イスラエルのベンチャーが日本企業とタッグ EVプラットフォームがもたらす革新とは?

2020.08.03 デイリーコラム

EVプラットフォームを手がけるイスラエルの新興企業

さる2020年5月21日、イスラエルの電気自動車(EV)用プラットフォームメーカーであるREEオートモーティブが、日本のサスペンションおよび油圧機器メーカーのKYBと戦略的パートナーシップを結ぶことを発表した。

中東のシリコンバレーと呼ばれるイスラエルはスタートアップが多いIT大国で、世界中のイノベーションをもくろむ企業から引く手あまたの状態になっている。自動車業界で有名なのがADAS(先進運転支援システム)関連のモービルアイ。画像処理アルゴリズムの優れた技術は、衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどに活用されている。例えば日産やマツダが搭載するシンプルな単眼カメラのシステムが見事な性能を発揮するのは、モービルアイのチップがあってこそ。視差のない単眼カメラで物理的な距離測定はできないが、画像処理でそれを行っているのである。イスラエルは周辺諸国との緊張関係があることから軍事技術に長(た)けていて、モービルアイの技術もそれが由来である。異分野からの技術転用で交通安全に寄与しているわけだ。

さて、今回KYBとの提携を発表したREEオートモーティブは2013年に創業。ダニエル・バレルCEOにリモートインタビューさせていただいたところ、どこもやっていない技術を盛り込み、CASEを視野に入れたEV専用プラットフォームの開発を目的としているという。CASEとは「Connected(コネクテッド)」「Autonomous(自動運転)」「Shared & Services(シェアリングとサービス)」「Electric(電動化)」の頭文字を連ねたもので、彼らはそこにプラットフォームの“PL”を足した“PLACES”の実現を目指している。

独創的なEVプラットフォームの開発を進めるREEオートモーティブ。2013年に誕生したイスラエルのスタートアップだ。
独創的なEVプラットフォームの開発を進めるREEオートモーティブ。2013年に誕生したイスラエルのスタートアップだ。拡大
REEオートモーティブが開発したEVプラットフォーム。
REEオートモーティブが開発したEVプラットフォーム。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事