大人の装いを表現した限定車「MINI 5ドア ローズウッドエディション」登場

2020.09.01 自動車ニュース
MINI 5ドア ローズウッドエディション
MINI 5ドア ローズウッドエディション拡大

BMWジャパンは2020年8月31日、「MINI 5ドア」に特別仕様車「Rosewood Edition(ローズウッドエディション)」を設定し、同日、台数200台限定で発売した。

「ローズウッドエディション」は、「MINI 5ドア」において初設定された外装色「インディアンサマーレッドメタリック」とブラックのアクセントカラーを組み合わせたエクステリアが特徴。
「ローズウッドエディション」は、「MINI 5ドア」において初設定された外装色「インディアンサマーレッドメタリック」とブラックのアクセントカラーを組み合わせたエクステリアが特徴。拡大
「ローズウッドエディション」に装備される「ビクトリースポークブラック」カラーの16インチホイール。
「ローズウッドエディション」に装備される「ビクトリースポークブラック」カラーの16インチホイール。拡大
特別装備されるLEDヘッドライト。フロントのフォグランプおよびリアコンビネーションランプもLEDとなる。
特別装備されるLEDヘッドライト。フロントのフォグランプおよびリアコンビネーションランプもLEDとなる。拡大
「ROSEWOOD」のロゴ入り専用インテリアサーフェスは、3Dプリンターによってつくられたもの。
「ROSEWOOD」のロゴ入り専用インテリアサーフェスは、3Dプリンターによってつくられたもの。拡大

今回のローズウッドエディションは、これまでMINI 5ドアに設定のなかったボディーカラー「インディアンサマーレッドメタリック」に、ブラックカラーのルーフやミラー、ホイールなどを組み合わせ“大人の装いを表現した”というエクステリアが特徴の限定車。最高出力136PSの1.5リッター直3ターボエンジンを搭載する「MINIクーパー5ドア」がベースとなる。

インテリアにおいては、3Dプリンターでつくられた専用サイドスカットルや専用インテリアサーフェス、クロス製ブラックパール×レザレット製ブラックカーボンのシートなどを特別装備。コネクティビティー機能や運転支援システムの充実もセリングポイントである。

MINI 5ドア ローズウッドエディションの主な装備は下記の通り。

  • ボディーカラー(インディアンサマーレッドメタリック)
  • ブラックルーフ&ミラーキャップ
  • 16インチアロイホイール(ビクトリースポークブラック)
  • LEDヘッドランプ
  • 3Dプリンター製専用サイドスカットル
  • 3Dプリンター製専用インテリアサーフェス
  • クロス/レザレットシート(ブラックパール×カーボンブラック)
  • MINIエキサイトメントパッケージ
  • ストレージコンパートメントパッケージ
  • スポーツレザーステアリングホイール
  • マルチファンクションステアリングホイール
  • リアビューカメラ
  • リアPDC(パークディスタンスコントロール)
  • ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)
  • ナビゲーションシステム
  • 8.8インチワイドカラーディスプレイ
  • MINI Connected(有効期間:3年間)(MINI Connectedアプリ、リモートサービス、MINIオンライン)
  • ITSスポット対応ETC車載器システム自動防眩(ぼうげん)ルームミラー

価格は399万円。納車は2020年秋以降の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」の改良モデルを発表 2021年前半に日本に導入 2020.9.2 自動車ニュース アウディがコンパクトSUV「Q2」に改良を実施。外観デザインを変更するとともに、装備の拡充を図った。またコネクテッドサービス「Audi connect」についても、携帯端末で車両の施錠解錠などができる機能を追加。日本導入は2021年前半を予定している。
ホームへ戻る