いまさら聞けないメカニズム 欧州車でよく見る「48Vハイブリッド」って何ですか?

2020.08.31 デイリーコラム

マイルドなのがミソ

最近、欧州車などでよく見られるようになったのが「48Vハイブリッド」である。欧州では2016年頃から実用化されはじめて、日本初上陸はたしか2018年の「メルセデス・ベンツS450」だった。あれから2年以上が経過して、今ではランドローバーやアウディ、ボルボなども、その搭載車を日本市場に導入している。ただ、彼らの地元ではそれどころではなく、欧州では大半のメーカーがなにかしらの48Vハイブリッドを用意しており、今後はエンジン車のほぼすべてのモデルに48Vハイブリッドが用意されそうな勢いだ。

こうした動きの背景にあるのは、ご想像のとおり、この2020~2021年からEUで厳格化されるCO2排出基準である。その基準をクリアするには、EUでは排ガスゼロあつかいとなっているバッテリー式電気自動車(BEV)を1台でも多く売ると同時に、まだまだ圧倒的主流であるエンジン車の燃費を底上げしなければならない。そのために欧州メーカーがこぞって採用しはじめたのが、48Vハイブリッドというわけだ。

現在販売されている48Vハイブリッドは、スターター兼発電機として作動するモーターと、さほど大きくないリチウムイオン電池で構成された“マイルドハイブリッド”が大半だ。つまり、モーターはエンジン始動のほかに、発進や加速時に駆動アシストすることでエンジンの負荷を低減しつつ、減速時にはそのエネルギーを電気として回収(=回生充電)する。モーターのみでの走行はしない。あるメーカーによると、こうした48Vマイルドハイブリッドでも、非装着車比で最大10~20%の燃費向上が見込めるのだとか。

2018年3月に国内で発表された「メルセデス・ベンツS450」。コンパクトな直6エンジンにISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)および48Vシステムを組み合わせた、マイルドハイブリッドシステムを搭載している。
2018年3月に国内で発表された「メルセデス・ベンツS450」。コンパクトな直6エンジンにISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)および48Vシステムを組み合わせた、マイルドハイブリッドシステムを搭載している。拡大
2020年8月18日に国内で発売された最新の「アウディQ7」。3リッターV6ターボエンジンと合わせて、48Vのマイルドハイブリッドシステムが採用されている。
2020年8月18日に国内で発売された最新の「アウディQ7」。3リッターV6ターボエンジンと合わせて、48Vのマイルドハイブリッドシステムが採用されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事