新デザインを採用した「MINIクロスオーバー」が日本上陸

2020.09.30 自動車ニュース
MINIクロスオーバー(写真はすべて海外仕様の「MINIカントリーマン」)。日本仕様は全車右ハンドルとなる。
MINIクロスオーバー(写真はすべて海外仕様の「MINIカントリーマン」)。日本仕様は全車右ハンドルとなる。拡大

BMWジャパンは2020年9月30日、「MINIクロスオーバー」改良モデルの国内導入を発表した。納車開始は同年10月以降となる予定。

 
新デザインを採用した「MINIクロスオーバー」が日本上陸の画像拡大
 
新デザインを採用した「MINIクロスオーバー」が日本上陸の画像拡大
 
新デザインを採用した「MINIクロスオーバー」が日本上陸の画像拡大
 
新デザインを採用した「MINIクロスオーバー」が日本上陸の画像拡大
 
新デザインを採用した「MINIクロスオーバー」が日本上陸の画像拡大

今回は主に内外装デザインのブラッシュアップを図っている。

エクステリアでは前後バンパーのデザインを一新。サイドのエアインテークを直立させてよりダイナミックな形状としたほか、LEDヘッドライトの形状を丸形から角形に変更した。ヘッドライトにはコーナリングライト機能とデイライト機能が全車標準装備となっている。リアコンビランプは先に改良を受けた他のMINIシリーズと同じ、ユニオンジャックをモチーフとしたグラフィックに変更。ボディーカラーには新たに「セージグリーンメタリック」「ホワイトシルバーメタリック」「ムーンウォークグレーメタリック」の3色を追加設定した。

インテリアには新たにフル液晶タイプのメーターパネルを採用し、トップパフォーマンスモデルの「ジョンクーパーワークス クロスオーバーALL4」に標準装備、その他グレードにはオプション設定。センターディスプレイ用の物理スイッチはフラットタイプに変更し、シンプルかつモダンなデザインとしている。

改良モデルのラインナップは最高出力150PS/最大トルク350N・mの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「クーパーDクロスオーバー」とその4WDバージョン「クーパーDクロスオーバーALL4」、同190PS/同400N・mの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「クーパーSDクロスオーバーALL4」、同306PS/同450N・mの2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した「ジョンクーパーワークス クロスオーバーALL4」、そして1.5リッター直3ガソリンターボエンジンをベースとしたシステム総合出力224PS/システム総合トルク385N・mのプラグインハイブリッド機構を積んだ「クーパーS EクロスオーバーALL4」の全5モデル。クーパーS EクロスオーバーALL4を除く全車にシフトバイワイヤ式の8段ATを搭載する。

価格は以下の通り。

  • クーパーDクロスオーバー(FF/8AT):430万円
  • クーパーDクロスオーバーALL4(4WD/8AT):454万円
  • クーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT):510万円
  • ジョンクーパーワークス クロスオーバーALL4(4WD/8AT):609万円
  • クーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/8AT):510万円

(webCG)

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る