モーガン・プラスシックス ツーリング(前編)

2020.07.09 谷口信輝の新車試乗 長い歴史を持つ英国のスポーツカーブランド、モーガン。その最新モデル「プラスシックス」では、どんな走りが楽しめる? レーシングドライバー谷口信輝がワインディングロードでムチをあてた。

出だしで思わず「ニヤリ」

モーガン・プラスシックスのことを「スポーツカー界のシーラカンス」と呼ぶのはふさわしくない。スタイリングは、たしかに戦前のスポーツカーのようにも見えるが、最新の「BMW Z4」や「トヨタ・スープラ」と同じ型式のB58型直列6気筒ターボエンジンを積んでいると聞けば誰もが驚くに違いない。

いっぽうのシャシーは相変わらず部分的に木製メンバーが採用されているものの、主たる構造体はアルミを接着剤とリベットで貼り合わせた最新設計で、重量はわずか98kgながらねじり剛性は従来型の100%増しを達成しているという。

そんなプラスシックスを、われらが谷口信輝にいつものワインディングロードで試乗してもらったのだが、彼がシャープなレスポンスのハンドリングを愛してやまないことは皆さんもご存じのとおり。少なくとも見かけは旧態依然としたモーガンに谷口が厳しい言葉を投げかけてもまったく不思議ではなかったのだが、運転席から降り立った谷口の表情は意外にも柔和で優しげだった。

そこで「ひょっとしてニコニコしている?」と尋ねると、「わかりますか?」と明るい表情で答えてくれたのである。
「最初に、この駐車場から出るのにハンドルを切ったんですが、切っても切ってもなかなか曲がってくれないのにまず驚きました。なんだかステアリングの遊びが多いし、直進付近の反応もダルダルで、サスペンションだってどっちかというとフニャフニャのような感じがしたんです」

「実際に走り始めてからも、ピッチングやローリングの動きはかなり大きめ。だから、『まあ、こんなもんね』と軽く侮りながら、でもニンマリとほくそ笑みながら走りだしたんですが、ストレートでアクセル踏んだらすさまじい加速力で度肝を抜かれました」

 
モーガン・プラスシックス ツーリング(前編)の画像拡大
 
モーガン・プラスシックス ツーリング(前編)の画像拡大
 
モーガン・プラスシックス ツーリング(前編)の画像拡大
 
モーガン・プラスシックス ツーリング(前編)の画像拡大
関連記事
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
  • モーガン・プラスシックス ツーリング(FR/8AT)【試乗記】 2020.6.23 試乗記 往年のクルマづくりを今日に伝えるモーガンの基幹モデルが、ついにフルモデルチェンジ。新開発のアルミシャシーにモダンなサスペンション、BMWゆずりの直6ターボを搭載した新型「プラスシックス」は、それでも“まがうかたなきモーガン”に仕上がっていた。
  • モーガン・ロードスター(FR/6MT)【試乗記】 2019.3.8 試乗記 古式ゆかしき“クルマづくり”を今日も守り続ける英国のスポーツカーメーカー、モーガン。そのラインナップの中でも、3.7リッターV6エンジンを搭載したホットモデル「ロードスター」に試乗。富士山麓でのドライブを楽しみつつ、良き時代に思いをはせた。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.9 試乗記 戦前のクルマづくりを今日に伝える英モーガンのスポーツカー「4/4」。1936年に誕生した“新車で買えるクラシックカー”は、のぞき込んでも乗ってみても、現代のクルマとは似るところがなく、付き合うほどに発見のある興味のつきない一台だった。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
ホームへ戻る