クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第624回:「メルセデス・ベンツSクラス」がいよいよ新型に! 革新の「ユーザーインターフェイス」を解説する

2020.07.29 エディターから一言
新型「メルセデス・ベンツSクラス」と、同車に搭載される大型のタッチスクリーン。
新型「メルセデス・ベンツSクラス」と、同車に搭載される大型のタッチスクリーン。拡大

新型「メルセデス・ベンツSクラス」の発表に先駆け、独ダイムラーは同車に搭載する先進技術のデジタルカンファレンスをスタートした。全3回が予定されるカンファレンスのうち、今回は1回目で発表された先進的なユーザーインターフェイスについて解説する。

新型「メルセデス・ベンツSクラス」の発表に先駆けて実施される、全3回のデジタルカンファレンス。初回では新しいユーザーインターフェイスの概要が解説された。
新型「メルセデス・ベンツSクラス」の発表に先駆けて実施される、全3回のデジタルカンファレンス。初回では新しいユーザーインターフェイスの概要が解説された。拡大

Lセグメントのベンチマークがいよいよ世代交代

さる2020年7月8日、ダイムラーはコロナ禍の影響で延期されていた年次株主総会をリモートで開催。その席上、新型Sクラスを同年9月に初公開することをアナウンスした。

社内コードW223型になると目される新型Sクラスについては、公道テストが始まった2年近く前からカムフラージュが施された姿が幾度となくスクープされてきた。W222型でビジネスフォーマルリムジンとして好評を得たメルセデス・マイバッハモデルの継続も、既に公然化している。

こうした背景を受けてか、今秋の発表に先駆けてダイムラーはこの5月に新型Sクラスのフロントまわりを部分的に公開するというティーザーに打って出た。フラッグシップのフルモデルチェンジとあらば徹底的な秘匿で引っ張った末のワールドプレミア……というのが常套(じょうとう)だが、携帯端末やSNSがここまで普及したご時世では隠すより見せるという盛り上げ方もあると、ダイムラーとしてもそういう判断があったのだと察せられる。

そんな中、株主総会とあわせるように行われたのが、新型Sクラスに搭載予定の新技術にまつわるメディア向けのデジタルカンファレンスだ。この7〜8月にかけて3度にわたって行われるその最初のテーマとなったのは、ユーザーインターフェイス(以下、UI)だった。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車

5面のディスプレイと多彩な操作システム

新型Sクラスの車内には、メータークラスターを含め前席まわりで2面、アームレストのコントロールパネルを含め、後席まわりで3面と、最大5面のディスプレイが配置される。その中軸となるのがセンターコンソールに据えられた12.8型のLG製OLEDディスプレイだ。

応答レスポンスの素早い4K水準の高精細表示を可能としながら、一方で30%の消費電力削減を両立したというそこには、ネットコンテンツも充実させたエンターテインメントやナビゲーション、多様な車両情報とその設定画面などを表示。さらに後席2面のディスプレイでは、おのおのに独立したコンテンツの利用が可能となっている。これらのオペレーションのために搭載される心臓部は、先代に対して50%処理能力を高めたプロセッサー、691ギガフロップのGPU、16GBのRAMに320GBのSSDと、さながら高性能PCのようだ。

各機能のコントロールは、画面を直接タッチするほかに、一新されたステアリングのサムスイッチ、さらには進化したAI対話型ボイスコントロールシステム「MBUX」とも連携する。画面部にはハプティックフィードバックが採用されており、ユーザーは触感でも機能の作動確認が可能。これらの連携によって、新型Sクラスでは27の物理的なコントロールスイッチを廃するに至ったという。一方で、空調関係は階層を設けず縦長のOLEDディスプレイの下部に常時表示するなど、ユーザビリティーにも配慮がなされている。

ユーザーインターフェイスの中核をなす、インストゥルメントパネルのOLEDディスプレイ。
ユーザーインターフェイスの中核をなす、インストゥルメントパネルのOLEDディスプレイ。拡大
リアシートにも、前席シートバックとセンターコンソールに、全3面のディスプレイが装備される。
リアシートにも、前席シートバックとセンターコンソールに、全3面のディスプレイが装備される。拡大
タッチスクリーンには触覚フィードバック技術が採用されており、ユーザーは触感によってもシステムの作動を確認できるという。
タッチスクリーンには触覚フィードバック技術が採用されており、ユーザーは触感によってもシステムの作動を確認できるという。拡大

ARが実現するインターフェイスの進化

ほかにも、マイクの指向性からコマンドを発している席を判定し、おのおののパッセンジャーが求める機能を的確に提供するMBUXの新ロジックや、ジェスチャーによるサンシェードやサンルーフのコントロール、必要情報のみを最低限表示する「アンダーステートメントモード」を含めた、多彩なメーターグラフィックやアンビエント機能など、新型Sクラスの新たなUIはここでは触れきれないほど多岐にわたる。が、とりわけ注目されるのはAR(拡張現実)技術を用いて先進運転支援システム(ADAS)の作動表示やナビの道案内などを前面の風景と連携させるHUD(ヘッドアップディスプレイ)システムだ。その3次元的な表現方法は、UIの新たな技術的指標を予感させる。

新型Sクラスのデジタルカンファレンスでは、この後に安全性、続いて快適性にまつわる新たな技術が紹介される予定だ。それらの詳報は追ってお伝えしたい。(つづく

(文=渡辺敏史/写真=ダイムラー/編集=堀田剛資)

メルセデス・ベンツの思い描くユーザーインターフェイスの進化は、運転支援システムやインフォテインメントシステムの操作性はもちろん、セキュリティーやコネクテッドの分野にも波及。自動車と人の間にある知覚・操作の在り方を、多方面で進化させるつもりのようだ。
メルセデス・ベンツの思い描くユーザーインターフェイスの進化は、運転支援システムやインフォテインメントシステムの操作性はもちろん、セキュリティーやコネクテッドの分野にも波及。自動車と人の間にある知覚・操作の在り方を、多方面で進化させるつもりのようだ。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。