クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)

世界一周じゃまだ足りない 2020.08.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。

ドライブフィールに“おもてなし”を感じる

2015年に登場したベントレー・ベンテイガが、デビューから約5年を経て大幅改良。本来であれば国際試乗会などが開かれるところだが、このコロナ禍ではそれもできないため、今回は各国に車両を送り、試乗の機会を提供する形態となった。

したがって、今回取材した新しいベンテイガはまだナンバーが付いておらず、試乗コースも日本自動車研究所・城里テストセンターの外周路のみということに。これを聞いて実はテンションが下がった。せっかくのベンテイガ、いろんなシチュエーションで試したいじゃないですか。

ところが、実際にそこで試乗に臨むと、これまで経験したことのない不思議な感覚に襲われた。城里テストセンターの外周路は基本的に路面がスムーズで、テクニカルなコーナーがあるわけでもない単調なレイアウトだ。だから2周か3周もすればおなかがいっぱいになるのではないかとタカをくくっていた。

けれどもそんなことはなかった。しなやかで厚みのある乗り心地、望んだだけのパワーが望んだ瞬間に得られるパワートレイン、それにステアリングフィールやシートの掛け心地などといった、直接体に感じる部分のタッチのよさ。もう、このまま100周でも200周でも、バターになるまでぐるぐる回り続けたいと思った。景色なんて変わらなくてもいいし、音楽もなくていい。ずっとベンテイガのハンドルを握っていたい。このクルマのドライブフィールは極上のもてなしだ。

よく、「このクルマは長距離でも疲れない」なんて言うけれど、ベンテイガは違う。乗れば乗るほど身も心も癒やされ、豊かな気持ちになるのがベンテイガだった。すばらしい絵画や音楽に接したときと同じような気分を味わうことができる。

ベントレー初のSUVとして、2015年9月にデビューした「ベンテイガ」。今日までに2万台以上が販売されるヒット作となっている。
ベントレー初のSUVとして、2015年9月にデビューした「ベンテイガ」。今日までに2万台以上が販売されるヒット作となっている。拡大
ステアリングホイールやセンターフェイシア、ドアトリムと、今回の改良ではインテリアについても意匠が刷新された。
ステアリングホイールやセンターフェイシア、ドアトリムと、今回の改良ではインテリアについても意匠が刷新された。拡大
新たに採用されたフルデジタルのメーターパネル。速度計やエンジン回転計を表示する「クラシック」(写真)と、ナビ画面やメディア情報を大きく表示する「エクスパンデッド」の2種類のレイアウトが用意される。
新たに採用されたフルデジタルのメーターパネル。速度計やエンジン回転計を表示する「クラシック」(写真)と、ナビ画面やメディア情報を大きく表示する「エクスパンデッド」の2種類のレイアウトが用意される。拡大
改良後のラインナップとしては、まずは今回試乗したV8モデルが登場。プラグインハイブリッド車やW12モデルの「スピード」も、2020年内の発表を予定している。
改良後のラインナップとしては、まずは今回試乗したV8モデルが登場。プラグインハイブリッド車やW12モデルの「スピード」も、2020年内の発表を予定している。拡大

完璧なものをさらに進化させる

今回は新しいベンテイガに乗る直前に、従来型ベンテイガをじっくりと乗せてもらい、そのフィーリングを体に染み込ませてから新型の試乗に挑むことができた。

従来型に乗って感じたのは「これ以上なにを求めるのか」ということだった。従来型だって完璧だ。でも、新型は明らかに洗練されていた。前述したようにコースの路面は基本的にスムーズだったけれど、それでも補修した箇所やちょっとした段差があり、それを乗り越える瞬間に感じる衝撃が、明らかに小さくなっている。いや、衝撃が小さくなっているというよりも、衝撃が軽くなっていると表現するほうが正確か。「ダンッ」と乗り越えていた部分を、「タン」と軽やかに乗り越える。ハンドル操作に対する反応も、新型のほうが明らかに正確だ。2.4tを超す車重とエアサスペンションのセッティングが完璧にバランスしているのは、入念なチューニングのたまものだろう。

パワートレインも同様に、確実に進化している。4リッターV8ツインターボと8段ATの組み合わせや、最高出力などのスペックには変更はないけれど、アクセル操作に対するレスポンスがよりリニアになっている。変速の素早さ、スムーズさについては、従来型でも100点満点であったけれど、新型は105点か106点になっているように感じた。80点を100点にするより、100点を105点にすることのほうが難しいと思うのだが、その難易度の高い目標を見事にクリアしている。プレス資料には、ベントレーのプロダクトラインディレクターであるクリス・コール氏の「目標は、ベストなものをさらにレベルアップすること」という言葉が紹介されていて、たしかにあらゆる面においてその目標を達成しているように感じた。

日ごろ、「足るを知る」という言葉をかみしめながら生きているけれど、ベントレーやコール氏などが持ち合わせる「足るを知らない」あくなき向上心が、人類を進歩させているのかもしれない。

