新型「日産エクストレイル」の海外版がデビュー 日本仕様はどうなる?

2020.06.29 デイリーコラム

ひそかにお披露目された次期型エクストレイル

2020年6月24日に「ジューク」の後を受け継ぐコンパクトクロスオーバーとして「日産キックス」が発表された。既に海外展開されている世界戦略車ということもあり、その価格と仕様に注目していた。

電動パワートレイン「e-POWER」と運転支援機能「プロパイロット」の全車標準搭載は歓迎すべき点だが、エントリー価格の高さには少しショックを覚えた。現在も販売されているジュークの最廉価グレードは201万1900円。一方のキックスは275万9900円からとなる。この価格帯だと他の選択肢も見えてくる。他社はもちろんだが、日産にも「エクストレイル」がある。こちらの最廉価グレードは248万2700円、ハイブリッドでも288万2000円からとなる。

しかし、現行エクストレイルも、早いもので登場から7年目に突入。そろそろ新型が気になるころだ。実はつい最近、海の向こうで日産は、海外向けの新型SUVを発表している。その一台こそ、次期エクストレイルの行方を左右する重要な存在なのだ。

北米日産は2020年6月15日、次期型となる新型「ローグ」をアンベールした。ローグは海外展開される日産のミッドサイズSUVのひとつだが、先代モデルからエクストレイルと統合され、姉妹車となっている。つまり、日産が選択と集中という戦略をあらためて強調する今、新型ローグは次期型エクストレイルにほかならない。

北米日産がお披露目した次期型「日産ローグ」。発売は2020年秋が予定されている。
北米日産がお披露目した次期型「日産ローグ」。発売は2020年秋が予定されている。拡大
こちらは現行型の「ローグ」。日本で親しまれている「エクストレイル」そのものだ。
こちらは現行型の「ローグ」。日本で親しまれている「エクストレイル」そのものだ。拡大
日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • EVの見方が変わるSUV 「日産アリア」のここに注目! 2020.7.24 デイリーコラム 2021年に発売される日産の電気自動車「ARIYA(アリア)」。同社はこのクロスオーバーEVを“革新的な一台”とアピールするが……? その注目すべき長所について、開発担当者に話を聞いた。
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ホンダe(RWD)【試乗記】 2021.1.23 試乗記 「ホンダe」が素晴らしいのは運転してワクワクできるところだ。航続可能距離の短さがデメリットのようにいわれているけれど、それこそがホンダeの持つ強みだ……と筆者は主張するのだった。
ホームへ戻る