トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(前編)

2020.10.15 谷口信輝の新車試乗 人気車種ひしめくコンパクトSUV市場に新たに投入された、トヨタのニューモデル「ヤリス クロス」。期待の新型車に対する、レーシングドライバー谷口信輝のファーストインプレッションは?

これは好みが分かれそう

ヤリス クロスはトヨタの世界戦略車「ヤリス」がベースのコンパクトSUV。同じセグメントでは「トヨタ・ライズ」「ダイハツ・ロッキー」が絶大な人気を誇っているが、ライズ/ロッキーが軽自動車技術をベースとする、DNGAというコンセプトに基づくプラットフォームを使うのに対して、ヤリス クロスは上級モデルと共通性の高いTNGAのプラットフォームを用いる。にもかかわらず、今回の試乗車(FWD/ハイブリッドの最高級グレード)でも車両本体価格は258万4000円と比較的お手ごろ。おかげでセールスは非常に好調と伝えられる注目モデルだ。

まずはそんなヤリス クロスの外観を谷口信輝に観察してもらおう。
「これは好みが分かれそうなデザインですね」

谷口は即座にそう言い放った。いかにもSUVらしい形をしたライズ/ロッキーに対し、ヤリス クロスは都会的でSUVというよりはクロスオーバー的。ほかに似たモデルのない独創的なスタイリングである。

ところが、谷口はいきなりヤリス クロスの細部にこだわりを示し始めたのだ。
「僕はね、ホイールアーチの黒い縁取りがあんまり好きじゃないんですよ」

 たしかに、これまでにも谷口は同様のコメントを口にしている。
「“クロス”という名前からこういうデザインにしたというメーカーの意図はわかるんですが、僕だったらボディーを黒にしてホイールアーチが目立たないようにするでしょうね」

ホイールアーチ周りでは、これまたいつもどおりタイヤサイズとの関係が気になったようである。
「215/50R18とは、ずいぶん偏平率が小さいタイヤを履いていますねえ。“クロス”だったら、もっと“厚い”タイヤのほうが似合うような気がします。あと、タイヤの上側とホイールハウスの間のスペースが大きくてちょっと気になりますが、タイヤの前後方向に関していえばホイールハウスとの間隔が狭いので、これより外径の大きなタイヤを履かせたらハンドルを切ったときに干渉しちゃいそうですね。悩ましいところです」

 
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(前編)の画像拡大
 
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(前編)の画像拡大
 
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(前編)の画像拡大
 
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • 三菱エクリプス クロス<PHEV>プロトタイプ(4WD)【試乗記】 2020.10.19 試乗記 三菱のコンパクトSUV「エクリプス クロス」が大規模なマイナーチェンジを受けた。ボディーサイズの拡大やデザイン変更などトピックは多いが、なんといってもメインはプラグインハイブリッドモデルの追加設定だ。発売前のプリプロダクションモデルでその仕上がりを確かめた。
  • マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売 2020.10.8 自動車ニュース マツダは2020年10月8日、新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売した。同社の新世代商品群第3弾であり、既存のSUVラインナップとはひと味違ったエクステリアデザインや、センターオープン式の「フリースタイルドア」などが特徴となっている。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
ホームへ戻る