三菱が「エクリプス クロス」のデザインを一新 プラグインハイブリッドモデルも追加設定

2020.10.15 自動車ニュース
三菱エクリプス クロス(プラグインハイブリッドモデルのプロトタイプ)
三菱エクリプス クロス(プラグインハイブリッドモデルのプロトタイプ)拡大

三菱自動車は2020年10月15日、「エクリプス クロス」の大幅改良モデルを発表し、同日、予約注文受け付けを開始した。

 
三菱が「エクリプス クロス」のデザインを一新 プラグインハイブリッドモデルも追加設定の画像拡大
 
三菱が「エクリプス クロス」のデザインを一新 プラグインハイブリッドモデルも追加設定の画像拡大
 
三菱が「エクリプス クロス」のデザインを一新 プラグインハイブリッドモデルも追加設定の画像拡大
 
三菱が「エクリプス クロス」のデザインを一新 プラグインハイブリッドモデルも追加設定の画像拡大
 
三菱が「エクリプス クロス」のデザインを一新 プラグインハイブリッドモデルも追加設定の画像拡大
 
三菱が「エクリプス クロス」のデザインを一新 プラグインハイブリッドモデルも追加設定の画像拡大

エクリプス クロスは三菱がグローバルでは2017年に、日本では2018年に発売したコンパクトクロスオーバーSUVである。ウエッジシェイプのクーペライクなフォルムや、三菱独自のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が特徴となっている。

今回の改良では、エクステリアデザインを一新。全長を140mm延ばすという大がかりな変更で、荷室容量を拡大した。さらに「アウトランダーPHEV」のシステムを引き継いだプラグインハイブリッド車(PHEV)仕様を新たに設定し、電動パワーユニットの選択肢が加わった。

大きく変わったのはリアデザイン。テールゲートは上下2分割のダブルウィンドウからシングルウィンドウに変更。ボディーの延長と合わせて、流れるようなシルエットが特徴のより洗練されたスタイリッシュなフォルムを実現している。フロントはダイナミックシールドを進化させ、ランプレイアウトの変更でよりスポーティーな表情に。バンパー下部にはアンダーガード風ガーニッシュを加え、SUVとしての力強さを表現した。

ボディーカラーには従来の「ダイヤモンドレッド」に加えてダイヤモンドシリーズ第2弾となる「ダイヤモンドホワイト」を追加。インテリアはブラックを基調色とし、上級グレードにはエンボス加工のスエード調素材と合成皮革のコンビネーションシートを採用。本革シートはブラックに加えてライトグレーも選べるようになった。

新たに設定されたPHEV仕様には、アウトランダーPHEVで実績のある、2.4リッターガソリンエンジンと前後車軸に各1基ずつのモーターからなるツインモーター4WD方式のシステムをエクリプス クロスに最適化して搭載。走行用バッテリーの電力でモーターを駆動する「EV走行モード」とエンジンが発電した電力でモーターを駆動する「シリーズ走行モード」、エンジンが発生した動力による走行をモーターがアシストする「パラレル走行モード」の3つの設定を、状況に応じて自動で切り替えるようになっている。また、駆動用バッテリーを床下中央にレイアウトしたことによる前後重量バランスの最適化と低重心化、さらに車両運動統合制御システム「S-AWC」との組み合わせにより、あらゆる路面での優れたハンドリングと走行安定性を実現したという。

急速充電と200Vの普通充電の両方に対応しており、日常ではEVとして、遠出する時はハイブリッド車として利用できる。バッテリーのみでの航続可能距離はアウトランダーPHEVと同じ57.6km(WLTCモード)と公表されている。ラゲッジルームには1500WのAC100V電源が備えられており、バッテリーとエンジンでの発電を組み合わせれば最大で一般家庭における約10日分の電力供給ができる。

価格はPHEV仕様が約385万円~約450万円で、ガソリンモデルが約255万円~約335万円。なお、2019年6月に追加設定された2.3リッターディーゼルエンジン搭載モデルはカタログ落ちとなっている。

(文=鈴木真人/写真=向後一宏)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱の最新電動SUV「エクリプス クロスPHEV」「アウトランダーPHEV」の魅力に迫る 2021.2.25 電気の力を多彩に活用 三菱の最新PHEVを味わう<AD> 三菱自動車のプラグインハイブリッド車は電気の使い方が多彩だ。環境対応は当然として、走りの楽しさと上質さも追求。さらにクルマ自体を“電源”としても使えるようにしている。「エクリプス クロスPHEV」と「アウトランダーPHEV」、2台の最新モデルでその世界を味わってみた。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
  • ジャガーXFスポーツブレイク S D200 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.12 試乗記 化粧直しはそこそこ? と思いきや、仕様変更でパワーユニットや室内の装備など、見えない部分にまでしっかり手が入れられたジャガーのワゴン「XFスポーツブレイク」。ステアリングを握れば分かる、最新型の乗り味をリポートする。
  • ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート 2021.6.17 自動車ニュース ポルシェジャパンが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート。「911 GT3」をベースに内外装の意匠をやや控えめにしたモデルで、リアウイングに代えて可動式のリアスポイラーを採用。従来型にはなかった7段PDK仕様の設定もトピックとなっている。
  • ランドローバーがFCV版「ディフェンダー」の開発計画を発表 2021.6.16 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2021年6月15日(現地時間)、新型「ランドローバー・ディフェンダー」をベースに燃料電池車のプロトタイプを開発し、2021年中にテスト走行を実施すると発表した。
ホームへ戻る