“クラシック”はカネになる? これがスポーツカービジネスの新たな道

2020.06.19 デイリーコラム

歴史あるブランドだからこそ

ポルシェが「ヘリテージデザインエディション」という新シリーズを展開すると発表した。ポルシェのデザインチームとカスタマイズチームである「ポルシェエクスクルーシブマニュファクトゥール」が企画するもので、第1弾として「911タルガ4S」ベースのヘリテージデザインエディションが発表されている。全4モデルを展開する予定だ。

自らのヘリテージを最新モデルに応用する手法そのものは、最近のポルシェに珍しいことではない。それにクラシックポルシェの人気が高まり一部モデルの流通相場が“天上界”に達した今、そのイメージを活用することは、メーカーのみならずファンにとってもうれしい話だと思う。ポルシェが「911」シリーズというブランドアイコンのスポーツカーを、基本コンセプトを変えずに現代まで進化させてきたからこそ、ヘリテージの応用もまた“しっくり”くる。

もっともブランドのヘリテージを積極的に利用しようという試みはポルシェに限った話ではない。歴史あるブランドは皆、そうしている。否、自動車ブランドにとっての歴史とはそういう風にも使えるからこそ価値がある、のかもしれない。なぜか。

自動車が「100年に一度の(つまりは生まれて初めての)大変革を迎えている」と言われて久しい。環境と安全を筆頭に解決すべき課題は多く、スポーツカーとてその例外ではない。一方でスポーツカーは常に進化を顧客から求められる存在だ。旧型からの性能向上は当たり前であって、同時に社会的責任を果たすべく環境や安全に対する性能も引き上げる必要に迫られている。結果、すさまじいまでの高性能を、ドライバーではなく車体自らが制御する方向へと間違いなく向かっている。そのほうが安全で環境にもいいからだ。さらには燃費に限らず厳しい騒音規制など、スポーツカーにとっての存在理由である“官能性”を大いに削(そ)ぎかねない事態も迫ってきた。

ポルシェの限定車「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」。新型「911タルガ4S」をベースに、1950年代~60年代初頭のデザインを思わせるドレスアップが施されている。
ポルシェの限定車「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」。新型「911タルガ4S」をベースに、1950年代~60年代初頭のデザインを思わせるドレスアップが施されている。拡大
「ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内価格は、「911タルガ4S」の556万円高となる2616万円。特別感を醸す一台、高いか、安いか?
「ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内価格は、「911タルガ4S」の556万円高となる2616万円。特別感を醸す一台、高いか、安いか?拡大
リアには特別な限定車であることを示すエンブレムも添えられる。
リアには特別な限定車であることを示すエンブレムも添えられる。拡大
「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」をリリースするにあたり、ポルシェはあえて、こうした“古くさい背景”の写真を用意した。その違和感のなさから、ポルシェのカスタマイズは成功したといえそうだ。
「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」をリリースするにあたり、ポルシェはあえて、こうした“古くさい背景”の写真を用意した。その違和感のなさから、ポルシェのカスタマイズは成功したといえそうだ。拡大
ポルシェ 911タルガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
ホームへ戻る