ホンダブースのテーマは世界の頂点を目指すチャレンジングスピリット【オートモビル カウンシル2020】

2020.07.28 自動車ニュース
ホンダRA300
ホンダRA300拡大

本田技研工業は2020年7月28日、千葉県の幕張メッセで開催予定の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:7月31日~8月2日)への出展概要を発表した。

改良型シビック タイプR
改良型シビック タイプR拡大

今回のホンダブースの出展テーマは「真紅のエンブレム 源流と現在 ~世界の頂点をめざし続けるチャレンジングスピリット~」。1967年にイタリアGPでのデビュー戦で優勝したF1マシン「RA300」と、発売を前に先行情報を公開中の改良型「シビック タイプR」の展示を通じ、過去から現在に受け継がれるホンダのチャレンジングスピリットをアピールする。

ホンダF1の第一期参戦マシンがモチーフの「チャンピオンシップホワイト」のボディーカラーと真紅のホンダエンブレムはホンダのタイプRだけに使用されることが許されており、過去から受け継いだスピリットの象徴になっている。

このほか1966年に世界選手権に投入された二輪レーサー「RC166」なども展示し、1960年代のホンダが世界への挑戦を始めたころの研究所の熱量を感じることができるブースになるという。

(webCG)

関連キーワード:
シビック, ホンダ, オートモビル カウンシル2020, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • 企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」の会場から 2021.3.26 画像・写真 「ツインリンクもてぎ」内の博物館「ホンダコレクションホール」が、「シビック」の歴史をたどる企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」を開催(2021年5月31日まで)。ホンダを支えてきた歴代シビックの姿を、写真で紹介する。
  • ホンダが「シビック」をマイナーチェンジ 運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備 2020.1.10 自動車ニュース ホンダが「シビックセダン」「シビックハッチバック」をマイナーチェンジ。外装デザインを変更したほか、運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備とした。また2020年夏発売予定の「シビック タイプR」の改良モデルについても、情報の先行公開を開始している。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
ホームへ戻る