2022年にデビュー!? ランボルギーニの次期フラッグシップはきっとこうなる!

2020.09.18 デイリーコラム

「アヴェンタドール」は大成功

ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」の累計生産台数が、このたびなんと1万台に達したとアナウンスされた。早くから予想していたこととはいえ、いざその報に接してみれば、やっぱりある種の“衝撃”を覚えてしまう。

デビューは2011年3月のジュネーブモーターショーだ。そこから9年で1万台を達成した。モデルチェンジのサイクルを伸ばしたわけじゃない。10年つくることを前提にデビューしたモデルだ。おそらくデビュー当時のマネジメントもこれほどアヴェンタドールが成功するとは想像していなかったに違いない。

実を言うと筆者は、先代にあたる「ムルシエラゴ」の生産が終わった2010年秋にはその概要を知らされ、また実車やテスト風景も間近で見て、「これはゼッタイに欲しい!」と、後先も考えずオーダーしたのだった。筆者にとっても思い出の一台(現行モデルだけれども!)だから、なおさら感慨深いものがある。

魅力的なところはいくつもある。新設計のV12エンジン、カーボンモノコックボディー、プッシュロッド式サスペンション……なかでも最も支持されたのは、そのスタイリングである。「カウンタック」以来となる独創の12気筒縦置きミドシップレイアウトが生み出す、唯一無二のシザードアスタイル。スーパーカーとしての存在感は抜群で、中古車でもいいから欲しいと思う“ポテンシャルユーザー”が今なお多い。

もちろんパフォーマンスも語るべき魅力のひとつだったが、こと“スポーツカー性能”に関していえば、アヴェンタドールの登場以降、それを部分的もしくは全体的に上回るスーパースポーツも数多く登場した。アヴェンタドール自体も途中から性能の象徴というべき“馬力”を車名で語ることをやめている。裏を返せば、アヴェンタドール大成功の理由は一にも二にもこのスタイリングにあるといっていい。

2020年9月10日、ランボルギーニのフラッグシップ「アヴェンタドール」の生産台数が1万台に達したことが告げられた。記念すべき1万台目となったのは、グレーの「アヴェンタドールSVJロードスター」だった。
2020年9月10日、ランボルギーニのフラッグシップ「アヴェンタドール」の生産台数が1万台に達したことが告げられた。記念すべき1万台目となったのは、グレーの「アヴェンタドールSVJロードスター」だった。拡大
記録的なセールスを達成した「アヴェンタドール」には、これまで多くの特別仕様車や限定車が設定された。写真はそのひとつ、「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」(2016年)。往年の名車「ミウラ」をモチーフにしたボディーカラーが最大の特徴だった。
記録的なセールスを達成した「アヴェンタドール」には、これまで多くの特別仕様車や限定車が設定された。写真はそのひとつ、「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」(2016年)。往年の名車「ミウラ」をモチーフにしたボディーカラーが最大の特徴だった。拡大
ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • マクラーレンがV6ハイブリッド搭載の新型スポーツカー「アルトゥーラ」を発表 2021.2.17 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2021年2月17日(現地時間)、新型ハイブリッドスポーツモデル「Artura(アルトゥーラ)」を、オンラインで発表した。システム出力680PSを誇る、外部充電が可能なハイブリッドパワートレインを搭載している。
  • マクラーレン720Sスパイダー(前編) 2021.2.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、F1マシン譲りのテクノロジーが注ぎ込まれた「マクラーレン720Sスパイダー」。最高出力720PSの4リッターV8ツインターボを搭載する、オープンスーパースポーツの印象は?
ホームへ戻る