第623回:形から入るのがスキルアップの近道だ! webCG記者がeスポーツに初挑戦

2020.07.09 エディターから一言

初めてのeスポーツ

webCG編集部にeスポーツがやってきた。ジャンルはもちろんレーシングゲーム、タイトルはPlayStation 4用ソフトの『グランツーリスモSPORT』である。

正直に書くと筆者は『グランツーリスモ スポーツ』をプレイするのは初めて。家庭用のゲーム機は1992年発売の「スーパーファミコン」までしか体験していないので、まずは美麗なグラフィックに面食らう。ほとんど実車というか、録画した映像を見ているかのようだ。運転席視点からプレイしてみると、実車と同じダッシュボードがきちんと表示され、ボタン操作に応じて速度計やエンジン回転計の針も動く。このあたりは最新のゲームであれば当たり前なのかもしれない。

選べるクルマの種類は幅広く、著名なスポーツカーや歴史的名車に加えて、どうやって走行データを取ったのか、モーターショーで見たようなコンセプトカーもそろっている。走らせられるコースもまた多彩で、富士スピードウェイや鈴鹿サーキット、さらには首都高速などもある。ニュルブルクリンクというのも魅力的だ。

先に書いたようにゲームは細かなところまでつくり込まれており、クルマの挙動も実車のようだ。しかしながら筆者の興味は長くは続かず、ひとしきり遊んだ後はコントローラーを放り出し、業務に戻ってしまった。生来の飽きっぽい性格もあるだろう。また、いつになく勤勉さを発揮してしまったということも多少はある。しかし、ゲームを投げ出してしまった理由の第一は、ほかならぬコントローラーにあった。

これが『スーパーマリオブラザーズ』のようなゲームだったら違ったのかもしれないが、何しろ今回動かすのはクルマである。ボタンでチマチマと操作しても、一向に没入できなかったのである。

webCG編集部に『グランツーリスモSPORT』がやってきた。
webCG編集部に『グランツーリスモSPORT』がやってきた。拡大
ゲーム内で使えるお金を稼ぐなどすると、使用できるクルマがどんどん増えていく。三菱オーナーの筆者は「ランサーエボリューションXファイナルエディション」をチョイスした。
ゲーム内で使えるお金を稼ぐなどすると、使用できるクルマがどんどん増えていく。三菱オーナーの筆者は「ランサーエボリューションXファイナルエディション」をチョイスした。拡大
チャレンジできるコースも豊富。こうしてコース図を見ると、自動車メーカーが「ニュルブルクリンクで鍛えてきた」ことを売りにしたくなるのが理解できる。
チャレンジできるコースも豊富。こうしてコース図を見ると、自動車メーカーが「ニュルブルクリンクで鍛えてきた」ことを売りにしたくなるのが理解できる。拡大
ダッシュボードまわりは実車を忠実に再現している。オートマ仕様でプレイしても、変速時には画面内のドライバーがステアリングから手を放してギアチェンジするなど演出が細かい。
ダッシュボードまわりは実車を忠実に再現している。オートマ仕様でプレイしても、変速時には画面内のドライバーがステアリングから手を放してギアチェンジするなど演出が細かい。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事