「ID.3」「ID.4」の日本導入はいつ? フォルクスワーゲンが掲げる電動化戦略の今と未来

2020.10.12 デイリーコラム

2025年までに年間150万台のEVを販売する

2020年9月23日、フォルクスワーゲンが新型の電気自動車(EV)「ID.4」をオンラインでワールドプレミアした。日本時間の24日午前0時に発表ということで、自宅のPCの前で待機し、その様子をリアルタイムでチェックした私。家から出ずに、報道陣向けに開催された事前説明会にも参加できるなど、ホント便利な時代である。

ID.4は、2020年3月にプロトタイプがオンラインで公開。最近はデザインの一部が小出しにされたことなどで、デビューへの期待が高まっていた。そして、ついにベールを脱いだID.4は、コンパクトSUVスタイルのバッテリーEVで、フォルクスワーゲンらしいすっきりとしたエクステリアや、シンプルでクールなコックピットなどが好印象。個人的には新型「ゴルフ8」以上に興味津々である。

自動車メーカー各社は、消費エネルギーの削減や二酸化炭素排出量の抑制に向けて、クルマの電動化に積極的だ。フォルクスワーゲンも「Transform 2025+」戦略の一環として電動化を進めており、フォルクスワーゲンブランドだけでも、2022年までに主要セグメントにEVを投入し、2025年までには年間150万台のEVを販売するとしている。そのために立ち上げたのが「ID.」と呼ばれるEVシリーズで、かつてブランドの主役が空冷「ビートル」から「ゴルフ」に取って代わったように、このID.ファミリーを次世代のフォルクスワーゲンを担うモデルに育てたい考えである。

それを支えるために新たに開発されたのが、「MEB(モジュラー・エレクトリック・ツールキット)」と呼ばれるEV専用のプラットフォーム。電気モーターを含む駆動ユニットをリアアクスルに一体化する一方、駆動用バッテリーをアンダーボディーに搭載することでフラットなフロアを実現。これにより、広い室内スペースに加えて、価格競争力、長い航続距離、短い充電時間などを実現するとともに、ハッチバック、SUV、ミニバンなど、さまざまなバリエーションを生み出そうというのだ。

「ID.」シリーズの第2弾となる「フォルクスワーゲンID.4」。2020年9月23日にオンラインで発表された。
「ID.」シリーズの第2弾となる「フォルクスワーゲンID.4」。2020年9月23日にオンラインで発表された。拡大
「ID.3」の車形がハッチバックなのに対し、「ID.4」はクロスオーバーSUVとなっている。
「ID.3」の車形がハッチバックなのに対し、「ID.4」はクロスオーバーSUVとなっている。拡大
インテリアの意匠は「ID.3」と共通。機械式のスイッチ類を整理し、すっきりとしたデザインとなっている。
インテリアの意匠は「ID.3」と共通。機械式のスイッチ類を整理し、すっきりとしたデザインとなっている。拡大
フォルクスワーゲンはEVプラットフォーム「MEB」をベースにさまざまな車形のモデルを開発。EV市場でもフルラインナップメーカーになろうとしている。
フォルクスワーゲンはEVプラットフォーム「MEB」をベースにさまざまな車形のモデルを開発。EV市場でもフルラインナップメーカーになろうとしている。拡大
フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事