパクトSUV「トヨタ・ライズ」。2020年5月の“通称名別の販売実績”で「ヤリス」に次ぐ2位となるなど、好調なセールスを見せている。今後は「ヤリスクロス」も加わり、トヨタのSUVラインナップは一段と強固なものになる。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(後編) 2020.10.22 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝がハイブリッドの「トヨタ・ヤリス クロス」にワインディングロードで試乗。セールス好調が伝えられる新型コンパクトSUVの仕上がりを、走りのプロはどう評価する?
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(前編) 2020.10.15 谷口信輝の新車試乗 人気車種ひしめくコンパクトSUV市場に新たに投入された、トヨタのニューモデル「ヤリス クロス」。期待の新型車に対する、レーシングドライバー谷口信輝のファーストインプレッションは?
ホームへ戻る