EVの見方が変わるSUV 「日産アリア」のここに注目!

2020.07.24 デイリーコラム

“ずんぐりEV”が主流になる日

鳴り物入りで量産型電気自動車(EV)の「リーフ」が登場してから、はや10年。日産は新たなEV専用モデル「ARIYA(アリア)」を発表した。同社がこれまで培ってきたEV開発のノウハウと最新のコネクテッド技術を融合させたという、完全新設計のクルマである。

ほぼ完成形ではあるものの、実際に発売するのはさらに1年後の2021年中ごろ。あまり焦らすと飽きられるのでは? ……なんて心配は余計なお世話なのだろうが、ルノー・日産・三菱アライアンスの今後のEV戦略を担うというだけに、極めて重要なモデルであるのは間違いない。

それがどうしてこのSUVタイプなのか? アリアの開発を担当した中嶋 光 車両開発主幹にたずねたところ「Cセグメントはパイが大きく」て、「いま主流となっているのがSUVだから」と、単純明快な答え。そういえば、天下のメルセデス・ベンツも初の量産型EV「EQC」はSUVだった。日産が“近い製品”として名を挙げる「テスラ・モデルY」もしかり。数年たったら案外、右を見ても左を見ても“ずんぐりしたEV”ばかり! なんて状況になるのかもしれない。

それにしても、“EVの新型”はどれも似通っていないだろうか? フロアにリチウムイオンバッテリーを敷き詰めて、その前後に独立したモーターを積み、シュッとしたボディーをまとう。日産はかつて、4つのホイールそれぞれに駆動用モーターを搭載するインホイールモーター車をたびたびモーターショーで提案したけれど、そういう“別の手”はないのだろうか。

前出の中嶋さんは「いまの技術ではレイアウト効率の観点から難しい」と苦笑する。

「タイヤのところ(=ばね下)に重量物があると、いろいろ問題が出てきちゃうんです。でも、今後、小さくて高性能なモーターが開発できたら、どうなるかわからないですよ」

そんな中嶋さんにアリア最大の長所は何かとたずねてみると、「室内の広さ」と即答した。新しいプラットフォームだけでなく、スペース効率に優れる新しいバッテリーと、モータールームをコンパクトにできる新しいモーターを同時に開発したからこそ、“ひとクラス上の室内空間”が実現できたのだと胸を張る。

「エクステリア、かっこいいでしょう? 見た目のいいクルマって、乗ってみると狭いことが多いんです。でもアリアなら、ファミリーにもしっかり使っていただけますよ」

「日産アリア」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4595×1850×1655mm。ホイールベースは2775mmと公表されている。
「日産アリア」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4595×1850×1655mm。ホイールベースは2775mmと公表されている。拡大
日産によれば、EV開発における大きな課題は「いかにストレスなく長距離ドライブできるか」で、それを解くカギは大容量バッテリー、クイックチャージ、そしてコネクテッド技術にあるという。
日産によれば、EV開発における大きな課題は「いかにストレスなく長距離ドライブできるか」で、それを解くカギは大容量バッテリー、クイックチャージ、そしてコネクテッド技術にあるという。拡大
インテリアのデザインは極めてシンプル。センターコンソールはシートの位置に合わせて前後にスライド可能。
インテリアのデザインは極めてシンプル。センターコンソールはシートの位置に合わせて前後にスライド可能。拡大
「Cセグメントのクルマでありながら、Dセグメントレベルの広さを実現した」というキャビン。後席(写真)の足元がフラットなのも特徴のひとつ。
「Cセグメントのクルマでありながら、Dセグメントレベルの広さを実現した」というキャビン。後席(写真)の足元がフラットなのも特徴のひとつ。拡大

今回話を聞いた、日産自動車の車両開発主幹・中嶋 光さん。ライバルと目される他社のEVについては、「どれも一長一短で、なんとも言えません。IT関係の技術には見習うべきところが多いですね」などとコメントした。


	今回話を聞いた、日産自動車の車両開発主幹・中嶋 光さん。ライバルと目される他社のEVについては、「どれも一長一短で、なんとも言えません。IT関係の技術には見習うべきところが多いですね」などとコメントした。
	拡大
日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産初のクロスオーバーEV「アリア」がデビュー 日本を皮切りに世界展開 2020.7.15 自動車ニュース 日産自動車は2020年7月15日、同社初となるクロスオーバータイプの電気自動車「アリア」を発表した。駆動方式やバッテリー容量の異なる複数のモデルがラインナップされており、2021年の中ごろには販売がスタートする見込み。
  • EVの見方が変わるSUV 「日産アリア」のここに注目! 2020.7.24 デイリーコラム 2021年に発売される日産の電気自動車「ARIYA(アリア)」。同社はこのクロスオーバーEVを“革新的な一台”とアピールするが……? その注目すべき長所について、開発担当者に話を聞いた。
  • 特別仕立ての「レクサスNX」 “スパイス&シック”と“クール&ブライト”が登場 2020.7.16 自動車ニュース レクサスブランドのコンパクトクロスオーバー「NX」が一部仕様変更。合わせて、2タイプの特別仕様車“Spice & Chic(スパイス&シック)”と“Cool & Bright(クール&ブライト)”が設定された。
  • 「フィアット500X」に走りを磨いた新グレードが登場 2020.8.6 自動車ニュース FCAジャパンは2020年8月4日、コンパクトクロスオーバー「フィアット500X」に新グレード「500Xスポーツ」を設定し、同年8月22日に発売すると発表した。既存の「500X」ならびに「500Xクロス」と併売される。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
ホームへ戻る