「日産ローレル」を通して学ぶ 国産ハードトップ車通史

2020.07.08 デイリーコラム
イベント会場は、かつて「ローレル」がつくられた日産村山工場(もともと旧プリンスの工場)の跡地に近接した日産ディーラー。参加した歴代(全8世代、8台)の「ローレル ハードトップ」が周辺道路をパレード走行した。
イベント会場は、かつて「ローレル」がつくられた日産村山工場(もともと旧プリンスの工場)の跡地に近接した日産ディーラー。参加した歴代(全8世代、8台)の「ローレル ハードトップ」が周辺道路をパレード走行した。拡大

2020年6月21日、東京都武蔵村山市にある東京日産 新車のひろば 村山店で「日産ローレル ハードトップ 生誕50周年」記念イベントが開かれ、歴代「ローレル」のハードトップが集結した。それらを眺めながら、あらためてローレルというモデル、そしてハードトップというボディー形式について考えてみた。

1949年「キャデラック・クーペ ドゥビル」。世界初のピラーレスハードトップといわれるモデル。
1949年「キャデラック・クーペ ドゥビル」。世界初のピラーレスハードトップといわれるモデル。拡大
1957年「メルセデス・ベンツ300d」。メルセデス初のハードトップは、当時の最高級セダンがベースの4ドアハードトップだった。
1957年「メルセデス・ベンツ300d」。メルセデス初のハードトップは、当時の最高級セダンがベースの4ドアハードトップだった。拡大
1967年「トヨタ1600GT」。1965年に登場した国産初のハードトップである「トヨペット・コロナ ハードトップ」のボディーにクラス初となるDOHCエンジンを積んだ派生モデル。
1967年「トヨタ1600GT」。1965年に登場した国産初のハードトップである「トヨペット・コロナ ハードトップ」のボディーにクラス初となるDOHCエンジンを積んだ派生モデル。拡大
1971年「ダイハツ・フェローMAXハードトップ」。360cc規格時代の軽初のハードトップ。写真のようにレザートップ(ビニールレザー張りルーフ)もオプションで用意されていた。
1971年「ダイハツ・フェローMAXハードトップ」。360cc規格時代の軽初のハードトップ。写真のようにレザートップ(ビニールレザー張りルーフ)もオプションで用意されていた。拡大

ハードトップとは?

“ハードトップ”という自動車用語には基本的に2つの意味がある。ひとつは「マツダ・ロードスター」などのオープンカーに装着する取り外し可能なトップ。布製のソフトトップの対義語で、樹脂や金属などで作られた文字通り“固い屋根”である。もうひとつは、原則としてボディー側面からセンターピラー(Bピラー)を取り去り、ドアをサッシュレスとしたボディー形式。サイドウィンドウを下ろすと側面にピラーやサッシュが残らず、開放感のあるルックスが得られるというものだ。

ここで取り上げるハードトップは後者である。その元祖は1949年に登場した2ドアハードトップの「キャデラック・クーペ ドゥビル」といわれているが、1956年には4ドアハードトップの「キャデラック・セダン ドゥビル」もデビュー。1950年代末までには、シボレーやフォードなど大衆ブランドを含むアメリカ車のほとんどのメイクが2/4ドアハードトップをラインナップしていた。

アメリカ車以外では、意外なことにメルセデスが早く、1957年「300d」(W189)で4ドアハードトップを、1961年「220SEbクーペ」(W111)で2ドアハードトップを採用している。

日本では、トヨタが1965年に発売した「トヨペット・コロナ ハードトップ」で先鞭(せんべん)をつけた。続いて1968年には「コロナ マークII」および「クラウン」にも同様の2ドアハードトップを設定。翌1969年に登場した「マツダ・ルーチェ ロータリークーペ」は、フロントドアの三角窓も取り去っていた。前後サイドウィンドウを下ろせば遮るものが何もないこのスタイルが、以後ハードトップの標準となった。

1970年に入ると、5月に三菱から「コルト・ギャラン ハードトップ」が登場。翌6月に日産から、今回の主役である「ローレル ハードトップ」がようやくデビュー。日産初のハードトップではあるが、日産はその流行には明らかに後れをとっていた。ちなみに翌1971年にはダイハツが「フェローMAXハードトップ」をリリース。軽からクラウンや「セドリック/グロリア」級まで、しゃれたクルマといえばハードトップ、という時代がやってきたのである。

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事