「ホンダ・シビック タイプRリミテッドエディション」が鈴鹿サーキットでFF車最速タイムを記録

2020.07.10 自動車ニュース
ホンダ・シビック タイプRリミテッドエディション(最終開発車両)
ホンダ・シビック タイプRリミテッドエディション(最終開発車両)拡大

本田技研工業は2020年7月9日、同年秋に発売予定の限定モデル「ホンダ・シビック タイプRリミテッドエディション」の最終的な性能評価走行テストを鈴鹿サーキットで行い、FF車で最速となる2分23秒993のラップタイムを記録したと発表した。

従来モデルの球形から、ティアドロップ型に形状が変更されたシフトノブ。
従来モデルの球形から、ティアドロップ型に形状が変更されたシフトノブ。拡大
一本当たり2.5kgの軽量化を実現したというBBS製の鍛造アルミホイールを装着。
一本当たり2.5kgの軽量化を実現したというBBS製の鍛造アルミホイールを装着。拡大
鈴鹿サーキットで行われた「シビック タイプRリミテッドエディション」最終開発車両のテスト風景。
鈴鹿サーキットで行われた「シビック タイプRリミテッドエディション」最終開発車両のテスト風景。拡大

シビック タイプRリミテッドエディションは、「シビック タイプR」をベースにさらなる軽量化や専用タイヤの採用のほか、可変ダンパーの専用チューニングなどを通して高い運動性能を追求した台数200台限定のモデル。今回の走行テストは量産前の最終開発車両で実施された。

リミテッドエディション専用のBBS製20インチ鍛造アルミホイールにサーキットパフォーマンスに優れたハイグリップ20インチ専用タイヤ(ミシュラン・パイロットスポーツCup2)を組み合わせ、アダプティブダンパーシステムとEPSに専用セッティングを施したという。

同モデルの生産は英国ホンダ(Honda of The U.K. Manufacturing Ltd.)で行われ、欧州と日本、北米を含む世界各国で販売される予定。

(webCG)

関連キーワード:
シビック, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る