「ポルシェ・パナメーラ」のマイナーチェンジモデル登場 予約注文受け付けがスタート

2020.08.27 自動車ニュース
ポルシェ・パナメーラ
ポルシェ・パナメーラ拡大

ポルシェジャパンは2020年8月27日、マイナーチェンジした「パナメーラ」および「パナメーラ スポーツツーリスモ」の日本導入を発表。同日、予約注文受け付けを開始した。

パナメーラ ターボS
パナメーラ ターボS拡大
パナメーラGTSスポーツツーリスモ
パナメーラGTSスポーツツーリスモ拡大
パナメーラ4S Eハイブリッド
パナメーラ4S Eハイブリッド拡大

今回のパナメーラシリーズは、同年8月26日にドイツ本国において初披露された最新モデル。内外装のブラッシュアップとデジタルコネクティビティーの進化、先進運転支援システムによる安全性の向上などが特徴としてあげられる。

従来ラインナップされていた「ターボ」は最高出力630PSの「ターボS」に、プラグインハイブリッドモデル「4 Eハイブリッド」はシステム最高出力560PSの「4S Eハイブリッド」にそれぞれ進化している。

ターボSは独ニュルブルクリンクにおいて7分29秒81というラグジュアリークラストップとなるラップタイム記録し、いっぽう4S Eハイブリッドはパワーアップを果たしたうえで、約30%アップとなるEV走行距離を実現。これらをもってポルシェは「クラス最高のパフォーマンスを発揮し、対極にあるものの比類ない共生を実現した」と同車を紹介している。

日本で販売されるパナメーラシリーズのラインナップと価格は以下の通り。

  • パナメーラ:1249万円
  • パナメーラ4:1299万円
  • パナメーラ4エグゼクティブ:1419万円
  • パナメーラ4S Eハイブリッド:1877万円
  • パナメーラGTS:1949万円
  • パナメーラ ターボS:2882万円
  • パナメーラ4スポーツツーリスモ:1346万円
  • パナメーラGTSスポーツツーリスモ:1988万円

トランスミッションは8段PDKのみ、全車右ハンドル仕様となる。

(webCG)

関連キーワード:
パナメーラ, パナメーラ スポーツツーリスモ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラGTSスポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】
    2019.11.11 試乗記 ポルシェの「パナメーラ スポーツツーリスモ」に追加設定された「GTS」は、「4S」と「ターボ」の間に位置するモデル。最高出力460PSの4リッターV8ツインターボエンジンとワゴンボディー、そして強化された足まわりの組み合わせは、どんな走りを味わわせてくれるのか?
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
ホームへ戻る