フロントまわりでは、より大型化され、垂直に切り立つような意匠となったラジエーターグリルが特徴。ヘッドランプの意匠も変わっている。
フロントまわりでは、より大型化され、垂直に切り立つような意匠となったラジエーターグリルが特徴。ヘッドランプの意匠も変わっている。拡大
シートについてはフォームやカバーデザインを変更。前席には16wayの電動調整機構やヒーターが標準で備わり、オプションで22wayの電動調整機構やベンチレーション機能、マッサージ機能なども用意される。
シートについてはフォームやカバーデザインを変更。前席には16wayの電動調整機構やヒーターが標準で備わり、オプションで22wayの電動調整機構やベンチレーション機能、マッサージ機能なども用意される。拡大
シートレイアウトは2列5人乗りと、2列目分割シートの2列4人乗り、3列7人乗りの3種類。2列目シートには、インフォテインメントシステムやルーフブラインド、空調、車内照明を操作できる脱着式のリモートコントローラーが用意されている。
シートレイアウトは2列5人乗りと、2列目分割シートの2列4人乗り、3列7人乗りの3種類。2列目シートには、インフォテインメントシステムやルーフブラインド、空調、車内照明を操作できる脱着式のリモートコントローラーが用意されている。拡大
4リッターV8ツインターボエンジンについては、従来モデルから大きな変更はアナウンスされていない。最高出力550PS、最大トルク770N・mを発生する。
4リッターV8ツインターボエンジンについては、従来モデルから大きな変更はアナウンスされていない。最高出力550PS、最大トルク770N・mを発生する。拡大

電動と革新の融合に見るデザイナーの手腕

すっかりドライブフィールのすばらしさに心奪われてしまったけれど、内外装の変更点にも触れておきたい。

まずフロントマスクでは、メッシュのグリルが大型化された。ヘッドランプは82個のLEDをあしらった楕円(だえん)形に改められ、同時に30mm高い位置に移動した。写真で見たときには、まんまるお目々の従来型のほうが愛嬌(あいきょう)があって好ましいと思ったけれど、実車を見るとスポーティーかつモダンな表情になっていて、こちらを好む方も多いはずだ。

フロントセクションに関してはグリルとヘッドランプのほかに、バンパー、フェンダー、ボンネットも新設計となっており、「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」などにも取り入れられている、ベントレー最新のデザイン傾向に沿った仕上がりとなっている。

リアセクションもまるっと変わっていて、外側へと流れるように点灯する楕円のリアコンビネーションや、やはり楕円を2分割にした形状のエキゾーストパイプが目を引く。ちなみに、リアのトレッドは20mm拡大されているという。総じて、外観はアグレッシブな方向に振られている。

一方で、車内に乗り込むとインフォテインメントシステムが一新されていることがわかる。新設計の10.9インチのタッチスクリーンや、メーターパネル内にナビゲーション画面が表示されるデジタルドライバーインフォメーションパネルが採用されるなど、インターフェイスはモダンになった。

そして、こうしたデジタルテクノロジーと、レザーとウッド(試乗車はダークティントのアルミトリムだったけど)の世界が、違和感なく融合している点にデザイナーの力量を感じた。ベンテイガのオーナーの平均年齢は45歳とのことで、まさに「伝統と革新」の両方を理解する世代だろう。45歳といえば、筆者は中古の「ルノー・メガーヌ」、1.6リッターの5MTに乗っていたなぁ……、というのはどうでもいい話です。

82個のLED光源を備えたマトリクスLEDヘッドランプ。レンズ内には、クリスタルカットガラスをほうふつさせるデザインが取り入れられている。
82個のLED光源を備えたマトリクスLEDヘッドランプ。レンズ内には、クリスタルカットガラスをほうふつさせるデザインが取り入れられている。拡大
左右4本出しのマフラーは、楕円を分割したような形状が特徴。新たに楕円形となったリアコンビランプと合わせた意匠となっている。
左右4本出しのマフラーは、楕円を分割したような形状が特徴。新たに楕円形となったリアコンビランプと合わせた意匠となっている。拡大
インフォテインメントシステムにはフォルクスワーゲングループ最新の「MIB3」を採用。携帯端末とのワイヤレス連携機能が備わっており、Apple CarPlayやAndroid Autoなどのミラーリングにも対応している。
インフォテインメントシステムにはフォルクスワーゲングループ最新の「MIB3」を採用。携帯端末とのワイヤレス連携機能が備わっており、Apple CarPlayやAndroid Autoなどのミラーリングにも対応している。拡大
インテリアの装飾パネルには、ベントレーとして初めて「ダークティントダイヤモンドブラッシュドアルミニウム」を採用。「クラウンカットウオールナット」や「コア」といったウッドパネルも、「ベンテイガ」としては初採用となる。
インテリアの装飾パネルには、ベントレーとして初めて「ダークティントダイヤモンドブラッシュドアルミニウム」を採用。「クラウンカットウオールナット」や「コア」といったウッドパネルも、「ベンテイガ」としては初採用となる。拡大

