「ポルシェ・パナメーラ」のマイナーチェンジモデル登場 予約注文受け付けがスタート

2020.08.27 自動車ニュース
ポルシェ・パナメーラ
ポルシェ・パナメーラ拡大

ポルシェジャパンは2020年8月27日、マイナーチェンジした「パナメーラ」および「パナメーラ スポーツツーリスモ」の日本導入を発表。同日、予約注文受け付けを開始した。

パナメーラ ターボS
パナメーラ ターボS拡大
パナメーラGTSスポーツツーリスモ
パナメーラGTSスポーツツーリスモ拡大
パナメーラ4S Eハイブリッド
パナメーラ4S Eハイブリッド拡大

今回のパナメーラシリーズは、同年8月26日にドイツ本国において初披露された最新モデル。内外装のブラッシュアップとデジタルコネクティビティーの進化、先進運転支援システムによる安全性の向上などが特徴としてあげられる。

従来ラインナップされていた「ターボ」は最高出力630PSの「ターボS」に、プラグインハイブリッドモデル「4 Eハイブリッド」はシステム最高出力560PSの「4S Eハイブリッド」にそれぞれ進化している。

ターボSは独ニュルブルクリンクにおいて7分29秒81というラグジュアリークラストップとなるラップタイム記録し、いっぽう4S Eハイブリッドはパワーアップを果たしたうえで、約30%アップとなるEV走行距離を実現。これらをもってポルシェは「クラス最高のパフォーマンスを発揮し、対極にあるものの比類ない共生を実現した」と同車を紹介している。

日本で販売されるパナメーラシリーズのラインナップと価格は以下の通り。

  • パナメーラ:1249万円
  • パナメーラ4:1299万円
  • パナメーラ4エグゼクティブ:1419万円
  • パナメーラ4S Eハイブリッド:1877万円
  • パナメーラGTS:1949万円
  • パナメーラ ターボS:2882万円
  • パナメーラ4スポーツツーリスモ:1346万円
  • パナメーラGTSスポーツツーリスモ:1988万円

トランスミッションは8段PDKのみ、全車右ハンドル仕様となる。

(webCG)

関連キーワード:
パナメーラ, パナメーラ スポーツツーリスモ, ポルシェ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
  • ロータスが新型車「エミーラ」を発表 新世代製品群の旗手を担う第1弾モデル 2021.7.7 自動車ニュース 英ロータスが新型スポーツカー「エミーラ」を発表。同社の次世代商品群の第1弾となるモデルで、プラットフォームには全面的に設計を刷新したアルミシャシーを採用。ロータスとしては初となるAMG製エンジンの搭載もトピックとなっている。
ホームへ戻る