番外編:KeePerでバイパーはホントにキレイになるか?

2020.07.24 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
KeePer LABO足立店にて「EXキーパー」の施工を受ける、webCGほったの「ダッジ・バイパー」。
KeePer LABO足立店にて「EXキーパー」の施工を受ける、webCGほったの「ダッジ・バイパー」。拡大

カーコーティングで有名なKeePer技研から、「新しいコーティングを試してみませんか?」とのお誘いが。青空駐車の「ダッジ・バイパー」は本当にキレイになるのか? そもそも、こんなヤレヤレのクルマでも施工は受けられるものなのか? webCG編集部員が、最新のカーコーティングをリポートする。

今年で齢(よわい)20年となるわが「バイパー」。遠くから見るとそうでもないが、細かいところを見ていくと……。
今年で齢(よわい)20年となるわが「バイパー」。遠くから見るとそうでもないが、細かいところを見ていくと……。拡大
蛍光灯の明かりに浮かぶポツポツは雨滴ではない。塗装の下に気泡が浮いてきているのである。
蛍光灯の明かりに浮かぶポツポツは雨滴ではない。塗装の下に気泡が浮いてきているのである。拡大
リアスポイラーの塗装のひび割れは、白い下地が見えるほど進行していた。
リアスポイラーの塗装のひび割れは、白い下地が見えるほど進行していた。拡大
ルーフに見るクリアの痛み。ここまでくると、もうコーティングうんぬん以前の問題だろう。
ルーフに見るクリアの痛み。ここまでくると、もうコーティングうんぬん以前の問題だろう。拡大
『おとといきやがれ』は夏目知幸がボーカルを務めたバンド、シャムキャッツの2ndアルバム『たからじま』に収録されている楽曲である。写真は、記者が移動用の音楽を保存しているウォークマン。置き場がないので、いつも灰皿に挿して使っている。
『おとといきやがれ』は夏目知幸がボーカルを務めたバンド、シャムキャッツの2ndアルバム『たからじま』に収録されている楽曲である。写真は、記者が移動用の音楽を保存しているウォークマン。置き場がないので、いつも灰皿に挿して使っている。拡大

ありがたいお話に二の足を踏む理由

今日も今日とて編集作業に忙殺されていた初夏の昼下がり。シマの向かいに座るマーケティング担当の大和女史が言った。

大和女史(以下、大和):ほったさん。カーコーティングに興味ありますよね?

いきなりナニゴトかと問うと、なんでも洗車用ケミカル剤やカーコーティング&洗車事業を手がけるKeePer技研から、「新商品の『EXキーパー』が好評なので、webCGさんも試してみませんか?」とお誘いがあった由。そこでわがバイパーに白羽の矢が立ったというか、女史が矢をぶっ刺してきた次第のようだ。ありがたい話である。

大和女史がこう話しかけてきた場合、それは確認ではない。指示でもない。「今回の取材はほったさんが担当と(私の中で)決まりましたので、よろしく」という決定事項の伝達である。われらぺーぺー編集部員の返事は、「はい」か「イエス」のどちらかしかないのである。

もっとも、今回の件については、その筋のプロフェッショナルがマイカーをコーティングしてくれるというのだ。喜んで取材に赴くことこそあれ、なんのためらう理由があろう? 親愛なる読者諸兄姉は首をかしげることだろう。

それがね、あるんすよ。

当ページの写真をご覧いただきたい。わがバイパーの現状だ。クリアはめくれ、気泡が浮き、場所によっては亀裂から下地が見えているありさまである。こんなクルマをお店に持ってってごらんなさいよ。夏目知幸じゃなくても「おとといきやがれ」と言うことだろう。いざ現場で問題になっても困るので、上述の懸念を大和女史に相談。ついてはバイパーの現状を撮影し、写真を先方に送って事前確認を取ることとなった。回答は以下のとおりである。

「(施工店に)確認しまして、恐らく大丈夫だろうとのことでしたのでぜひご施工できればと思います」

「言質は取りましたね(ニヤリ)」という大和女史に、いや、そういう問題じゃないでしょ、と嘆息。せめて当日は同行してねと念を押し、記者はEXキーパーの体験取材に赴くこととなった。

ダッジ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事