フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ!

2020.07.10 デイリーコラム

電動化時代の意欲作

2019年から展開されているプジョーのブランドスローガン「MOTION & e-MOTION」は一目瞭然。販売車両のすべてを電動化して、内燃機と同列化していくという決意の表明です。ちなみにそれ以前のスローガンは「MOTION & EMOTION」だったから、うまいことやったもんです。

去る2020年7月2日にオンラインで行われた新しいプジョー208のローンチイベントを見ていて強く感じたのは、まさにこの意向が色濃く表現されていたことです。具体的にいえば、ガソリンモデルの「208」と電気自動車(BEV)の「e-208」が同時にお披露目されただけでなく、その扱いも全く同列。そこには性能面でも機能面でも電動車両のプライオリティーをイキって誇示すること自体が旧態的であって、内燃機でもBEVでもあなたの用途や価値観でフラットに選べばいいんじゃない? というブランドのクレバーなメッセージが見えてきます。

そんな話を“地に足のついたもの”にしたのが、グループPSAの新しいアーキテクチャー「CMP」です。CMPはコモン・モジュラー・プラットフォームの略。その名の通り、ブランド全体のBセグメント以下級のモデル群をカバーするアーキテクチャーとして2019年の「DS 3クロスバック」から用いられています。そして新型208では、このアーキテクチャーがいかに少ない工数でBEVに転用できるかが初めて世に示されたわけです。

e-208のパッケージは従来型のエンジンやトランスミッションがおさまるボンネット下にモーターやパワーコントロールユニットなどを集約的にマウントし、バッテリーは前席下部やセンタートンネル、燃料タンク部などに凝縮しておさめています。つまり、内燃機モデルの白場を徹底的に生かして衝突安全性能などを担保しつつ、重量増加に対して補強を施すなどの手間でBEV化を成立させたのです。

2019年3月に世界初公開された新型「プジョー208」。2020年7月2日にようやく国内販売がスタートした。(写真は欧州仕様車)
2019年3月に世界初公開された新型「プジョー208」。2020年7月2日にようやく国内販売がスタートした。(写真は欧州仕様車)拡大
ボディーサイズは、「208アリュール」の場合で全長×全幅×全高=4095×1745×1445mm。先代と比べた場合、前後に120mm長くなり、車幅は5mmだけ拡大。全高は25mm低くなった。(写真は欧州仕様車)
ボディーサイズは、「208アリュール」の場合で全長×全幅×全高=4095×1745×1445mm。先代と比べた場合、前後に120mm長くなり、車幅は5mmだけ拡大。全高は25mm低くなった。(写真は欧州仕様車)拡大
EVバージョン「e-208」のベアシャシー。バッテリーは車体のセンター、前席下に搭載されている。(写真は欧州仕様車のもので、左上が車体前方)
EVバージョン「e-208」のベアシャシー。バッテリーは車体のセンター、前席下に搭載されている。(写真は欧州仕様車のもので、左上が車体前方)拡大
プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る