第624回:「メルセデス・ベンツSクラス」がいよいよ新型に! 革新の「ユーザーインターフェイス」を解説する

2020.07.29 エディターから一言
新型「メルセデス・ベンツSクラス」と、同車に搭載される大型のタッチスクリーン。
新型「メルセデス・ベンツSクラス」と、同車に搭載される大型のタッチスクリーン。拡大

新型「メルセデス・ベンツSクラス」の発表に先駆け、独ダイムラーは同車に搭載する先進技術のデジタルカンファレンスをスタートした。全3回が予定されるカンファレンスのうち、今回は1回目で発表された先進的なユーザーインターフェイスについて解説する。

新型「メルセデス・ベンツSクラス」の発表に先駆けて実施される、全3回のデジタルカンファレンス。初回では新しいユーザーインターフェイスの概要が解説された。
新型「メルセデス・ベンツSクラス」の発表に先駆けて実施される、全3回のデジタルカンファレンス。初回では新しいユーザーインターフェイスの概要が解説された。拡大

Lセグメントのベンチマークがいよいよ世代交代

さる2020年7月8日、ダイムラーはコロナ禍の影響で延期されていた年次株主総会をリモートで開催。その席上、新型Sクラスを同年9月に初公開することをアナウンスした。

社内コードW223型になると目される新型Sクラスについては、公道テストが始まった2年近く前からカムフラージュが施された姿が幾度となくスクープされてきた。W222型でビジネスフォーマルリムジンとして好評を得たメルセデス・マイバッハモデルの継続も、既に公然化している。

こうした背景を受けてか、今秋の発表に先駆けてダイムラーはこの5月に新型Sクラスのフロントまわりを部分的に公開するというティーザーに打って出た。フラッグシップのフルモデルチェンジとあらば徹底的な秘匿で引っ張った末のワールドプレミア……というのが常套(じょうとう)だが、携帯端末やSNSがここまで普及したご時世では隠すより見せるという盛り上げ方もあると、ダイムラーとしてもそういう判断があったのだと察せられる。

そんな中、株主総会とあわせるように行われたのが、新型Sクラスに搭載予定の新技術にまつわるメディア向けのデジタルカンファレンスだ。この7〜8月にかけて3度にわたって行われるその最初のテーマとなったのは、ユーザーインターフェイス(以下、UI)だった。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • 第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ 2020.11.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、最高出力650PSを誇る最新の「ポルシェ911ターボSカブリオレ」を駆り、首都高・辰巳PAを訪れてみた。いまやそこは、オトナの走り屋たちの社交場と化しているようだった。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • メルセデス・ベンツE200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2019.12.4 試乗記 最高出力184PSの1.5リッター直4ターボエンジンに「BSG」と呼ばれるマイルドハイブリッド機構を組み込んだ「メルセデス・ベンツE200アバンギャルド」のパワートレイン。効率化と高性能化をうたうこのダウンサイジングユニットの実力を確かめた。
ホームへ戻る