運動性能がレベルアップした「レクサスLC500/500h」発売

2020.06.18 自動車ニュース
レクサスLC(写真は北米仕様)
レクサスLC(写真は北米仕様)拡大

トヨタ自動車は2020年6月18日、一部仕様を変更したレクサスのフラッグシップクーペ「LC500/500h」を発売した。

 
運動性能がレベルアップした「レクサスLC500/500h」発売の画像拡大
「LC500/500h」の仕様変更と同時に、LC500のオープントップバージョン「レクサスLC500コンバーチブル」(写真右下)の国内デビューも発表された。
「LC500/500h」の仕様変更と同時に、LC500のオープントップバージョン「レクサスLC500コンバーチブル」(写真右下)の国内デビューも発表された。拡大

2017年3月の国内デビュー以来、2018年夏に仕様変更が実施されたレクサスLC500/500h。今回新たに、「クルマや路面との対話を感じられる“一体感のある走り”の実現」を掲げ、基本性能の向上が図られた。

具体的な変更点は、以下の通り。

  • フロントサスペンションのアルミ製ロアアームの採用と、リアスタビライザーバーの中空化、高強度材を用いたコイルスプリングの装着、ディスクホイールの軽量化(21インチのリアアルミホイールのみ)などにより、ばね下重量を約3.7kg軽減。また、バウンドストッパーの特性変更やAVS(アダプティブバリアブルサスペンションシステム)によるショックアブソーバーの伸び側減衰力の独立制御により、路面変化に対する追従性の高い、しなやかなサスペンションの動きを実現した(上質な乗り心地に寄与)。
  • ショックアブソーバーの、伸び側と縮み側を独立制御するAVSの制御をそれぞれ変更することで応答性を高め、サスペンションの質量低減効果を最大限発揮できる仕様とした。加えてEPS(電動パワーステアリング)の制御を変更し、より滑らかでリニアな応答が可能に。優れた操舵レスポンスやライントレース性を実現した。アンダーステアを抑制するACA(アクティブコーナリングアシスト)も採用している。
  • 日常生活時の走行シーンにおいて、LCが持ち味とする滑らかでパワフルな加速性能を感じられる駆動力特性を追求。ガソリンモデルでは、停止状態から100km/h前後までの速度域において、より気持ちのいい加速と強い伸び感、心地よいエンジンサウンドが楽しめるよう配慮した。ハイブリッドモデルでは、バッテリーの使用領域を拡大することでモーターからのトルクアシストを増幅させ、駆動力を向上させた。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • LC500:1350万円
  • LC500“Lパッケージ”:1350万円
  • LC500“Sパッケージ”:1450万円
  • LC500h:1400万円
  • LC500h“Lパッケージ”:1400万円
  • LC500h“Sパッケージ”:1500万円

同時に、LC500のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」を2020年7月15日に発売することもアナウンスされた。

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • 「レクサスLC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」登場 台数60台限定の特別仕様車も設定 2020.6.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月18日、レクサスのフラッグシップクーペ「LC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」を同年7月15日に発売すると発表した。同時に特別仕様車「“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”」も設定し、台数60台の限定で販売する。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
ホームへ戻る