日常をバラ色に変えてくれる

クローズドコースでの試乗のいいところは、思い切りアクセルとブレーキを踏めることだ。まずアクセルを踏み込むと、「ルルルルル」という太くて朗らかな音とともに、猛烈に加速する。ただし、猛烈ではあるけれど野蛮ではない。きちんとルールとマナーをわきまえた、ジェントルマンの力強い加速だ。どっかにすっ飛んでいってしまうような不安感は一切ない。

ドライブモードで「スポーツ」を選ぶと、バリバリとV8っぽいヤンチャな顔をのぞかせる。エンジン回転を高く保つようになり、敏感にキックダウンでギアを落とすようになる。変速が素早くなるのと引き換えに、ちょっとだけシフトショックが大きくなる。

圧巻はブレーキだ。ちょっと油断すると、あっという間に公道だったら免許が危うい速度に達するけれど、そこからフルブレーキングすると車体が路面に吸い付くように速度を落とす。このときの安定感といい、強力な減速Gといい、乗り心地と同じくらい感銘を受けた。久しぶりに、「巨人に後ろ髪を引かれるようなブレーキ性能」という表現を思い出した。

前述したように、このコースにはタイトなコーナーはないけれど、高速でレーンチェンジを試すと、ロールがすっと収束した。イヤな“おつり”がない、さわやかなレーンチェンジだ。大船のような乗り心地と、すっきりさわやかなハンドリングの両立がすばらしい。このエンジン、ブレーキ、ハンドリングをもってすれば、ワインディングロードでもきっと楽しめるだろう。

刷新されたベンテイガは、ルックスといい走りといい、磨きがかかっていた。街中ではエレガントに、ワインディングロードでは腕っぷしの強さを見せつつ、遠くまで心地よく連れて行ってくれるジェントルな益荒男(ますらお)だ。

2019年のベントレーでは、ベンテイガが販売台数の45%を占め、ブランドで最も売れたモデルとなった。オーナーの4人に1人は女性。82%は毎日運転していて、またかなりの割合のオーナーが、子どもを後席に座らせているという。使用用途で多いのは買い物、通勤、旅行だそうだ。駐車スペースや道幅を気にしなくていい身分だったら、このクルマでの通勤や買い物はバラ色でしょう。そして旅行に使うのだったら、世界一周と言わず、世界二周の旅に出たい。

(文=サトータケシ/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

足まわりには、減衰特性や車高の調整機能を持つエアサスペンションを装備。電動アクチュエーターによってコーナリング時のロールを抑える「BENTLEYダイナミックライド」も用意される。
足まわりには、減衰特性や車高の調整機能を持つエアサスペンションを装備。電動アクチュエーターによってコーナリング時のロールを抑える「BENTLEYダイナミックライド」も用意される。拡大
ホイールのデザインは全5種類。試乗車に装着されていた新設計の「22インチMULLINERドライビングスペシフィケーションアロイホイール」は、シルバーペイントとブラックペイント&マシニング加工(写真)の2種類から仕上げを選択できる。
ホイールのデザインは全5種類。試乗車に装着されていた新設計の「22インチMULLINERドライビングスペシフィケーションアロイホイール」は、シルバーペイントとブラックペイント&マシニング加工(写真)の2種類から仕上げを選択できる。拡大
センターコンソールにはドライビングモードセレクターや悪路での走行アシスト機能、車高調整機能などのコントローラーを配置。オプションの「オールテレインスペシフィケーション」を選択すると、ドライブモードに4種類のオフロードモードが追加される。
センターコンソールにはドライビングモードセレクターや悪路での走行アシスト機能、車高調整機能などのコントローラーを配置。オプションの「オールテレインスペシフィケーション」を選択すると、ドライブモードに4種類のオフロードモードが追加される。拡大
ラゲッジスペースには2列5人乗り仕様で484リッターの容量を確保。耐傷性を考慮して、床面や側壁、シートバックなどはいずれも起毛素材で覆われている。
ラゲッジスペースには2列5人乗り仕様で484リッターの容量を確保。耐傷性を考慮して、床面や側壁、シートバックなどはいずれも起毛素材で覆われている。拡大
大幅改良を受けた「ベントレー・ベンテイガ」は、日本では2020年末ごろのデリバリー開始が予定されている。
大幅改良を受けた「ベントレー・ベンテイガ」は、日本では2020年末ごろのデリバリー開始が予定されている。拡大

テスト車のデータ

ベントレー・ベンテイガ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5125×1998×1728mm
ホイールベース:2995mm
車重:2416kg
駆動方式:4WD
エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:550PS(404kW)/6000rpm
最大トルク:770N・m(78.5kgf・m)/2000-4500rpm
タイヤ:(前)285/40ZR22 110Y/(後)285/40ZR22 110Y(ピレリPゼロ)
燃費:13.3リッター/100km(約7.5km/リッター、WLTPモード)
価格:2142万8000円/テスト車=--万円
オプション装備:--

テスト車の年式:--年型
テスト開始時の走行距離:605km
テスト形態:トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ベントレー・ベンテイガ
ベントレー・ベンテイガ拡大
 
ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ベントレー ベンテイガ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。